CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/32-76b15c6a

レミオロメン - Express WARP('04) 【1/4】

21:21 | ラジオ・TV 文字起こし | cm:0 | tb:0 | edit

2004年3月8日~11日 Music ON! TV 「Express WARP」
レミオロメン『3月9日』インタビュー
(半年前の番組を引っ張り出してみました…)





interview with レミオロメン part ONE
 
【the Flashback in 2003】
藤:激動でしたね。何かこう初体験が多かったな、ていうね。こう2003年をアルバムで締めくくれたという事がやっぱ、一番大きかったし。初めてのワンマンをやったのも2003年だし。結成してから、ちょうど3年前だったね。
神:うん、あっという間な気もしたね。いっぱい色んな事がありすぎて。
藤:そうそうそう。十年後とか二十年後とかでもね、憶えてる1年だなって、たぶん。そんぐらいね、こうグッって圧縮された一年だった気がしますねー。


【“レミオロメン山梨時代”~区切りとなる作品】
藤:『朝顔』っていうアルバムが、いわば山梨で、神社に篭って曲を作ってきたんですけど、その集大成的な、ピュアに旅立ちみたいな事を歌っている部分もあるなと、『3月9日』という歌は。


【talks about THE NEW SINGLE -chapter1-】
藤:曲の名前が日付だという事で。それってレミオロメンにとっても凄いメモリアルな日になるな、と。この曲を経て、次に行きたいなっていう。


【楽曲『3月9日』が生まれた頃のレミオロメンは…】
神:その頃は…
藤:その頃はね。
前:下北沢とかそこら辺で、ライブやって。
藤:そうだね。
前:もう一番、こう駆け上がっている真最中でしょうね。
藤:ちょうどね(大学があった群馬から)山梨にホントに行く、て時なんですよ、『3月9日』ね。でーこう、半年後に結果が出なかったらー…、みたいな。うんやっぱ、そういう緊張感のある時期でしたね。


【楽曲制作に励んだ場所 ~山梨の神社の母屋】
藤:練習場を手に入れたっていうね。何か俺たちの城じゃないけど。“僕らの七日間戦争”的な。あーいう面白さはあったよね。
前:あった。
神:そう、基地を。
藤:そうそうそう。 十年か二十年近く住んでない空き家っていうのはね、ヤバイっすから(笑)こうドアを開けた瞬間に…。
前:もうヤバイよ。
藤:ヤバイよね(笑)
前:埃だって2m位積もって。
藤:積もってねぇー(笑) 入り口入って、僕達がいつも、くつろいでた部屋が十畳位あって結構広くて。そこの部屋に畳がね、ドゥワーッて山積みにされてて。
神:そうそう、積んであって。
藤:もう、「うわーっ!」って思って。「ダニマンションだー!」とか言って(笑)人生であんなにバルサンを使ったね、事はないなっていう位焚きましたね。
神:ない、もう。
藤:天井から埃が降ってくるんですよ。最初の一ヶ月位降ってきてたからね。
神:気持ち悪くなるんですよ。
藤:そう。
神:体調が悪くなるんですよ。
藤:みんな一回風邪ひいたよね(笑)
神:あそこで風邪ひきましたよ。
前:で、山梨の神社にその、その年に戻ってきて。その年の3月9日に、その僕らの共通の友達の結婚式だったんですけどね。


【山梨時代のレミオロメンは…】
藤:ピュアだね。もう(今は)汚れたおっちゃんみたいな感じ(笑)
神:音楽のみだったよね。
藤:そうそうそう。
神:音楽に物凄い集中できる時間ではあったよね山梨は。


>>【2】へ続く
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

レミオロメン - Express WARP('04) 【1/4】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/32-76b15c6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。