CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/141-22d11942

THE BACK HORN×9mm Parabellum Bullet 『大惨事目眩大戦』

20:58 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

THE BACK HORN×9mm Parabellum Bullet 『大惨事目眩大戦』 @ ZEPP TOKYO 2009.07.08

対談フライヤー後編は終演後無事もらえたよ。



開場前に挑戦した福引きの結果は残念賞のティッシュでした。まぁエフェクターは貰っても使い道がないし(ギター弾かない)、Tシャツは色が赤なので似合わないし、ピックも使用したやつなら嬉しいけど…って感じなので、ティッシュでも商品としては不足なしです。

THE BACK HORN
ファン暦は圧倒的に長いけど、ライブ参加数は9mmに比べると劣るバクホン。故に今回初めて聴けた!という曲もチラホラ。
この季節にぴったりの『怪しき雲ゆき』や、真剣に聴き入った『美しい名前』などなど。特に『美しい名前』は鳥肌もんでした。自分もまさかやるとは思ってなかったし、イントロが聴こえた瞬間、隣にいた女性も「今日セトリやばくない?」と口にしたくらい。あー今すぐもう一度生で聴きたい。

MCでは松が初っ端で「ZEPP TOKYO」を噛んでました。「ゼップテッ…」という具合に(笑)あと今回のツアータイトル、両バンドでの話し合いの際、松の中では“角笛と銃声”でほぼ決まっていたらしいが、将司が“ダイサンジメマイタイセン”と言ったところ松以外の7人の目の色が変わりこれに決定したんだとか。しかし将司としてもダイサンジは元々数字の“第三次”のつもりだったそうで。が、卓郎の「ダイサンジってあの大惨事ですよね!!?」と当然のように言うもんだから思わず「おう」と返答してしまったらしい。将司曰く「全て卓郎に持っていかれた」(笑)

とにかくこの日のTHE BACK HORN、セトリが私好みで最高でした。

01.幾千光年の孤独
02.フロイデ
03.野生の太陽
04.怪しき雲ゆき
05.罠
06.ひとり言
07.美しい名前
08.涙がこぼれたら
09.無限の荒野
10.コバルトブルー
11.刃


9mm Parabellum Bullet
転換中に9mm目当てのお客さんが前方に移動した為、自分の周囲はいい感じにスペースに余裕ができて快適に観れました。

照明などのステージングが今までのどのライブよりも凝っていたこの日の9mm。楽曲で盛り上がりつつ、光の動きでも楽しませてもらいました。今回限りとは言わず、今後もこの日のように趣向を凝らしたステージングをしてもらえると嬉しい。

あとこれまではライブ中は前列3人にばかり視線がいってたんですが、最近はちょっと意識してちひろにも目を向けるようになってます。圧倒されたり、感心したり、面白いです。

そして、既に知っている人も多いかもしれませんが、アンコール登場時に和彦が喋りました。ボソリと「あのさ、水撒かねぇでくんねぇか」と……。最初は誰が喋っているのか、何を言っているのかわからなかった。数秒後、事態を把握した時には会場内誰一人として声を発する事ができず時が止まったかのように静まり返ってました。“場が凍りつく”体験を初めてしました(正直怖かった)。どうやら本編の最後の『Punishment』で誰かが和彦に向かって水入りペットボトルを投げた模様。固まった空気は、直後の卓郎の噛み噛みMCや、アンコ曲『Discommunication』での滝&和彦の不可解な動き(LDM@野音の時のように卓郎の後ろに和彦・滝の順に並び、タイミングを合わせて左右にひょこっと顔を出す×2回。思わず笑った。後日MONSTER ROCKであるOAの際には是非この場面も流してほしい)で幾分穏和されたし、帰宅後読んだ関係者さんブログの打ち上げ話でちょっと安心したところもあるとはいえ、初めてステージ上で聞いた(スクリーム以外の)和彦の声の内容がこういうのはやっぱり悲しいです。

バックホーンも9mmもステージ自体はすごく良かっただけにこの件はすごく残念に思えてなりません。和彦だって好きで空気を悪くした訳ではないはず。「楽器やアンプなどの電気系統にとって水は天敵だからそんな事されちゃ困るんだ」と、言わなければ伝わらない・変わらないと思ったから、仙台以外では喋らないと決めていたのにも拘らずマイクを通して声を発したんじゃないかと。
あの日あの場にいた人はもちろん、こういったレポなどで知ったという人も、どうか今回の事を意識して今後ライブに参加してほしいと切に願います。

01.Mr. Suicide
02.Vampiregirl
03.Keyword
04.We are Innocent
05.Termination
06.Trigger
07.The Revenge of Surf Queen
08.次の駅まで
09.The World
10.Sundome
11.Supernova
12.Black Market Blues
13.marvelous
14.Talking Machine
15.Punishment
en1.Living Dying Message
en2.Discommunication
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

THE BACK HORN×9mm Parabellum Bullet 『大惨事目眩大戦』 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/141-22d11942

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。