FC2ブログ
CFD

BUMP OF CHICKEN - MTV World Chart Express 【2/4】

19:44 | ラジオ・TV 文字起こし | cm:0 | tb:0 | edit

【2/4】



鉄:はい、JAPANチャート11位はEXILEの『HEART of GOLD』でした。
RE:はい。EXILEのHIROさんはね、avexのMAX松浦さんの後輩にあたるんですよ。で、あのーBUMP OF CHICKENの皆さんも実は同級生と聞いてるんですけど。
直:(両手を重ねて忍者のポーズ)
藤:はい。
RE:何年来の?
鉄:何でドロン(笑)?
RE:忍者(笑)?
直:いやー何か降ってきた。 まぁ幼稚園からですよね。
RE:幼稚園からなの?
直:まぁその幼稚園からスッゴイ仲良かったとかそういう訳じゃなくて。まぁとりあえずでも、初めて出会ったのは俺ら幼稚園の時。
鉄:へー。
RE:幼馴染なんだ、じゃあ。
直:そうです!幼馴染。(忍者のポーズ)
RE:ドロン(笑)えっ何かそれぞれの印象とか憶えてるものとかあります?
直:(指をならして)憶えてますよ。
RE:憶えてます?幼稚園の時だもん…。
直:いや、ハッキリ憶えてますよ。僕はーこう、まぁ、ひよこ組が終わって…。
RE:ひよこ組だって。超かわいい。
直:くり、くり…その次くり組っていう微妙なニュアンスの組に入ったんですけど。そこで僕は藤原君と一緒になって。だから藤原君の印象、一番きついの憶えてます。初対面というか、一番憶えてる話でいいっすか?
RE:はいはい。
直:あのーわかるかな?ブロックがあって、こう組み立てられるブロックってあるじゃないですか。あれ子供用に少し大っきくなってるんですよ。
鉄:食べないように。
直:そう、食べないように。すぐ食べちゃうじゃないですか、僕みたいな。
鉄・RE:(笑)
直:で、それでこうね「それを崩してから箱にしまいなさい」ていうのがね、先生のいつも言ってる事だった。それを俺は崩して一個一個しまってたら、藤君がね。まぁそん時“もっちゃん”て言ってたっけ?何つってたっけ?俺。
藤:もっちゃんだね。
直:もっちゃん。もっちゃん。もっちゃんがね、ロボット作ったままボンッて箱に投げたんですよ。(自分は)「いけないんだー!」って言ったんですよね。偉いじゃないですか。この優等生。
RE:(笑)ちゃんと先生の教えを守って。
直:そしたら(藤原が)「バッカじゃないのー。一個一個崩すんですー。」つって。すげー頭いいなコイツって思った。
RE:あっ入れてからー…。
直:まとめて崩せば一個一個こうやってやる必要ない、っていう。
鉄:なるほどねー。で、“コイツはできる。コイツについていこう”みたいな。
直:もうね、その頃からリーダー的存在だった。
鉄・RE:(笑)
RE:優等生。優等生はこっち(藤原)だった。
直:世紀末リーダー的なね、存在だった。
鉄:(笑)
直:相当リーダー的な。
鉄:藤原君は逆にその話は憶えてますか?
藤:憶えてますねー。やーやー、ちょっとね、その頃直井君と仲良かったのは憶えてるんですけど、そのエピソード自体はそんなに憶えてないですね。
直:俺は根に持ってますからね。
RE:(笑)根に持ってる…。
升:僕はね、特に直井君の話をすると、小学校が同じだったんですよ。まっ幼稚園も一緒だったんですけど、そん時は全然知り合いじゃなくて。
直:そうですね。
升:まぁ結構有名なチビでして。有名だったんだよね。
直:俺スッゴイ小っちゃかったからね。
升:でね、あの小学校だと高学年になると委員会とかつくってつるんで仕事するじゃないですか?
RE:仕事を?
升:僕らが入ってたのは集会委員会っていうやつで、豆まき集会とかをオーガナイズするMC的な。
直:そう、オーガナイザーですよね。
升:そういう役割り。オーガナイズしてく仕事なんだけど。たぶん最初に一緒にオーガナイズした仕事が、あのパーティーなんだっけ?縄跳び集会、ていう。
一同:(笑)
升:小学校でそういうパーティーがあって。何か、二重跳び皆でやって、どんどん跳べなかった人は休む。
直:座っていくっていうね。
升:やつの何か最後に、「せっかくのパーティーだから最後何かやろうぜ」ってなって。
直:ダンスみ(?)だよ。
升:そう、ダンスでチェッチェッコリっていう。
直:知ってます?
鉄:はい。あの今CMになってる。
升:そうそうそう。
直:あぁあぁ良かった。
升:あれをねー何か、俺らはまぁ面白いから「チェッチェッコリやろうぜ」って言ったんだけど、実際音楽が流れると誰もあんま踊んなかったんだけど、(直井は)何かスッゴイ踊ってて。
直:いやもうね踊ってましたね。
升:踊ってたから俺らも何かね、踊っちゃたの。
RE:(笑)
直:上に下へと踊ってたよね。
升:そう。そんでまぁ全員ね他の小学生達はこう(うつむく)縄跳び持ってこういう感じに。
鉄・RE・直:(笑)
升:どうすればいいのか(笑)縄跳び集会なんだけど、て感じでね。
直:チェッチェッコリやったね(笑)
升:そう。そういう意味でまぁ将来有望なMCになるんじゃねぇかな、と。
鉄・RE:(笑)
RE:その時見込んだ。
升:その時思いましたね。
鉄:なるほど。
直:ヒデちゃんスッゲーおもしれー。羨ましいな。
増:おもしれーな。
鉄:(笑)
直:この後キツイよ。
升:じゃあ藤原とか、どうなの?
鉄:(笑)
