FC2ブログ
CFD

GOING UNDER GROUND tour “THANKS GIVING”

16:40 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

GOING UNDER GROUND tour “THANKS GIVING” @ 渋谷公会堂 2005.01.15


“THANKS GIVING” ツアーの最終日。
私にとっては初のゴーイングワンマンライブでした。
事細かには憶えてないので、印象に残っているところだけを箇条書きでツラツラと。





・前日の天気予報で15日は雪と知り、先月のCDJの事が脳裏をよぎった私は「雪が降らない事を祈るよ」(『トワイライト』雪ver.)とそれからずっと頭の中でつぶやいていました。
その甲斐あってか、なんとか雪は免れる事ができた。


・前回のゴーイングライブのCDJでは遅刻して半分くらいしか観れなかったので、今回は「リベンジ!」と意気込んでいたのだけど、危うく今回もまた遅刻しそうに…。これまたなんとか間に合いましたが。


・開演前、前の席にいた女の人が見ていた紙がチラッと目に入ったのですが、なんとそれこの日のセットリストでした。一瞬「え、さっき貰ったフライヤーの中にセットリスト載ってるの!?」と思い、自分のフライヤーを漁ってしまったのだけど(笑)、実は私達の席の前の数列が関係者席だったのです。(「A」というシールを貼っていたり、頭にサングラスを乗せ髭をたくわえた“いかにも”な人がいたり。ライブが始まった後も遅れてやって来る人がやたら多かった)
や、あの、そういう大事な物はひっそりこっそりとご覧になって下さい。すぐ後ろは一般ピープルなのですよ(苦笑)記憶力が悪いのと、すぐにセットリストだと気づいて目を逸らしたお陰でそこまでネタバレをする事はなかったのだけど、唯一アンコールの最後が『ハートビート』だというのはこの時点でわかってしまった…。


・外が雨だったのもあってか少々押して開演。



・1曲目『さびしんぼう』、2曲目『グラフティー』…曲順を憶えてるのは最初の数曲のみ;


・私の席はどちらかというと半分よりは後ろだったのですが、ちょうど真っ直ぐ前にはソウ君のマイクがある位置でかなりの観やすさ。真ん中好きには最高の場所でした。


・3曲終えたところでMC。
 中澤「昨日(渋公公演一日目)は打ち上げとか一切なくて寂しくて。だからしょうがないから石原と飲みに行った」
 石原「“しょうがない”って何だよ~。そういう事言うなよ~」
今まで私がMCを聞いた事があるのがソウ君とナカザだけだったので、突然喋りだしたいっさんにドッキリ。しかもいきなり不満垂れ。


・ソウ君が「踊れるスペースあるかー」と言って始まった『ステップ』。やっぱり踊れる曲は楽しいですね。だけど正直、座席があると踊りくいかな…。こういう時はやっぱりライブハウスとかの方がいいかなーと思ってしまいます。


・よういっさんは見ていて飽きない。どの曲だったか、リズムに合わせて手を前後にパンチングしてたのが本当見ていて楽しかったです。


・数年前の夏フェスでステージ上にお客さんを乗せて『タッシ』を皆で大合唱という出来事があり、当時はまだそんなにゴーイングは好きではなかったので「へー」というくらいだったのだが、こうやってゴーイングを好きになり「『タッシ』歌いたい」と日ごろ思っていたのですが、それが今回ようやく実現出来ました。いいねーみんなで歌うの。


・また、『タッシ』にて、よういっさんが歌声を披露。マイク片手にポケットに手を突っ込んでステージをかっ歩して…って、もうなんかどこぞの演歌歌手かと。


・で、そのままいっさんの元へ行き何故かほっぺにチュー(笑)えっこれはゴーイングのライブではよくある事なのですか!?そしていっさんも『タッシ』のサビを一人歌う事に…。とてもイッパイイッパイな感じでした(笑)ソウ君に「あっもういいよ」とか言われる始末。でも頑張ってたよ!


