CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/115-c910fc32

COUNTDOWN JAPAN 04/05 【1/2】

18:08 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

COUNTDOWN JAPAN 04/05 @幕張メッセ 1~8ホール 2004.12.29


CDJの初日、29日に行ってきました。
いつものごとくライブのレポートというより、単に私が会場内を走り回った記録です。





【1/2】





まず、会場に着くまでの道中がいつになく慌しかった。



・朝、起床。朝食を食べている途中でブレーカーが落ちて家が停電。しかも室内のブレーカーではなくて外にある大元のブレーカーが落ちた。それに気づくまでしばしワタワタ。朝の大事な時間に大きなタイムロス。


・やけに寒いと思って窓の外を見ると雪が。…まじっすか。


・いざ出発!と玄関を開ける。すぐ止むだろうと思っていた雪がどんどん積もってきてる。
あっ、ていうか傘持っていかなくては!コンビニ傘でいいか…いやでもクロークに荷物預けるから折りたたみにしとこう。って折りたたみ傘どこいったーー!
…と、玄関を一通り荒らした後ようやく家を出る。


・電車に乗ったら隣の車両に乗っていた客が具合を悪くしたらしく、途中の駅で電車が一旦ストップ。


・「お姉ちゃんがトイレ行ってなければさっきの電車乗れたのに」
 「ていうか自分だって朝用意するの遅かったじゃん」
 このあたりで開演の時間、すなわちトップバッターのゴーイングに間に合わない事が発覚し、お互い罪をなすりつける。醜いきょうだい喧嘩。


・更に乗り換えをミスして極寒の駅のホームで30分待つ。武蔵野線は本数少なすぎ。この待ち時間が無ければ間に合ってたのに。


・駅に着き、会場の幕張メッセまで走る。顔に雪が当たって痛い…。



そんな感じでゼェハァいいながら13時を10分程過ぎたところで会場に到着。



チケットとリストバンドを交換しクロークへ……。
いや、この場合はひとまずゴーイングだろ!って事で荷物を持ったままEARTH STAGEのGOING UNDER GROUNDへ駆け込む。


ちょうど『サンキュー』が終わったところでした。
次の曲の『センチメントエキスプレス』を聴きながら、フロア後方の椅子のある所でマフラーを取りコートを脱ぎ、リストバンドを付けて…付けて……手がかじかんでうまく留められねェっす…。
そんな事をしているうちにステージ上の素生君が「メンバー紹介!ギター中澤寛規!」と。
あぁ!ちょっと待ってそれやるの待って!
しかしもういてもたってもいられなかったので荷物を抱えたまま前方(といっても後ろの方のスペースに余裕がある場所)へ移動。
足元に荷物を置いたまま『ショートバケイション』でハシャぐ。
新曲『同じ月を見てた』は聴くたびに胸にじんわりきます。
ラストは『トワイライト』。この曲はもう毎回泣かされる。もちろん今回も。
最初の方は見逃してしまったけど、どうせ1ヶ月もしないうちにゴーイングはまた観れるので。来月リベンジ!



ようやく荷物をクロークに預け、ひとまず腹ごしらえ。
ビースストロガノフを頂きました。あとチャイも飲んだ。チャイ美味しかったなー。



食後はエントランス付近のブーステントを散策。
HMVのテントでCDを見ていたら店員のお兄さんに「レミオロメンのCDはこちらですよー」と言われる。
わかっております。存じ上げております。というか全部持っております。
…やっぱりクマ2匹は目立つのか…。(え、あっタオルの事です)
それより東京60WATTSのCD探してたのに置いてなかったのですが。



rockin'on ライブラリーではアジカン表紙JAPANのキヨシ君を見て、
「藤井隆に似てる」
「ヒロシに似てる」
とか勝手な意見を述べ合う。
ちなみになんとなくですから。本気で似てるとは思ってませんよ。



1229
ライブラリーの外には今までのRIJFとCDJの出演者のサインの入った旗が。
2004年のRIJFのサインはこの日初お披露目だろうか。
そのサインの中で皆の視線を特に集めていたのがコレ。
「お嬢さん お逃げなさい」と言ってやりたい。
傍観しているナカザが可愛い。
 
