CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2007.10.29.Mon
21:02
 shiro
ともさんこんばんは~。
ホント10年はあっという間です。
ゆずにとっては「10周年オメデトウ!」でも自分にとっては「はー10年も経ってしまったのか…」てな気分だったり(苦笑)あの頃は若かった…。
オールナイトはいつも必死になって聴いてました。
OAの間は夢中なんだけど、EDが流れてラジカセの電源をOFFにする瞬間になると一気に眠気が襲ってグッタリ、とか(笑)
おぉっ!『星がきれい』はあの日が初なんですか!?
数回ぐらいはどっかであったのかなーと思ってたのですが、初披露だったとは。
あの日に参加して聴けたのは物凄くラッキーだったって事かー。
映像化は是非してほしいっ。なんといっても10周年だし、ありそうな気もするんですけど。
その際は同じくゆずの輪限定は避けていただく方向で(笑)
10年間想いが変わらないって素晴らしいですよね。
で、この先更に20年…30年…(その頃にはお互いジジババだけど;)もその気持ちが続くといいなぁ。
  edit
2007.10.28.Sun
17:01
 とも
レポお疲れ様でしたー&ありがとうございます。
10年ってあっという間ですね、ゆずだけでなく
自分も年取ったなあ・・・なんて思いました。
>深夜にラジカセの前で夢中になって聴いてたあの頃
同じです!オープニングまでは頑張ってたけど、気づいたら
最後の告知だったり・・・ということも多々ありました(笑)
『星がきれい』は多分今回が初披露じゃないですか?
ほかでやったという話を聞いたことがないような気がします!!
ストリングスと岩ちゃんの声、ふはー・・・いいっ(笑)
「♪ハーバ ハーバ ハバケンジ」
・・・ああそうか!(苦笑)そりゃ歌詞変わりますよね。
盛りだくさんで羨ましいですっ。DVDにならないかな~。
ゆずの輪限定発売ってならないことを祈るばかり。
前夜祭に行くために必死になってたときに、こうやってレポを読んだとき、
10周年の特番やら雑誌を読んだとき、ああやっぱり好きなんだなあと
思いました。
  edit

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/1025-1a4bd4a3

ゆずデビュー10周年感謝祭 “ゆずのね” ~名前の由来は聞かないで~

16:30 | ライブレポート | cm:2 | tb:0 | edit

ゆずデビュー10周年感謝祭 “ゆずのね” ~名前の由来は聞かないで~ @ 横浜アリーナ 2007.10.23
 
10年は長いようであっという間。
横浜は近いようで遠い…。


横浜駅でのんびりしてたせいで横アリに着いたのは開演ギリギリ。開演時間を数分過ぎて、まず最初に流れた曲が北島三郎御大の『まつり』。何でだ(笑)
 
ラジオ体操を終え、ステージバックのビジョンには2006年から1997年、路上卒業ライブまでの映像が駆け足で映し出される。早くもちょっと感慨深いものが。
 
1曲目、なんだろなーと思ったら『雨と泪』!元々好きな曲ってのもあるけど、ちょうどこの日横浜までの道中、iPod(シャッフル再生)で聴いてたんだよなー。その時も「今日はこの曲やってくれるかな~」なんて思ってたけど、まさかのっけからくるとは。妙に嬉しい。
 
そんな『雨と泪』が終わると2人は即座にセンター席中央に作られたサブステージへ移動。自分の座席からだとちょうど悠仁側の真横から観るような位置。ここのサブステージでは『贈る詩』『連呼』『遊園地』『ところで』『春風』…と、古めの曲=自分が聴いた回数も多い曲を中心に唄ってくれて最高でした。
 
 北川「10周年感謝祭って事で、色んなコーナーが用意してあるんですよ」
 北川・岩沢 「ゆずのオールナイトニッポンゆずのね!!」
この言葉を合図に会場内に聞き覚えのある♪チャラッチャ チャッチャラチャ チャッチャラ~のメロディが響き渡り、前方ビジョンには“ゆずON AIR”の懐かしい写真が。その間に2人は花道の途中に作られた簡易ラジオジョッキーセットに着席。まさかのオールナイトニッポン復活!
 北川「最近どうですか、岩沢さん?この間あれ、さんまのまんまとか出てたじゃないですか」
 岩沢「“出てたじゃないですか”って僕一人じゃないですからね(笑)」
 北川「しかしあれは緊張したねー」
 岩沢「したねー。なんといっても“松山ちー”が」
 北川「“ちー”!!?“ちー”って岩沢さん(笑)!」
と、まずはフリートークから。深夜にラジカセの前で夢中になって聴いてたあの頃も、スタジオ内はこんな感じだったんだろうな。その様子を生で見れるなんて幸せだー。
フリートークの後は質問コーナー。質問内容は「2人のユニット名はなんですか?」といったお約束的内容ばかり(笑)そして一旦CM(女装・悠仁とその恋人・厚ちゃんによるダイヤモンドのCM。2人のクッサイ演技が光る爆笑モノ)を挟み、場所を上手側の花道に移してリクエスト曲の『スミレ』を披露。
 