直:あるよね?
藤:あるある。スッゴイいっぱいありますよ、そういうのは。
直:じゃその一つ。
升:一人ね、一人。
藤:じゃあ例えば増川君なんですけども。あのー実は僕だけ小学校の時学区が違かったんで、一人だけ外れたんです小学生の時。中学の時に皆と再会したんですけど。そん時まぁ増川君と再会したんですけども。あのーその前にね小学4年生の時に、僕は増川君と街で会ったんですよ。
増:まぁ再会だよね。
藤:そうそう。ミニ四駆ってあったじゃないですか。
RE:あーありましたー。
藤:あれをね、走らせるコースが、あのーなんスか…。
鉄:プラモ屋。
藤:プラモ屋。そう、おもちゃ屋さんにあって。そこに、どの学校の小学校のやつらもそこに集まって走らせてた、日曜日とかに。俺も行ったんですよ。あのー愛機を持ってね。愛車を持って。
鉄:ちなみにマシンなんだったんですか?
藤:アバンテJr.です。
鉄:あー僕もアバンテクリアモデルでした。
直:お洒落ー。
藤:俺、青いやつ青いやつ。
直:お洒落さんだ。
藤:そうそうそう。そいで走らせに行って…したらコイツ(増川)がいたんです。でまぁ、憶えてたから幼稚園の頃。まぁ幼稚園の頃色々スゴイね、インパクトの強いやつだったんで。あっそっち言えば良かったかな(うなだれる)
鉄・RE:(笑)
鉄:いやいやいや、話変わってきちゃう(笑)
直:巻き戻すの大変だからね。
藤:コイツは絶対増川だって確信があって。「お前増川だよな。俺憶えてるよ。幼稚園の時一緒だったよな?」って話かけたんですよ。「元気?」って。そしたらもうこういう風に(外国人が困った時にする、手を広げて肩を上げるポーズ)やられたんですよ。
鉄・RE:(笑)
増:あのね、俺と升とチャマは小学校同じなんですけど。色々流行ってたんですよ、もう。そういう…(ポーズ)これも一つです。
藤:お前ちょっと黙っててくんない。
RE:(笑)
升:そんなのわざわざ言わなくていいから(笑)
藤:コイツ声が高かったんですよね、当時。声変わりする前ですけど。ホントだって声変わりした当時は、学校の先輩とかが「増川が声変わりした」っつって皆見にきたから。
鉄:へー。
RE:見に来たくらい凄かったの?
藤:「お前ちょっと喋ってみろ」とか、そんな事いわれてた。
増:そうそう。
藤:で、その高い声で、言う訳ですよ(高い声・ポーズ付)「俺はお前の事知らねーよ」。
鉄・RE:(笑)
藤:(高い声・ポーズ付)「誰お前?お前のアバンテ早ぇーな」言う訳ですよ。
直:ホントです。
増:(何か言おうとしてる)
藤:でも、時が流れて。(増川に)ちょっと黙ってて。時が流れて中学になるんですけど。入学して、まっコイツがいたんです。同じクラスに、ね。「あっ増川だ」って思ったんだけど、俺2年前のその事憶えてたから「あっでもどうせ忘れてるしなー」みたいなね。そういう風に思って話し掛けなかったら、(高い声で)「お前の事憶えてるよ」。
鉄・RE:(笑)
RE:まだ高い声なんだ(笑)
鉄:手のひらかえしたように(笑)
増:(バツの悪そうな苦い顔)
藤:おかしいですよ。4年生の時点で忘れてるんですよ。おかしいでしょ?4年生の時点で忘れてて、中1では憶えてるっていうんですよ。
RE:その間何が起こったんだろ。
藤:そう。
升:何あったの?
増:だからさー。あれなんだよ、ね。名前とかなかったじゃん、小学生会った時は。“藤原”ってコイツは思ってなかったの、俺は。
藤:あっ認知してなかったの。
増:そうそうそう。結びついてなかったの。
藤:そうかそうか。
増:で、中学校では…まっ普通だねこの話。
鉄・RE:(笑)
藤:あのー何だ、生徒名簿みたいなの見て。
増:そうそうそう。「あっ藤原じゃん。藤原基央じゃん」って。
鉄:「憶えてるよー」って。
増:そうそうそう。
鉄:なるほど。
藤:それからはもう仲良くなりましたけどね。交換日記したり。
RE:へー。
増:ホントにしたり…(笑)
RE:交換日記ー…?凄い、男性同士の交換日記ってどんな事書いてあるんだろ?
藤:いやもうね、ヒドイもんでしたよ。
直:あんまねぇ、内容話しちゃいけない気がします。中学生ですから。
RE:まぁね。まぁ色々ある…。
直:まぁ伝わりましたよ。
増:伝わりましたでしょ。
RE:色々あって仲がいいと。
メ:はい。
直:ありがとうございます。ナイスまとめ。
RE:このね、BUMP OF CHICKENの最新ミュージックビデオをね、ここから紹介していきたいと思います。
鉄:今回のビデオの、“自分はここを見てほしい”みたいなところ…。
直:メンバーが映ってないところの何かこう、雲の動きとか。何かあの、CGとかね、ちょっと使ってるらしいので。凄いんですよね。そのね俺ら自分達が映ってるのはとても恥ずかしいんで。すみません、ホント。
鉄:じゃあ曲紹介して下さい。
直:はい、せーの。
メ:『オンリーロンリーグローリー』


======『オンリーロンリーグローリー』PV=====
 
>>【3】へ続く
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

BUMP OF CHICKEN - MTV World Chart Express 【2/4】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/16-45e39a12