 
そのままの流れでDJ BOOTHへ行き着く。
盛り上がってるなーと中へ入ると、ちょうどかかった曲がハイスタの『Teenagers Are All Assholes』!
ぎゃーー!!
後ろの方は結構みんな落ち着いてたのだが構わずひとり跳びまくり。
そして更に中央の方へ流れ込み、踊る。
また、イエモンの『LOVE LOVE SHOW』がかかった時には皆で大合唱!
私でも歌ってる最中にちょっとくるものがあったのだが、私の前にいたイエモンTシャツを着た男性は何を思っていたのだろう。(結構落ち着いてたけど)
しばらくしてDJ卓の前に素生君が登場。
数曲程素生君のかける曲で踊った後、同時刻にMOON STAGEでライブをしている東京60WATTSが気になったので移動。



MOON STAGEに着いたら『すべてのバカものへ』の最後の方だった。
相変わらずたけし君はピョコピョコ飛び跳ねている。
あの姿を見ているだけで楽しくなるなぁー。
とりあえずギリギリでラストの『東京60WATTSのテーマ』に参加できた。
この数曲だけでもだいぶ楽しかったので、よけいに全部見れなかったのが残念でした。



再びDJ BOOTHまで戻る。
素生君のDJが続いているのをチラ見して、EARTH STAGEへ。



民生さんが『何と言う』を歌っている最中だった。
井上陽水のカバー『リバーサイドホテル』なども披露していたが、本人も「この日の為にあるような曲」と言っていた『雪が降る町』が最高だった。



OTのライブが終わり、またもや食事。
今度は肉うどんとケーキ。私は数口お裾分けもらっただけだけど。
テンションがハイなのでお腹にあんまり入らないのです。



それからしばらくテーブルエリアで休憩しつつ、前日もどうしようと悩んでいた夕方からのタイムテーブルを考える。
姉は「一青窈と175R」だと言っていたので、結果私一人で唸っていた。
結局それぞれを少しずつ観よう、という考えに。


ダラーと休憩していてもつまらないのでEARTH STAGEへ行ってみたのだがTRICERATOPSは最後の1曲しか観れなかった。
そのままフロア後ろの椅子に座って一青窈を観る。
とりあえず2曲目の『もらい泣き』が聴けた時点で姉も満足だったようなので、飲食エリアへ戻り本日3度目の食事。
夏にも食べたニラまん。
「あのお店のおばさん夏も見たよ」
「…そりゃ同じ店だからね」



食べ終わって時計を見たら18時40分。the band apartが始まってる!
急いでGALAXY STAGEへ。
なんとか1曲目の『FUEL』も途中から聴けた。
初めてMCも見たけど、喋り方が凄いキッチリしているなーという印象。
途中で19時を回り「あーロケットマン始まってるー」と思いつつも、その場で最後まで観続けました。


バンアパ終了後、ロケットマン出演中のDJ BOOTHの前まで行くと人だかりが。
今までは居なかったスタッフも出てきて「ここは通路ですのでご覧になる方は柵の中へお入りくださーい」と叫んでいた。
ひとまず後ろの方から様子見。
しかし周りから「わーホントにやってんぜー(笑)」とか「歌っちゃてるよ(笑)!」といった会話が聞こえたのがちょっと悲しかった。
みんな、ふかわりょう=面白くない芸人と思っているからなんだろうな。
少なくても私は「内村プロデュース」で見るふかわは面白くて好きなのだが。
でもやっぱり中の方はかなりの盛り上がりでした。
私はそのDJ姿と本当にさらさらな髪(羨ましい…)を確認でき満足したのでその場を離れた。


EARTHでは175Rが熱唱中だった。
新曲だという『マンハッタン』を聴いた後、ストレイテナーを観にひとりまたGALAXY STAGEへ。


GALAXYに到着し、しばらくしてテナーのメンバーが登場。
今回も観れないかも!?(RIJFでテナー出演日に行っていたのにも関わらず観れなかったので)と一時は思ったりもしたけど、やっとそのライブを目にする事が!
やーカッコよかったっす!
この後も予定がパッツンパッツンだったので残念ながら3曲目の『A SONG RUNS THROUGH WORLD』までしか聴けなかったけど。
『TENDER』とか聴きたかった…。
後ろ髪を引かれる思いでGALAXYを後にし、向かうはMOON STAGE!


≫【2】へ続く
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

COUNTDOWN JAPAN 04/05 【1/2】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/115-c910fc32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。