各コーナーの合間にはビジョンで著名人からのお祝いメッセージが映されてました。石原さとみやら、ユースケ・サンタマリアやら、ユーミンやら、南海キャンディーズやら、横浜市長やら…。
 
“全てはこの一言から…!”というテロップの後に忌野清志郎さん30周年コンサートでの映像の一部が流れる。そこで清志郎さんはこう発言していた「次はゆずの10周年で会いましょう!」。…えぇぇ!この前振りはまさか!?と思って慌てて立ち上がったら、やたらと派手な衣装を着た2人組みがステージにーー!これは間違いねー!忌野清志郎さんきたーー!!!突然のスペシャルゲスト登場に会場内沸きまくり。清志郎さんと三宅伸治さん、2人合わせて“くろゆず”だそうです(笑)そんなくろゆずのお2人は『サヨナラバス』を披露してくれたんだけど、原曲を忘れるくらいのアレンジがされててカッコよかった!あと曲前の清志郎さんの一言、「一緒に歌うんじゃねぇぞ」に大ウケ。さすがブラックなゆず(笑)
その後、本物のゆず(しろゆず?)も加わって悠仁が清志郎さんの曲の中でも特に大好きだという『金もうけのために生まれたんじゃないぜ』を4人でセッション。春にヤフーでインタビューされた時に「10周年イベントでは清志郎さんとやりたい」と言ってた訳だけど、それが今回見事に実現した訳だ。本当に良かったねー。
 
『アゲイン2』以降はゆずバンドも参加して華やかな雰囲気に。ちなみにこの日のベース担当はプロデューサーの呼人さん。そこへ更にストリングスの方々も登場。ゆず+呼人さん+ストリングス…って事でここで披露されたのがThe Little Monsters Family名義の『星がきれい』!!これには本気で感激。初めて生で聴けました。自分、言うほどゆずのライブは参加してないから他にもこの日初聴きって曲は多かったけど、その中でも一番これがやっぱり嬉しかったなー。純粋なゆず曲じゃないけどさ(苦笑)いや、だからこそレアというか。
 北川「更に冬の曲を続けて。まだ10月だけどクリスマスの気分になってください」
と、お次は『今夜君を迎えに行くよ』。ビジョンに映る映像のせいなのか、しなやかなストリングスのせいなのか、曲の間本気で「あーそうだよ、もう年末だよー」なんて思えてきてしまったから不思議(笑)
 
再びお祝いメッセージの続きを見ていると、途中で画面が切り替わり北川クリスタルアナが「臨時ニュースです」と登場。「横浜アリーナ上空にUFOが現れました!」とな。宇宙人2人(どう見てもゆず)が乗ったUFOに対しジェット機に乗った戦闘員(こちらももちろんゆず)が攻撃!⇒普通の攻撃は効かない!だが北川戦闘員がパニクって踊ったダンスにダメージを受けてるっぽい?⇒そうか宇宙人はダンスに弱いのか!!と、ひらめいたところで、巨大ビジョンが割けて中央から先程の戦闘服を着たゆずお出まし。「みんな一緒に踊ってくれー!!」と、ここからはダンスナンバー『言えずのアイ・ライク・ユー』『未練歌』『シュミのハバ』『GO★GO!!サウナ』『少年』をメドレーで。そういえば『シュミのハバ』の歌詞、若干変わったんですね。前は「♪ハーバ ハーバ ハバケンジ」だったのに……って、あぁ確かにこれ今はマズイわな(苦笑)そりゃ変えるわ。それはそうと、往年のダンスナンバーてんこ盛りですよ、楽しくない訳がない!!『言えずのアイ・ライク・ユー』や『シュミのハバ』とか、半分ぐらいは振りを忘れててあやふやだったけど気にしないで思いっきり踊ってやりました。
 
いつも旬のネタを絡ませてくる悠仁の事だからこの日もどこかで絶対言うはず!と思っていた「そんなの関係ねぇ!」&「おっぱっぴー」。『夏色』のイントロで案の定やってくれた(笑)もちろん自分もノリノリでおっぱっぴー!
 
