CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/101-babb3e5c

GOING UNDER GROUND - ゴゴイチ! 【2/3】

10:18 | ラジオ・TV 文字起こし | cm:0 | tb:0 | edit

【2/3】



や:SPACE SHOWER TVから生放送の「ゴゴイチ!~SPACE SHOWER CHART SHOW~」。ゲストはGOING UNDER GROUNDから、これ食いしん坊の素生君と。
松:(両手を挙げる)
や:まっそして素人の伊藤君。
伊:はい、うぃーす。
繭:(笑)そんな…。
や:ホントここに(名前のテロップを)出してもらわないと(わからない)。ほら今ね。(テロップが出てる)
松:はいはいはい。
や:まぁ一応、括弧キーボードって書いてますけど。
伊:はい。
や:まっこれも本来はね…。
松:そうっすね。
や:嫌々やったようなもんですよね、キーボードもね。
松:そう。
伊:そうっすね。
松:弾けなかったですもん。
や:そうそうそう。
繭:(笑)そんな事…。
や:いやいや、ホントホント。グレちゃったから途中で。
伊:はい。
繭:そうなんですか。
松:グレて辞めちゃいましたから、一回。
や:グレて辞めて戻ってきた時には、もうドラムいたの。
伊:はい。
松:で、しょうがないからキーボード。
や:そうなんですよ。
伊:そろそろキーボードもね…。
や:えっグレたの?またグレたの(笑)?
伊:(笑)いやいやいやいや、グレてないです。
や:グレないのそこは(笑)出来ちゃってますからね、実は。
繭:んーそうなんですよね。
や:そんな事言ってますけど。ニューシングル『サンキュー』9月22日にリリースされまーす!(拍手)
松:はい。
伊:はい(拍手)
松:どーも(拍手)
(ジャケットのアップ映像)
や:これです!もう『サンキュー』とはホントに直球なタイトルですけど。
松:そうっすねー。あのー…タイトルすげー悩んだんですけど。
や:あらそうなの?
松:すんごい悩んで。ホントは『ボーイズビー』ってタイトルが良かったなぁと思ったんですけど。
や:あれ、どうして…却下ですか?それ。
松:自分内で却下。
や:自分内却下。
松:サンキューには敵わないなって。
や:まぁシンプルですけど、ホントにもろにそういう大切な人に伝えたい言葉というか。
松:そうっすねー。根本はそうっすねー。「ありがとう」を言いたかった、みたいな。
や:なんかでも、だんだん言えなくなってくるでしょ。そういう例えばほら両親だとかなんとかって面と向かうようになってくと。
松:言えないっすねー。メンバーとか言えないっすねー。
や:あっメンバー。そうだよね、言えなくなってくるよね。
松:でも、よういっさんには基本的に言うよね?俺ね。
伊:まぁでもそんな心込もってないけどね。
や:ハハハハ!
松:いやいや、込もってるじゃーん。
や:なんて事言うのよ(笑)!
松:言えよ今はー。
伊:(笑)
や:こんなおセンチはいないんだからね。
松:そうだよ。
や:そうよ。この人がやっぱ言うって事は…ていうにして、僕らもまぁこの曲を聴いてくんですけど。今回このビデオクリップはなんとですね、松本君、素生君初の演技が。
繭:あら。
や:えーちょっと皆さん。
=======(VTR)『サンキュー』PV========
や:ほら。ね、(自転車を)押しているのが素生君ですよね?
松:や、違いますこれ。ウチの親父に似た人です。
や:あっ似た人…これ(自転車を押す男性)かと思った。これ(自転車に乗っている少年)まだ目の悪くない素生君…。(松本本人が登場。鉄塔を見上げるシーン)あっこれでちょっと。あれ…なんか…鉄塔を眺めたりとか。
伊:おー。
繭:ほー。
松:これもねー、恥ずかしかったー。
や:あっやっぱこれ、ドラマに沿ったじゃあ演技指導が。
松:そうなんですよ。
や:あっこれ「上見上げて下さい」とか。
松:「見上げて下さい」とか。で、あのー『トワイライト』。
や:うんうん。
松:この前、去年出した『トワイライト』の、監督と一緒にまた作ったんすけど。元々仲良くて。こう、気心知れた仲でやるんですけど。注文…やっぱ真剣じゃないですか現場では。
や:そうだよねー。
松:もうそれになんか、なんて言うんすか…“ダマされて”じゃねぇな…。
や:あっでもウマイ具合に。
松:そうっすねー。
や:でも、むしろそう仲が良かったから出来たんじゃないっすか?そのー、そういうとこがすぐ受け止められて、とか。
松:そうっすねー。もうだからこれで全く知らない人だったら、恥ずかしくて。
や:ちょっとねー。
松:ずーともう頬は桜色ですよ。
や・繭:(笑)
や:ウマイ事また。頬は桜色には、これはなってない映像ですけれども。どうでしたか?やってみてこう、癖になりそうですか?
松:いや、やっぱ向いてねーなっていう。
や:えー何でですか?
松:やっぱ一番あの弁当食ってるのが俺ら向いてたよな?
伊:あっ『トワイライト』のな。あれ素だったからな。
や:あれは演技じゃないでしょ(笑)?
松:あれは演技じゃない。ああいうチョイ役みたいな。
伊:でもちゃんと良いよね。
