FC2ブログ
CFD

フジファブリック TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005

22:32 | ライブレポート | cm:4 | tb:2 | edit

フジファブリック TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005 @ SHIBUYA-AX 2005.07.21
 
TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005 最終日レポート。
ちなみにフジファブリックのワンマンは初でございます。


今回陣取った場所は2ブロック目の一番後ろのあたり。しかし開演と同時に周りのお客さんがみんな前方に行ってしまい、自分の周囲はかなりスカスカに。あまりにも空きすぎで逆にちょっと戸惑ってしまった(笑)しかしその後も揉みくちゃにされる事もなく、見通しもよく、山内君前のライン上で余裕をもって楽しめました。
 
オープニングから『銀河』がきたー!!と思ったら、いきなり山内君がモニタースピーカーの上に上がりギターをかき鳴らす!しかもなんか笑顔だよこの人。初っ端からこれじゃあもうヤバイです。実際に声には出さなかったけど私も思わず頭の中で「うぉーヤマウチーーー!!」と叫んでました。あぁダメだライブに行く度に山内君にやられていく…。この時点で今日は山内君しか見れないと確信した(笑)
 
んっ、ていうかあれ?ドラムがミドリカワ書房?あっ足立君がメガネかけてたのか!メガネ好きとしてはバンド内のメガネ人口の増加はとても喜ばしいです。でも私の場所からだとミドリカワ君に見えてしかたなかった。
 
2曲目以降も『TAIFU』『ダンス2000』、挨拶程度のMCを挟んで『虹』と人気曲が早い段階で立て続けに登場。初めてのフジファブリックライブ(CDJ)では個人的な事情により半分程しか聴けず、前回にいたっては演奏すらされなかった『TAIFU』もようやく堪能できた。間奏でのツインギターがもう堪らん。また『ダンス2000』でも間奏の金澤君のキーボードにかなりしびれましたよ。
 
次はなんだろな~と思っていたら、切ないギターの音が…『赤黄色の金木犀』だ。この曲はフジファブリックの中でも1、2を争う位好きな曲なのですが、ここでくるとは思ってもみなく一瞬ビクついてしまったというかちょっとドキリとして固まってしまった。CDで聴いていると切ない気持ちばかりが込み上げてくるけど、実際にライブで観ると中盤のアグレッシブな演奏の影響もあって今までとはまた違った印象を受けた。
 
「新しいのを買ったんですよ」と志村君がニューギターを自慢。そして「このギターで新曲を」と。待ってましたの新曲!ある意味今回のライブの目的はこれかも。曲は宇宙的なキーボード音から始まり、サビは早口で捲くし立てるような感じ。メロの印象は一言で言うなら“ビビディバビディブー”。や、ライブ中にそう思ったんですよ。これを書いている今はほとんどメロディーとかは忘れちゃってるんだけど(笑)ライブ中に自分が「ビビディバビディブーだ」と思っていたのは記憶にあるんで。ギターがビビディバビディブーだったんだと思う。
 
『打ち上げ花火』の後半のブレイクポイントにて(ダダダダダダダダダダダダダンダダ…というドラム連打の合間合間に)「フゥー!」という声が上がってたのですが。えっと、普段からそういうもんなの?ちょっと気になったポイント。
 
『追ってけ追ってけ』。曲が始まると同時にステージ後ろの黒幕が開きスクリーンが現れ燃え滾る炎が映し出される。(ちょうどこちらのダイスケ日記にある写真の炎)普段のライブではこういった演出はあまり無いので何だか新鮮でした。そしてまた、曲がアウトロに入ると突然山内君がギターを肩から外し床に置いて弾きだした!自分の位置からでは実際に弾いているところを目にする事が出来なかったのだが、うん、きっと弾いてたはず(笑)!“逃すか!”とばかりにカメラマンも必死にくらいついていたしね。そんな様子に私は「うぉーヤマウチーー!!」(二度目)
 
志村君と山内君がギターをアコギに変え『花』が披露される。東京では初めて演奏されるらしい。序盤はスポットライトも志村君と山内君だけに当たり、なんとなくこの2人メインという雰囲気が。そうかー『花』はポロシャツ兄弟の曲なのか。(この日志村君と山内君は似たような色のポロシャツを着ていたので。私が勝手に命名)
 
『花』が終わり、もう一度志村君がこの曲についてコメント。「一人でアコースティックでは演った事あるんですけどバンド形態で東京で演るのは初めてなんですよ……うん…じゃ、メンバー紹介を」。あっ『花』はもういいの?明らかにもうちょっと続く雰囲気だった気がしたんだけど(笑)
 