<ENCORE>
アンコ1曲目は『境界線』。ここ数年ゆずライブからは遠ざかってて、今回も最初は「まぁいいか」と思ってた。けど、『境界線』のPVを見たらいてもたってもいられなくなって慌ててチケットを取って、この日参加する事ができた。感謝祭に私を導いてくれたのは『境界線』と言っても過言ではない。当時からずっと大好きな曲ではあるが、10周年の節目を迎えて更に胸に強く響くようになった気がします。
 
アンコ2曲目の『リアル』を終えてバンドメンバーも去り、終演ムード。「あぁついに終わりか…」とちょっぴり切なくなっていると、「まだ時間とか大丈夫?もう1曲やっていい?」と悠仁。わわっ!いいに決まってるだろー!大歓声を受けて2人は再びサブステージへ移動。
 北川「10年前はこんなに沢山の人に自分達の曲を聴いてもらえるとは思ってなかった。その頃に作ったラブソングです」
最後の曲は『空模様』。物凄く染み入りました。
 
しばらくは余韻に浸りたいところだったけど曲が終わったところで携帯で時刻を確認すると21時57分!!?もう22時じゃん!!って事で慌てて荷物をまとめて退場。たぶんあの後もまたメインステージに戻って「ありがとー!!」みたいな場面があったと思うが、茨城から電車で来てる者にとってはさすがに横浜にいて22時はまずいのです。
事実、危うく終電を逃すところでした…。何とか帰れてよかった;;
 
01.雨と泪
02.贈る詩
03.連呼
04.遊園地
05.ところで
06.春風
07.スミレ
08.サヨナラバス
09.金もうけのために生まれたんじゃないぜ
10.アゲイン2
11.旅立ちのナンバー
12.僕の漫画の主人公
13.星がきれい
14.今夜君を迎えに行くよ
15.言えずのアイ・ライク・ユー
16.未練歌
17.シュミのハバ
18.GO★GO!!サウナ
19.少年
20.超特急
21.夏色
22.1
23.栄光の架橋
<ENCORE>
24.境界線
25.リアル
26.空模様
 
時間にすると3時間半で「うわー長ぇー!」という感じだけど実際に観てると本当にあっという間でした。10年やってりゃリリースされた曲は山ほどある訳で、「あれも聴きたかった。これも聴きたかった…」という気持ちも少なからずあるとはいえ、新旧色んな曲が聴けて良かったです。
ライブの最初の方では、サブステージに移動する2人に何万人ものお客さんが必死になって手を振っている様子を「餌に群がるピラニアみたいだ」(すいません;)と一歩引いた目線で見ていた自分も、アンコールの頃には自然と手を振ってしまっていた(笑)彼らの曲の温かさとエンターテナー精神と笑顔に触れて、やっぱりゆずが好きなんだと実感しました。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2007.10.29.Mon
21:02
 shiro
ともさんこんばんは~。
ホント10年はあっという間です。
ゆずにとっては「10周年オメデトウ!」でも自分にとっては「はー10年も経ってしまったのか…」てな気分だったり(苦笑)あの頃は若かった…。
オールナイトはいつも必死になって聴いてました。
OAの間は夢中なんだけど、EDが流れてラジカセの電源をOFFにする瞬間になると一気に眠気が襲ってグッタリ、とか(笑)
おぉっ!『星がきれい』はあの日が初なんですか!?
数回ぐらいはどっかであったのかなーと思ってたのですが、初披露だったとは。
あの日に参加して聴けたのは物凄くラッキーだったって事かー。
映像化は是非してほしいっ。なんといっても10周年だし、ありそうな気もするんですけど。
その際は同じくゆずの輪限定は避けていただく方向で(笑)
10年間想いが変わらないって素晴らしいですよね。
で、この先更に20年…30年…(その頃にはお互いジジババだけど;)もその気持ちが続くといいなぁ。
  edit
2007.10.28.Sun
17:01
 とも
レポお疲れ様でしたー&ありがとうございます。
10年ってあっという間ですね、ゆずだけでなく
自分も年取ったなあ・・・なんて思いました。
>深夜にラジカセの前で夢中になって聴いてたあの頃
同じです!オープニングまでは頑張ってたけど、気づいたら
最後の告知だったり・・・ということも多々ありました(笑)
『星がきれい』は多分今回が初披露じゃないですか?
ほかでやったという話を聞いたことがないような気がします!!
ストリングスと岩ちゃんの声、ふはー・・・いいっ(笑)
「♪ハーバ ハーバ ハバケンジ」
・・・ああそうか!(苦笑)そりゃ歌詞変わりますよね。
盛りだくさんで羨ましいですっ。DVDにならないかな~。
ゆずの輪限定発売ってならないことを祈るばかり。
前夜祭に行くために必死になってたときに、こうやってレポを読んだとき、
10周年の特番やら雑誌を読んだとき、ああやっぱり好きなんだなあと
思いました。
  edit

TRACKBACK

ゆずデビュー10周年感謝祭 “ゆずのね” ~名前の由来は聞かないで~ のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/1025-1a4bd4a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。