FC2ブログ
CFD

レミオロメン - TOKYO STREET CRUISE 【3/3】

22:56 | ラジオ・TV 文字起こし | cm:0 | tb:0 | edit

【3/3】




■:いやーもうね、せっかくねこの曲をね神宮司さんがね「草原で聴きたい」と言ってる時にね、藤巻さんがね「お前が草原行ったのなんて聞いた事ねぇぞ」っていう、そういうツッコミが入る(笑)
神:そうそうそうそうそう。
■:凄いバランスですねレミオロメン(笑)
□:めっちゃいいですねー。
■:(笑)あのー山梨出身のね3人も現在上京して。東京と神奈川ですか?いらっしゃるのは。
藤:そうですね。
神:はい。
藤:はい。
■:それぞれね、いわゆる東京ライフ、都会ライフて言うんですか?
藤:はい。全然変わりましたね。
■:満喫してます?
藤:いやもう満喫してるかなぁ。
神:まぁまぁ。
藤:凄くいいです。やっと慣れてきたっていう。やっと慣れてきた、そう。
神:2年ぐらい経つよねもう。はい。
■:なんかあの、しかも3人とも当然のように車を持ってると。
□:おぉっ。
藤:そう。
神:車、はい。
藤:やっぱりね足が。
神:そう、主な移動手段が車になっちゃうんで。山梨とかでもそうだったんだよね、基本的に。電車とか交通の便がよくないので。
■:あのそうなんですよ。山梨って日本の中でも自動車の所有率が物凄く高い県なんですよ。
□:あっ全国一位ぐらいの。
藤:電車も、たぶん「と」の字にしか走ってないんですよ。
■:(笑)
□:「と」の字?あーなるほどー。
藤:たぶんねそのぐらい少ないんですよね。
神:真ん中通ってほしいんですけど。
■:はいはいはいはい。
□:隅っこの方に。
■:じゃあのー例えば大人のドライブ楽しんでます?
□:おっ。ここ聞きたい。
藤:やっぱ住んでる場所によって結構ドライブコースとか変わりますよね。
■:あっ例えば藤巻さんだったらどんな感じですか?
□:うんうん。
藤:今はー箱根とかね。
■:箱根いいっすねー。
藤:箱根いいですよねー。あんまり行く機会がなかったから。今こう、厚木からこう。
■:あるある。小田原厚木道路で。通って。
藤:そっから頂上に行くも良し。
■:あーはい。
藤:温泉に行くのも良し。
■:あーいいですねー。
□:温泉お好きですね。
藤:(笑)好きですね。オヤジくさいですね。
■:いえいえいえ。
□:(笑)
藤:でも、すっごい気持ちいんですよ。あのー頂上まで行くと海と富士山が見えるんですよね。
■:あっそうですね、両方見えますねー。
藤:あれは気持ちいいっすよねー。これはおすすめです、ていうか有名かもしれないですけど(笑)凄く好きですね。
■:やっぱ気分転換にもなるでしょうしね。
藤:なりますしねー。
■:なるほどねー。あのー前田さんいかがでしょう?
前:僕は、どうだろ…。夜中…。僕ほとんど寝ないんですよ。
■:なんか夜っぽい。
前:僕ね2日に一回寝れば大丈夫なんです。
□:えー。
前:ホントに。
■:ホントっすか!?
前:昨日も、『24』のシーズン3を18時間まで今見てる。
■:(笑)
□:一気に!?
前:一気に(笑)
□:はーいー!?
■:それ早すぎ(笑)
□:(笑)
前:で、更にね、3時4時とかになってきて「あっもういいや今日寝ないで仕事行こう」とか、「なんかやろう」とか思うと。あの用賀のインター近いんですよ家から。
■:あっ用賀ですね。東名の用賀インターですか。
前:はい。で、それ首都高の方乗って。それをずーとこう、谷町の方行って。
■:あっじゃあ都心環状の方入って。
前:で、更にお台場の方に行って。空港中央の方回って、もう一回銀座の方戻ってくるんです。ああいうとこを何も考えずにブラブラしてるのが好きですね。
■□:へー。
■:夜中の首都高って気持ちいいんですよね。
前:気持ちいいですね。
■:昼間通ると「首都高700円高いな」って思うけど、その前田さんの乗り方だったら700円めちゃめちゃ安いですよね。
前:そうっすね。ずーとグルグル。
□:えーいいなー。
■:凄いいいですよー。
□:羨ましー。
■:結構飛ばしそうですけど。
前:いや、全然全然。
■:あっそうっすか。
前:あの物凄い怖がりなんで。
■□:(笑)
□:「怖がりなんで」って。
前:もう、「今日ドライブ入れて大丈夫かな」ぐらい思って。
全:(笑)
藤:そんな訳ない(笑)
■:そんな訳ない(笑)動かないですよね。
藤:怖がりとかじゃない(笑)
■:あの、神宮司さんはどうです?大人のドライブ。
神:大人…のドライブ?山梨の時は結構山行ったり、温泉行ったり。でも基本的に夜よく行くんですよね。山梨周りが360度山なんで、ちょっと高いとこ行くと夜景が凄い綺麗に見えたり。だから色んな綺麗な場所見つけに行ったりとか。そういうのはよく行ってましたね。
■:今はどうですか?
神:今は結構あの出不精なもので。メンドくさがりで家からあまり出ないんですよね。
□:あら。
■:ホントですか。
藤:でもよくね、迎えに…いつも治が迎えに来てくれるんで。首都高、二人でドライブっていうの多いですね。
神:そう。
□:おぉっ。
■:へー。
神:往きは迎えにいって、帰りは送ってかえる、みたいな。
藤:(笑)すみません。
□:アハハハハ。
藤:ホントすみません。
□:アッシー君みたいな。
藤:いやいや…。常に(笑)
□:常に(笑)
■:だんだんなんかバンドの中の役回りがわかってきたぞ。
□:わかりましたねー。心が痛いですねー。
藤:いやいやいや。
□:(笑)
■:(笑)それではレミオロメンおすすめドライブソングセレクト。最後3曲目、えー前田さんお願いします。
前:はい。THE PRETNVDERSの『DON'T GET ME WRONG』なんですけど。
■:おー。これは?
前:字のごとく。嫌な気分の時でも、まぁ気にしないで。「気にしないでいっか」みたいな感じになれるというか。
■:なるほどね。で、やっぱこれは夜中の首都高ですか?
前:いつでも、大丈夫だと思います。一人でもいいし、二人でもいいし。楽しんで聴ける曲だと思うんで。
■:それでは前田さんから曲紹介お願いします。
□:お願いします。
前:はい。THE PRETNVDERSで『DON'T GET ME WRONG』