という訳でメンバー紹介。
まずは福岡のラーメンにハマっているという足立君。「最終日だしさ、ツアー中のエピソードなんかないの?」と志村君に振られ、しばし考える足立君。
足立「ツアーの話、ですか……………山内君どう?」
結局逃げました。
で、突然自分にバトンが回ってきてしまった山内君。とりあえず「ツアー中のエピソード…」と話し出そうとしたのだが、志村君が急にギターをジャガジャンと鳴らしてそれを寸断。「なにすんねん」と言わんばかりで志村君を見る山内君と「んっ?」といった様子で無自覚な志村君が妙にオカシかったです(笑)山内君の話はツアー先で遭遇した警備員さんの話。まぁこの話は深く説明しなくてもいいか(笑)本人もイマイチ話を上手く説明できてなかったし。赤塚不二夫の漫画に出てくるような感じの人で面白かった、と志村君が最終的にまとめてくれたのでよかった。
お次は金澤君。数日前にテレビで見たマスオさんの物真似をする人が一体誰なのか気になるそうで。そのマスオさんの物真似をする人の、更に物真似を披露してくれました。肩をすくめて「えーっ!?」って(笑)これはそこそこ似てるのか?元のネタを見た事ないので判断しかねるけど、マスオさんには“まぁ”似てたかな。いや、実はこの金澤君の話の時、ちょうど後ろの足立君が自分のメガネを拭きだしまして。メガネ好きとしましては、物真似するメガネよりメガネをいじるメガネ、アクティブなメガネ行為(全く意味わからん)の方に気を取られてしょうがなかったんです。だって照明に透かしてみたり、ハァ~と息をかけたりしながら何度もグッズのタオルで拭いているもんだから!その必死な足立君の姿がなんだかちょっと可愛らしくも思えてしまって。あぁ、いいな…メガネ(しみじみ)
ちなみに金澤君の言う物真似の人はキャン×キャンという芸人さんだとお客さんが教えてくれました。その時のやり取りが
客「キャン×キャン」 金澤「キャンキャン??」 客「キャン×キャン」 金澤「キャン×キャン」 客「キャン×キャン」 金澤「キャン×キャン」…
と、これをしばらく繰り返す感じで。その様子に「今のすごい変な光景だよね。お互い“キャンキャン”“キャンキャン”言って」と志村君がツッコミ。
しかし「僕がボーカルギターの志村で…最後加藤さん」と、自分だけ話を飛ばそうとすると今度はメンバーから「自分はそれだけ?」とツッコミが入る。ねぇ、それはズルイよねぇ(笑)
志村「あっそう!インターネット詐欺にあったんですよ!振り込め詐欺!」
なんだその衝撃告白は(笑)私も…というか皆がもう詳細を知りたくてしかたなかったと思うのだがその時は残念ながら語られず、志村君曰く後日ネットで明かにしてくれるそうです(しかも10回くらいの連載で 笑)皆さん乞ご期待!!
で、最後を飾るは加藤慎一!
志村「加藤さんは今回のツアーで小噺をし始めましてね」
噺家になられたんですか。そんな噺家加藤慎一のこの日のネタはというと…
実家に帰った際に漫画『明日のジョー』を読んでいた→夏なので蚊がいる→血を吸うのはメスの蚊だけ、そしてプ~ンと鳴くのはオスの蚊だけらしい。そんなちょっとしたトリビアを披露したあと、
加藤「蚊とかけて『明日のジョー』ととく その心は オスは泣(鳴)く
会場内、ほぼ全員「…………?」。ちょっと時間が止まりましたよ。加藤君に「『明日のジョー』って読んだら男の人はだいたい泣くじゃないですか」と言われてようやく皆「あ~~~」と(笑)
志村「他の地方ではもっと面白かったんですよ」
金澤「どんどんプレッシャーかかってるよね」
山内「ピンライトも当たりだして」
志村「まぁ今後のライブへ持ち越しという事で…」
そうですね。次回お目にかかった時は期待してます。
 
小噺のあとは『サボテンレコード』。
そして再び新曲が登場!こちらも歌はちょっと早口な感じで、そして全体的にピロリロしてました(笑)してたよね?雰囲気としてはディズニーっぽいと私は思ったのですが。(そういえば“ビビディバビディブー”もディズニーだね)とにかく楽しげな曲だった。これは今後ライブですごく盛り上がる曲になりそうな気がします。
 
