CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/1064-19ff0110

NICO Touches the Walls TOUR2008 ~ナハトムジーク~

16:05 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

NICO Touches the Walls TOUR2008 ~ナハトムジーク~ @ 2008.04.13 LIQUIDROOM ebisu
 
心の底から「NICOは良いバンドだな~」と思った。



整番、一桁。余裕で最前列確保。

照明が消えクラシックの荘厳なメロディが響く。これがナハトムジーク?(すみません、クラシック疎い;)それより、NICOのライブで登場SEがあるのは初めてではないだろうか。以前ラジオでも「自分達が音を鳴らした瞬間に空気を変えたいので出囃子は使わない」と言っていたが。(ちなみにその質問メールを送ったのは私)

みっちゃん散髪してた。スッキリしていいですね。

1曲目……  「夜明け前をーーー…」。Σ…って!!ゆ、『行方』だーー!!NICOとの出会いの曲が『行方』なもんで他の曲よりも思い入れが強いせいか、声には出さずとも「うわぁぁーー!!」てな具合に思わず口あんぐり。メンバーを目の前に間抜け面を晒す…。

ていうか、始まった途端後ろからのプレッシャーが半端ない。過去にもNICOライブで最前を何度か経験しているがここまで押されたのは初めてだ。前回のUNITワンマンも2列目だったが全く押されなかったもんな。みんな大人しかったよ、本当に。10ヶ月で一気に人気が上がったという事か。とにかくビックリ。

客層も変わったが、メンバー自身にも色々変化が。アクションが大きくなってた。演奏しながらも凄く楽しそうなのが伝わってきた。そうするとこっちもテンションが上がってくるもんで、2曲目『アボガド』辺りから「ヤバイヤバイ!」と楽しさを噛み締める。

『武家諸法度』のブリッジ部分では、みっちゃんがタンバリンを打ち鳴らし、坂倉君がステージ淵で客を煽り、古君はスティックを手にドラムをビシバシッ。更に古君、そのドラムスティックを今度は口にくわえ、そのままお立ち台に乗ってギターソロ。ちくしょーカッコいいなぁー!!

中盤MC。…のさなか、
  光村「誰かじゃないけど、水飲みます!」
と言って足元のペットボトルに手を。誰かって、どう考えても一人しか当てはまる人がいないな(笑)フロアからも「桃野ー!」という声がチラホラ。また、「しょうたろー!」とか「さかくらー!」とかオーディエンスが他のメンバーの名前ばかり呼ぶもんだから「何で俺はないの??」とみっちゃん。呼ばれたいんだ(笑)こうやって名前叫ぶのも今まではほとんど無かったけど、本人が呼ばれたがってるし、まぁ程ほどにだったらしょうがないなーと思える。これ以上過剰になってくるとやっぱり嫌だけど。

本編終盤、『そのTAXI,160km/h』~『GANIMATA GIRL』~『バニーガールとダニーボーイ』と一気に飛ばす。フロアの熱も急上昇。…と同時に後方からの圧力も更に増す。ここまでは何とか耐えられたけど、次第に呼吸もままらなくなり微妙に吐き気も出てきた…;そのうち視界がチカチカと白くなってきて…「うわ、もうヤバイかも;;」って瞬間に目の前にスタッフが現れスッとペットボトルの水を手渡してくれた。2、3口飲んでちょっと持ちこたえる。更に「大丈夫?大丈夫??」と声を掛けてくれたスタッフさん。大好きな曲の真っ最中だし、もっとこの場で観ていたい…が、これ以上無理してメンバーの前で吐いたりなんかしたら大惨事だ………って事で口惜しいけど『バニガ』の途中で離脱。1階ロビーに連れてってもらって椅子に倒れこむ。するとバーカウンターのお姉さんが「よかったらどうぞ~」と水をくれた。(水、既に持ってるけど)わーありがたい。何かスタッフさん皆優しいなぁ~。人の優しさが身に染みた。

とりあえずしばらくここで休むか…なんて思ってたけど、中の音声がロビーに設置されたスピーカーから逐一伝わってくるもんだからやっぱり気になってしかたない。いてもたってもいられなくなり、即フロアに戻る。何やらオーディエンスを左右に分けての手拍子合戦の真最中でした。そんな事もするようになったのか!

いやそれにしても人が多い。後ろからフロア内を見渡してみてちょっと驚いた。端の方のぎりぎりステージが見えるよってところまで人がいっぱい。ここにいる人みんなNICOを観に来たんだよな~凄いな~、としみじみ。

アンコール1曲目の『夜の果て』、ブリッジに入った瞬間にステージ壁からフロアの天上一面までが無数の青い電飾で染まる。まるで本物の星空のようで物凄く綺麗でした。この時ばかりは最前ではなくてフロア全体が見渡せる後方にいてよかったと感じる。

 光村「新曲のタイトルなんだっけ?祥太郎さん」
 対馬「タイトルは、えー…」
 光村「THE BUNGYですっっ!!!」
自分で振っておきながら…確信犯め(笑)

そんなこんなで新曲『THE BUNGY』。メロディ・歌詞はいつもの如く覚え切れてないけど今回もまたカッコいい曲に仕上がってました。いつもこちらの期待を裏切らない彼らに改めて惚れ直したよ。ちなみにイントロの手拍子はみっちゃん曰く「裏打ちで」との事です。
 
01.行方
02.アボガド
03.3年目の頭痛薬
04.(My Sweet)Eden
05.プレイヤ
06.武家諸法度
07.泥んこドビー
08.僕がいなくても地球はまわってる
09.ほっとした ~ April
10.そのTAXI,160km/h
11.GANIMATA GIRL
12.バニーガールとダニーボーイ
13.image training
14.梨の花
En1.夜の果て
En2.THE BUNGY
En3.壁
 
この日はオーディエンスのノリの変化にもかなり驚いたけど(今後のライブでも今までの物差しだと痛い目にあいそうなので、なめてかからんようにします)、メンバーのパフォーマンスの向上も強く感じた。それぞれの曲の魅力を上手い具合に引き出していたと思う。一番の盛り上がりポイントで一時退出してしまったのは悔しいが、それを差し引いても全体を通して「楽しかったー!!」と思えるステージでした。新曲もカッコよくてリリースが楽しみでしょうがないです。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

NICO Touches the Walls TOUR2008 ~ナハトムジーク~ のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/1064-19ff0110

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。