・新曲では、ソウ君、ナカザ、丈さんがボカールを。丈さんのソロボーカルの時に、他のメンバーがステージ端までススス…と移動し、端から丈さんを見守る光景がとても好きでした。


・「そろそろ『ショートバケイション』かな」と思うと、本当に次の曲が『ショートバケイション』だったり。たまにこういう勘が冴える事があります。


・ナカザの新曲(たぶん『恋のナビゲーション』)、ハイトーンボイスが際立ってましたね。一瞬アイドルコンサートに来ているのかと錯覚もしましたが。いっさんのライトは何故かピンクだし。怪しげな雰囲気。


・『ミラージュ』では「♪あの夏のミラージュ…」と歌いだしたソウ君が、すぐに「いや、違うな」と言って一旦中断する場面も。素人の私にはどの辺が違ったのかわからなかったのだが、本人的には納得していなかった模様。


・今回個人的に一番グッときた『サンキュー』。「あぁ自分この曲好きだなー」としみじみ思いました。


【アンコール】
・いっさんが何故か花をくわえて登場。そのまま前方のお客さんにプレゼント。
石原「なんとなく花っていいかなーて」。
まぁ花は綺麗ですからね、よろしいと思いますが、くわえるのは何ゆえ?


・「雪になればいいなーって朝起きて思ってたんだけど、ならなくて残念」とソウ君。
なっ…!前日からの私の懸命の祈りがここで思いっきり否定された…。ショック。
また、その話の続きで「雨は涙なんだよ」と言い、更に「フゥーッ!俺今いい事言った!」と自画自賛。
しかしナカザは「あっゴメン。もう何て言ったか忘れちゃった」と。せっかくいい事言ったのに~。って自分も既に忘れてるのですが(笑)↑の「涙なんだよ」の台詞もすっごい適当ですよ。


・3月から始まるツアー“h.o.p.s.”の告知。ナカザが紙を取り出し、関東公演の詳細発表。関東は、宇都宮と水戸と高崎と最終日の野音。
ソウ君曰く「渋公には特に思い入れとか無くいつも通りに演奏するだけだけど、野音は違う。気合が入る。なんてったって上が空ですから」。なるほどー。


・アンコール曲は『トワイライト』と『ハートビード』二大ヒットチューン。


・最後によういっさんが大きなクラッカー(orバズーカ?)を鳴らすとステージの天井から“ありがとう”と書かれた垂れ幕が。ツアー最終日ならではの演出が嬉しい。


・ナカザは「俺これ(浦和レッズユニフォーム)着てライブやって、今なんか優勝した気分だよ!やったー優勝だー!!」と言ってステージを後に。
よかったねー。おめでとー!


・最後の最後、他のメンバーが裏にはけた後、丈さんが一人でセンターのソウ君のマイクの前まで来て一言。
「昼間楽屋にシューマイ弁当があったんで後で食べようと思ってたら、リハーサルが終わって楽屋に戻ったらなくなってました…。この後なんか食べようと思います」
そんな言葉で(笑)この日のライブ、そしてTHANKS GIVINGツアーは幕を閉じました。





・ライブ本編中に『サンキュー』で感動した事もあって、終演後会場で流れていた『サンキュー』のアコースティックver.も染み入りまくりでした。


・ライブ中各所でそれぞれのメンバーに見せ場を作ってあげる場面が多く、「なんか仲間っていいな」みたいな事を漠然と思ったり。


・開演前やライブ中にビデオカメラで会場内を映してましたが、そのうちTVで流れたりするのかな。小型のカメラだったのでライブを丸々OAとかでは無いとは思うけど。『ダイアリー』のライブver.のPVみたいな感じで何かありそう?


・最初の方のMCでソウ君が「明日は日曜だからゆっくりしていけるし」というような事を言うと、男性客が「オールで!」と叫んでいた場面があったのだが、実際本当にこのままオールしてってもいいなーという気分でした。ずっとこの空間にいたいなーと感じてました。
温かくて楽しい空間だったなぁ。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

GOING UNDER GROUND tour “THANKS GIVING” のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/131-4651cba4