志村「他にも新しい曲はいっぱいできてるんですよ。ね?」(山内君の方を向き同意を求める)
山内「…うん。………ある」
志村「………ある」(山内君の関西弁のイントネーションを真似て)
それぞれの妙な間と、関西弁のイントネーションを真似る志村君が何故か私のツボに(笑)ポロシャツ兄弟め…(まだ言う)
 
ミドルナンバーやMCなどで聞き入りモードだった会場が『花屋の娘』で再び爆発。そして『NAGISAにて』で更にブラスト!!あまりにも激しい演奏で気づけば足立君のメガネ飛んでたからね。ちなみに次の曲、『陽炎』の演奏中にスタッフが拾い本人にかけさせてあげてました。
 
本編はここで終了。
アンコールで登場した際に冬の全国ツアー決定の発表が。志村君が青いチラシをポケットから取り出し「30本近くあるんですよ」と。続いて関東の周辺の日程の詳細を発表してくれるのかと思ってたのに、言ってくれませんでしたね志村君(まぁライブ終了後のフライヤー類の中に入ってたけどさ)志村君は期待させて裏切る行為が多い(笑)
 
「9月に出る曲です」という事で『茜色の夕日』。やっぱりライブで聴くとグッときます。シングルでリリースしたいという気持ちも理解できる。
 
そんな『茜色の夕日』がちょうど終わった時、急に私の背中にピキッという筋の痛みが。そういえば以前、私と志村君はピキッと仲間に(勝手に)なったんだっけ。あぁそうか、“ピキッと”が共鳴し合ってたのか!きっと志村君の腰もその時ピキッときていたはず。うんきっと、きっとそうさ!
  
一度裏に戻ったのち2度目のアンコールでメンバー登場。すると突然…
志村「加藤さん着替えた?いいねそのTシャツ」
加藤「フジファブリックって書いてある」
志村「それどこで売ってるの?」
加藤「AXのそこのロビーで売ってます」
そんなTシャツアピールが終わるか終わらないかぐらいの時点で今度は金澤君が
金澤「暑い暑い暑い暑い」(といってタオルで顔を拭く)
志村「あれっそのタオル…」
金澤「んっ、あっこれ何か書いてある。“フジファブリック”…?」
志村「売ってますんで買ってください」
そして更に…
志村「最近暑いじゃないですか。暑いと電車も込むじゃないですか。…いや、そんな事ないか?(笑)で、電車の中で携帯いじってると周りから覗かれそうで気になるじゃないですか?そんな時は覗き見防止シールも売ってるんで」
金澤「画面を拭くやつ(クリーナー)も付いてるんだよね」
志村「……えっ?」(何の事を言っているのか理解してない人)
えーと、金澤君は悪くない。何も悪くないから安心して。
以上、グッズを買ってもらいたくて必死なメンバーの小芝居でした。しかしそれでも私は何も買わなかった。ゴメン…(笑)ブルーのTシャツがあったら何がなんでも買ってたけどね。
 
締めは『線香花火』。私自身はラス曲としては意外な印象がしたのですが結構普段からそういうお役目が多い曲なのかな?
 
 
この日の個人的メインの新曲陣は、どちらも今までのフジファブリックからするとまた微妙に路線が違うように感じました。しかし「今までと違うからあんまり…」という事はなく、むしろ色々な面が見れて私は嬉しいです。2曲とも好きになりそう。それにしてもこの2曲のタイトルは一体なんなんだ。『蜃気楼』?『ムーンライト』?どっちもそれっぽくないような(笑)
 
会場内でやたらテレビカメラが目に付いたのですがこれはいつかどこかで放映するのだろうか。終演後袖裏で握手を交わすメンバーの姿まで映していた事から(私のところからは見えた)可能性は高い気がする。
 
ライブ開始直後の“今日は山内君しか見れないと確信した”という言葉通り、その後もついつい山内君の動きに目が吸い寄せられてました(ていうか真正面にいる訳だしそりゃ見ますよ)しかし今回は足立君もかなりキたよ。今までのライブではあまりその姿を見る事が出来なかったのだけど、この日はじっくりとそのドラムプレイを楽しむ事ができました。前々から思ってたけどやっぱり足立君のドラム好きだ。気が付いたらイスに座ったカタチのまま飛び跳ねていきそうなくらい勢いがある。あとメガネ。メガネかけるなんて知らなかったもんだから、突然のメガネにドッキリですよもう!
という訳で今回のライブに勝手に副題を付けるとするならば、“山内・足立と愉快な新曲たち”です。
 