♪『DON'T GET ME WRONG』


■:やっぱ前田さんこれあの、色んなシュチュエーションに合いそうですよね、確かにね。
前:そうですよね。
■:抜群ですよー。
□:楽しくなりますね。
■:さて、「TOKYO STREET CRUISE」。レミオロメンをゲストにお迎えしてお送りしているんですが。あのもう2005年怒涛の活動ですねこれ。
□:そうなんですよねー。
藤:はい。
神:はい。
■:すんごい事になってますね。ちょっとご紹介しますけども。今週の水曜日、1月12日、もうすぐですけど。シングル『モラトリアム』、これが発売されて。えー2月9日にはシングル『南風』、これ発売。そして3月9日、セカンドアルバムリリース。同じ日に、初の武道館ライブ。
□:よーっ!(拍手)
メ:ありがとうございます。
■:これは凄いですよ。
メ:これはもーう。
□:ねー「ライブハウス武道館へようこそ」ですよ。
藤:そうっすねー。
■:やっぱり爆発ですねこれはね。ここへきて。
藤:凄いこの3ヶ月連続リリースっていうのも僕ら結構気合が入るんですけど。もうこの武道館が待ってるとなると結構ね。
■:そうですよねー。
藤:ちょうど去年の3月9日に『3月9日』っていう曲をリリースしたんですよ僕らが。で、その日に僕らの山梨の母校の中学でライブをやって。その次の1年後にはもっとデカイ目標でやりたいねっていうのがあって。で、武道館っていうのが漠然とあって。で今回こう現実になったっていう。
■:凄いわーそれは。
□:1年でですからね。その目標から。
■:でもやっぱり、一つこう目標みたいなところってありますもんね。武道館って。
藤:やっぱりブイを立てるとやっぱ、何事も頑張れる感じがあって。やっぱり武道館やる為に頑張ろうっていうのがちょっとあったので。なんかちょっと聞くと緊張感が漂う、なんとなく(笑)
■:あっその「武道館」ていう言葉。
藤:うん、なんとなく。
□:あー。武道館ですよ。
藤:あっなんか…いじめです?いじめ?
全:(笑)
神:プレッシャーかけてる。
□:なんとなく(笑)
■:そうか今まだ準備はどうなんですか?
藤:まぁボチボチ。セカンドアルバムの曲達をその時初めてやるんじゃないかなっていうのがあるので。
■:あーそれはファンにとってはね。
藤:そうですね。すっごい楽しみですね僕も。
■:なるほどねー。あのーもうそろそろ時間ちゅー事なんですけど。どうでした?このドライブトークというのは。このラジオで(笑)
□:ドラトーク。
藤:みんなのドライブ感ってわかって。
前:まぁ治とは絶対ドライブしたくない。
全:(笑)
□:草原連れて行かれますからね。
前:やなとこ連れてかれそう。
□:草原でガーッですよ。
神:やだよオメーとドライブなんて。ホントに。
□:(笑)願い下げだよ。
■:(笑)もう神宮司さん突っ込まれまくりでね。
□:ホント。なんかどんどん首が下に下に。
神:まぁいつも通りなんですけどね。
□:あっそうなんですかー。(笑)
■:いやもう武道館でのこの掛け合いも楽しみですけどね。MCもね。そっちももう曲とは別に聞きどころですよね。
□:ホント絶対M-1出れますよ。ホントに。
■:M-1、M-1出しちゃうの(笑)?
□:来年あたり。武道館の次は(笑)
前:武道館の次はM-1(笑)?
■:M-1(笑)目標が一つ、また一つ。
□:増えましたね。楽しみにしてます。
■:いやーもうそろそろ時間で、最後にレミオロメンのニューシングルを聴きながらお別れする事になってしまいました。えーこれ疾走感ありますね。
藤:はい。
□:ホントいい。
■:凄いっすねー。これはもう正にドライブじゃないっすか。
藤:そうですね。曲もドライブしてるし。僕らがツアー中に作った曲なんで、めちゃめちゃライブ感があるんですよね。
■:なるほどねー。凄いそのエネルギーみないなものがやっぱ詰まってるという。
藤:すっごい詰まってますね。
■:わかりましたー。それでは最後に代表でどなたか曲紹介お願いしますが。
藤:はい。レミオロメンのニューシングルで『モラトリアム』聴いてください。
■:今日のゲスト、レミオロメンの皆さんでしたー。ありがとうございました。
□:ありがとうございましたー。
メ:ありがとうございました。


END
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

レミオロメン - TOKYO STREET CRUISE 【3/3】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/160-c1d03601