CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/1274-8e863fdd

NICO Touches the Walls LIVE2010 East×West アポロとルーナ ~Night of Luna~

23:24 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

NICO Touches the Walls LIVE2010 East×West アポロとルーナ ~Night of Luna~ @ 渋谷C.C.Lemon ホール 2010.10.07


C.C.レモンホールに着いてまず目に入ったのがやたら長い入場列。「前にもこの会場でのライブは経験あるけどいつもこんなんだったっけ??」と思いつつ並ぶ。「どんどん並べばいいのに周りで待っている人もやけに多いなぁ」とも感じていたのだが、建物内に入ってその謎も解けた。ホール内への扉が未だ閉まったままなのだ。なので皆ロビーですし詰め状態のまま待機。ようやく扉が開いたのは本来の開演時間である18時半。準備に手間取っていたのか何なのか知らんが、しっかりしてほしい。

この日の私の座席は2階。席に着いて開演を待っていると自分の列の数メートル先の座席で「キャーー!!」という悲鳴ともとれる歓声が。どうやらどなたか有名人が来たらしい。周囲もしばらくざわついてました。その時は一体誰なのかが全くわからなかったが、帰り道で「flumpoolが来た時…」という話しを耳にして「あーナルホド」となりました。私は最初向井さんかな?なんて思ってたんだが、だったらもっと騒がれるし、タイミング的にも来るなら武道館辺りだったよな、と。

そうこうしているうちに場内の照明が消え、開演。いつもだったらSEもなくメンバーがスッ…と現れるところだが、この日はいきなり暗闇の中にスポットライトで対馬君が照らされ、ドラムソロからスタート。こういう入りはイイね。しかもこのドラムは『サドンデスゲーム』じゃないか!いきなり新曲で来るとは。

3曲ほど終わったところで最初のMC。「今日はNICOにとって初のホールのワンマン」「今日だけのあれやこれやを用意しているので、しっかり瞼の裏に焼きつけていってください!」とみっちゃん。これを聞いて「ちょっとー、随分ハードル上げちゃってるんじゃない?大丈夫(苦笑)??」と若干斜に構えていた自分。しかし直後にその態度を改める事になる。

だって、だって!サラが!!『サラ=レイニーデイ』が!!!再びライブで聴けるのをずーーっと待ち望んでいた『サラ』を演ってくれたんだからーーー!!!!イントロのギターが鳴った瞬間に「これはーー!!」と気付き、両手を挙げて思わず飛び跳ねてしまった。周囲は反応薄だったので(まぁ、しょうがない)かなり浮いていたと思われます(苦笑)更に、歌に入る頃には感極まってちょっと涙が溢れそうになってました。それぐらい嬉しかったです。これまでのライブのアンケートで“『サラ』が聴きたいです”と書いていた甲斐があったよ。

『サラ』から一転、『そのTAXI,160km/h』では会場内をソリッドなサウンドが轟きボルテージも上昇。『タクシー』は昔からNICOを引っ張ってきた曲だけど、近頃は昔以上に男前度が上がってると思います。間奏中とか、むちゃくちゃに頭振りながら「うぉー楽しい!たまらん!!」と感じてました。文句なしにカッコいい!

『かけら』後の4曲、『幾那由他の砂に成る』『夜の果て』『Image training』『ほっとした』ではステージバックにスクリーンが用意され、音と映像のコラボが。まず映し出されたのがメンバー4人が俯いて並んでいるショット。が、“どう?雰囲気あるだろ”という演技をメンバーがしているところが何だかむず痒くて直視できなかったです(苦笑)曲中は白いワンピースの女性が登場する幻想的な映像が流れる。しかしこれもちょっと個人的にはしつこかったかなー;最初はまぁ別によかったんだけど、3曲目、4曲目でも出てくるから「また!?」と思っちゃいました。あと『イメトレ』だっけか、別撮りしたメンバーの演奏シーンが後ろで流れて「どっちを観ればいいのかわからん!」状態に。1階の人だったらウマイ具合に実物のメンバーと映像が重なったのかもしれないけど、2階から見下ろすとそうはいかないんですよね。…という訳でココの映像演出は私的には「うーーん」な感じでした…。

けどね、演奏はすごく良かったのですよ!『幾那由他』とか久し振りすぎて「えぇぇ!??」と驚愕でしたし。先程の『サラ』は2007年のUNITワンマン以来だけどこっちはそれ以上、私が初めてNICOを観た渋谷クアトロワンマン以来だってんだから。おいおい、2回目聴くのに一体何年掛かってるんだ(苦笑)(4年か?)