そんな愉快な新曲たちに早くまた逢いたい!ROCK IN JAPANでの再会が楽しみです。
 
あとどうでもいいけど志村君のMCの第一声はスーパーの店員を思わせるね。声の張り方が。
 
≪セットリスト≫
01. 銀河
02. TAIFU
03. ダンス2000
04. 虹
05. 赤黄色の金木犀
06. 環状七号線
07. 桜の季節
08. 新曲1
09. 打上げ花火
10. 追ってけ追ってけ
11. 花
12. サボテンレコード
13. 新曲2
14. 花屋の娘
15. NAGISAにて
16. 陽炎
<ENCOLE1>
01.茜色の夕日
<ENCOLE2>
01.線香花火
 
 

【余談】
レミオロメンのツアーでカギを届けてくれ、その2日後にまた同じ会場で遭遇したスタッフを今回も発見した。開場時にチケットもぎりをしていて、また終演後フロアから出たらちょうど私の目の前を歩いてました。もちろん声をかけるとかはしませんでしたけど。まぁ今回と前の2回も含めて大体私が行くライブのスタッフはLIVE POWERだからね。もしかしたらROCK IN JAPANでも見かけたりして(実際に発見するかどうかは別として、当日その人も働いている可能性はある)
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2005.07.31.Sun
23:37
 shiro
みぐさんこんばんは~お久しぶりです♪
あっテストだったんですか。お疲れ様でございました!
“素晴らしい”だなんて!自分のレポでライブが蘇るという事ほど嬉しい事はないです。
熱っい感想もありがとうございます!よーし私も熱くレスしてくぞー!ヤマウチーー!!(関係ない)

ポロシャツ兄弟、『花』を聴いている最中に浮かんでしまいました~。
フジファブリックはポロシャツ率高いですよね。
だからこれからのフジライブでは必ずポロシャツを着ていけば誰かしらと兄妹になれるのでは!?
ツアーグッズ結構買おうかどうか迷ってたんですけどね…;
終わってからやっぱ買っておけばよかったかなーなんて思っちゃってます。
とりあえずRIJFでRAINBOWツアーの残り…あっいや、えーと、RAINBOWツアーと同じグッズを売るようなので(苦笑)タオルだけでもその時買おうかな。

メガネえがったですよ~(笑)たまにかけるメガネっていうのはポイント高いですよね!
で、しかも演奏中にメガネ飛ぶわMC中は「今しかない!」とばかりにメガネ拭くわ、本当あの日の足立君は私の中でもかなりの高ポイントメガネでした。
そうなんです、『赤黄色の金木犀』はそんな足立君のドラムが激しくてちょっとビックリしたんですよー。
でも今回初めてライブで聴けたので、ライブ版の『赤黄色の金木犀』が知れて嬉しいという気持ちの方が大きいです。

弟さんの喋りはいつも何処でもあんな感じなんですか(笑)
だけどみぐさんとお友達に「かわいいやつめ!」で許されちゃう弟…。
いや、わかる、わかります。確かにそこがかわいいんだあの弟は。
兄はなんだかんだで笑いを生みますよねー。本当に“なぜか”面白いっていう(笑)
ちゃんと弟のフォローもしてましたし、さすが兄ちゃん!
でも金澤君には結構冷たいポロシャツ兄ちゃん。兄弟じゃないからでしょうか?
福岡では小噺も快調だったんですねー。
あっでも私もそのネタだとみぐさんと同じく「??」だったかもです。
私も替え玉なんてした事ない…。
福岡の方は替え玉ラーメンに馴染みがあるからすぐに理解できたんでしょうかね。