や:いいですよこれ、雰囲気出てて。
繭:すごいステキー。
松:最後のね、笑顔が…。
伊:最後のね、笑顔がちょっと大根っぽいんだよね。
松:うん。
伊:大根役者…。
松:うるせーな!お前!!
や:ホントどの位置だ!メンバーなんだから(笑)!
伊:(笑)
や:この素人、嫌ですー。
松:嫌ですよー。
や:毒づいてますよねー。ホントはねーもう、aikoにもう目がないくせにねー。
松:目がないくせにー。
伊:(首を後ろに仰け反らせたり、落ち着きがなくなる)
や:(笑)
松:なんかこの前も、あの「ゴゴイチ!」で。あの「友の会」で触れてたんだよね?
伊:そう、aikoさんが触れてたじゃないですか。「ゴーイングに負けないように」。
や:見てますよ、彼女もちゃんと。
松:もうそれだけで。でもaikoが見てんの俺だからね!!確実に!!
伊:でもあの(「ソウイチ!」の)ビデオ回してるの俺だからね!!
や・繭:(爆笑)
や:おかしーぞ(笑)!
松:あのね、ORANGE RANGEの時と一緒で、俺がいなきゃお前はゴーイングってわかんなかったりするからね。
や:そうそう、言ってたでしょ。
伊:まぁ、入りはな。入りはお前でいい。
や:(笑)入りは。
伊:(笑)入りはお前でいい。
松:何でその後考えてんのか、お前。
伊:入りはいいよ。入りは。
や:まぁこんな、仲良いメンツですけど(笑)
繭:うーん仲良いですね(笑)
や:実はですね、このたっぷり(ライブが)8月もあったんですが、9月もあるんですよ。19日に宇都宮でイベントがありまして。
松:はい。
や:これRADIO BERRY。
松:はい。
や:そうじゃないですかFM栃木ですねこれは。
松:そうですね。
や:またね「宇都宮市農林公園ろまんちっく村」。
繭:おー。
や:こんななんかゴーイングにぴったりな。
松:もーう。去年も出さしてもらったんです。
や:や、なんか合うんじゃない?
繭:うん、合う合う。
や:これ「胸キュン」といい、「ろまんちっく」といい。いいトコですか?やっぱり。
松:最高だよね?
伊:最高、最高。
松:なんか、ちょっと普通のフェスよりかは、あのーなんて言うんすかね…こうなんて言ったらいいんだろ…そんな広くはない。
伊:広くはないです。
や:程よい感じの、なんかアットホーム感と。
松:で、綺麗。緑があって。
や:おいおい、野外楽しそうだなー。
松:で、ビール超美味いんだよね?
伊:ビール美味いねー。
や:またビール(笑)
繭:(笑)
や:歌う前はやめてくださいよ。
松:はい。
や:歌ってからにしてください。
松:地ビールみたいなの。
伊:あったねー地ビール。
や:こちらもですねー、これが終わって、そしてまた11月28日になりますとですね。(スケジュールが出る)これです、栃木県の教育会館を皮切りに、GOING UNDER GROUND TOUR“THANKS GIVING”が。
伊:はい。
松:はい。
や:これもうだから、年またぎ…って事ですよね?
松:そうですね。
や:年末19日までやったらまたね、年明けも。ビッチリですねー。
松:でも、あんまそんな多くないから。
や:あっそっか。そのーいつものね、そうしたバーッといったツアーに比べれば。
松:そうなんですよ。
や:どうなんですか?見所的には。やっぱりこの『サンキュー』もそうですけど。
松:あのーホール、が多くなったんですよ。ホールツアーが。でー、まっその頑張らなきゃいけないなっていうのと。あとなんかその、「ライブハウスで、ずっと観たかった」みたいな人の意見をよく聞くんすけど。でももう「どこで観ても関係ないよゴーイングは」ていうのを、このツアーでなんか見せられたら。いいな、みたいな。
や:もうでも大丈夫な感じしますもんね、だってね。
松:そうですねー。
や:こういったね、フェスで体力つけてくるとホラ。だんだん素生君的にも、もっと多くの人にいっぱい伝えたいっていう。
松:そうなんですけど。
や:出てくるでしょ?
松:でもねー、やっぱ恥ずかしいっていうか、緊張するんだよね。そういう気持ちもなんか、このツアーで告白…コクハク?
や:克服ね。
松:克服していきたいですね。
や:だから、どんどんどんどんとこうまた。やるのが楽しみになってきますけれども。
繭:はい、そしてですね今日は、このツアーの先行予約を行いたいと思います。
や:これ嬉しいねちょっと。
繭:はい。受付番号は0570-063-039。0570-063-039です。受付期間は本日12日の27時までになっております。規定枚数に達し次第受付は終了いたしますので、皆さん急いで電話してくださーい。
や:そうか、これはありがたいですね。
繭:ねー。
 
≫【3】へ続く
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

GOING UNDER GROUND - ゴゴイチ! 【2/3】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/101-babb3e5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。