『夜の果て』も良かったな~。前にも書いたかもしれないが、一番初めに聴いた時は全然ピンと来なかったこの曲。近頃ライブで聴くと何だか凄くしみじみと「うわ~イイ曲!」と思ってしまってます。どこか切なさ・哀愁が漂う歌詞の反面、サウンドは意外にも骨太でそのギャップがいい。特に間奏が好きです。

『武家諸法度』では途中で一旦演奏をストップさせ、対馬君がMC。メンバー個々のソロ魅せ場は無くなっちゃったけれど、相も変わらず痺れるサウンドです。

2008年の“Bon voyage,Etrangerツアー”や、去年の日比谷野音でやっていた『アボガド』ウェーブが今回復活。みっちゃん曰く「今後、恒例にします!」とな。

恒例といえば、近頃『THE BUNGY』の間奏で見られるようになった、みっちゃんと古くんのギターバトル、いいですねー!テンション上がりました。バトル後には2人が拳をコツっと突きあわせる場面も。カッコいい!

本編ラストのMCでは、両サイドにもマイクが用意され、さっかん&古くんが初のMyマイクでMCに挑戦。その後の『泣くのはやめて』でもこれまた初のメンバー全員によるコーラスを披露してくれました。普段マイクが無いのは歌唱力がアレだからだそうですが、ここでのコーラスは2人共なかなかイイ感じでしたよ。更にオーディエンスにも「歌ってくれー」と促し皆で「♪ランラーラ ランラーラ」。

アンコールでは、NARUTOのOPでちょうどこの日のOAから流れ始めた新曲『Diver』が登場。前回のツアーで披露した時よりもテンポも速め歌詞もいじって、ブラッシュアップしたそうな。『Diver』、聴くのは2回目ですが今回の感想は“普通”といった感じ(苦笑)ただ帰宅してからYoutubeで見たOP ver.では「結構いいかも?」と思いました。たぶんこれは歌詞と映像が上手い具合にマッチしていたからでしょう。うん、歌詞をじっくり読むと悪くないかも。『夜の果て』や『かけら』みたいに、後からじわじわ好きになるタイプの曲かな?

01.サドンデスゲーム
02.風人
03.ホログラム
04.サラ=レイニーデイ
05.そのTAXI,160km/h
06.ビッグフット
07.かけら -総べての想いたちへ-
08.幾那由他の砂に成る
09.夜の果て
10.Image training
11.ほっとした
12.武家諸法度
13.Broken Youth
14.N極とN極
15.アボガド
16.THE BUNGY
17.泣くのはやめて
EN1.Diver
EN2.(My Sweet)Eden

この日のライブは何はなくてもやはり、『サラ』や『那由他』などの懐かしい楽曲が聴けた事につきます。やたらと「今日だけ」「特別」と煽ってた意味がわかりました。……Σ あれ、という事は逆に言えば、今後はまた当分は演らないって事!??そんな…。いやまあとにかく、貴重な曲達にライブ会場で再び出会えて嬉しいです。もしなんらかの理由でこの日参加できてなかったら相当悔しがってただろうから。
そういえばどの曲かで、勢いあまって古くんがステージからストーンと落ちてスタッフに引き上げられる場面もありましたね。無事にステージ上に戻った後も激しく踊るかのようにギターを弾き鳴らす姿を上から見ていて、「ああ、すんげー楽しそうだ(笑)」と、こっちも妙に嬉しい気持ちになりました。バンド全体としても、NICOはライブを観る度に演奏がアグレッシブになっていて、凄く頼もしく感じます。
アンコールのMCで発表になった1125ライブも恒例になりつつあって喜ばしいですね。記念日ですから、そりゃーやっぱり参加したいです。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

NICO Touches the Walls LIVE2010 East×West アポロとルーナ ~Night of Luna~ のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/1274-8e863fdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。