おぉ!みぐさんもブログ始めちゃいますか!?
なかなか面白いですよー^ ^
ちなみに私も音楽について語りたいという事の他に文章を書く訓練というのも目的でありました。
みぐさんのブログが開設される日を楽しみにしてます♪
  edit
2005.07.30.Sat
10:49
 みぐ
おひさしぶり?です!テストがやっと終わったので、早速書き込みにきました~。
素晴らしいレポですねー楽しいです!その場にいてその曲やらやりとりを見ているかのよう、ライブ思い出すなぁ…うぉーヤマウチーーー!!!
ポロシャツ兄弟、いいネーミング~気に入りました(笑)自分が福岡ライブでポロシャツを着ていったので、そのとき着てくれればよかったのにーあたし妹になれたのにー!とか訳分からんことを嘆いてみたり(アブナイ?!)
自分的にポロシャツ=フジになっちゃってるんですよね。ツアーグッズにしてほしいかも、と今思いつきました。ちなみに今回のツアーグッズは携帯のやつだけ買うつもりが、勢いでTシャツ(黒)とタオルも購入です。RIJFで使っちゃる!
足立さんがメガネってのがとても気になります、見たーい!やっぱメガネはいいですよね、普段かけない人がたまにかけると嬉しいーけどミドリカワ書房かぁ(笑)足立さんのアクティブなメガネ行為が見たかったな…自分も実際いたらそっちに目がいきそう。
赤黄色の金木犀はライブだとあっという間な感じがします、途中の足立さんのドラムがすごかったー!CDのほうが好きかなーとか思ったりもしたんですけど、思い返してみてライブ版もやっぱりいいよなー…結局赤黄色の金木犀はすごくいい!ってことですね(^^♪
ポロシャツ(弟)はなかなか喋りにオチがないというか、まとまんないみたいですねー福岡でもそうでした。そのことを自分も友達と話してて、まぁそういうとこも「かわいいやつめ!」ってことに(笑)もう周りが濃いから仕方ないですよーあれが普通です!AKANEIRO RADIOから分析しても、ツッコミ気質のはず!…なんだかフォローする形になってしまった(^_^;)
兄は強いですね、何を喋ってもなぜだかおもしろい!また兄弟のやりとりがいいなぁ、ポロシャツ兄弟め…
金澤氏のマスオさん気になるな~彼は最後のグッズ宣伝の小芝居が小芝居すぎてウケました、それに対し志村さんどこかそっけない(笑)
加藤さんの小噺はかなりウケました~ネタというより雰囲気作りが!スポットライトがピンで当たってましたもん!ちなみに、福岡では、「弦とかけまして、豚骨ラーメンととく、その心は…毎回替える」でした。みんなおぉーって盛り上がったんですが、最初あたしはよく分かってなくて友達に聞いちゃいました、替え玉とかしないし長崎人だから分からないよ(関係ない)。
なっがーくてすいません。しかし言いたいことがやまほどあるなぁ、もういっそのことブログ始めようかなって気に最近なってきてます、夏休みだから時間もまぁあるし。全然やり方分かんないですけど、パソコンや文章勉強の一環として!まぁROCK IN JAPAN終わってからの話ですけど…
  edit
2005.07.25.Mon
19:59
 shiro
ユウヒさん初めましてー。
コメント&トラバありがとうございます!
レポート違う部分多かったですか?!
いやいやいや、でも私の場合記憶力が悪いので「こんな感じだよね~?」と適当に捏造している部分も多いですよ(笑)!
むしろこっちが間違っている可能性大です^ ^;
ユウヒさんのレポも読ませてもらったのですが、山内君と足立君の名前がまず挙がっているところに思わずニヤリとしてしまいました(笑)
やっぱりあの2人は良かったですねー。
他にも自分では書いてはいないけど読んでいて「そうそう!」と思えるところ(照明についてとか)が多くて、こちらも嬉しかったです。
ありがとうございます♪
  edit
2005.07.25.Mon
18:51
 ユウヒ
初めまして。takeruさんのところから飛んで来ました。
・・・同じLIVEを見ていて、こんなにも違う(汗)
「そうそう!おぉ。そうだよ。あぁーっ」と
感嘆しながら拝見させていただきました。

色々思い出して、かなり嬉しかったので
トラックバックさせて下さい。
  edit

TRACKBACK

フジファブリック TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/395-0de67844
2005.07.30.Sat
00:40
【飛び出せレディーゴーで 踊ろうぜ だまらっしゃい】フジ・ファブリック
♪飛び出せレディーゴーで 踊ろうぜ だまらっしゃいフジ・ファブリック  かんたんライヴレポ:7/21(木)渋谷AXフジ・ファブリックのツアーファイナルのライヴに行ってきました。数ヶ月前の下北沢QUEでのライヴ以来でしたがはっきりとわかったことは「 .....
trackback from : リ・マイブラ 
2005.07.25.Mon
19:01
きのチャン多謝♪
☆「s-r-s」shiroさんのところに、ナイスレポ、ありました♪(わたしの記憶違いってば、かなり多いなぁー。)☆*セットリスト(さあちゃん多謝)*1.銀河2.TAIFU3.ダンス20004.虹5.赤黄色の金木犀6.環状七号線7.桜の季節8.新曲19.打上げ花火10.追... .....
trackback from : ユウヒ日和