FC2ブログ
CFD

COUNTDOWN JAPAN 05/06 【3/3】

21:53 | ライブレポート | cm:6 | tb:0 | edit

COUNTDOWN JAPAN 05/06
     @ 幕張メッセ展示場ホール 1~8ホール 2005.12.29 ⇒ 2006.01.01
 
12/31 - 01/01 LIVE&闘病 最終日
朝起きると昨日の喉の痛みに咳がプラスされていた。まぁ薬飲んどきましょう。
が、昼になっても治らない。咳止まらず。(それが普通かもしれんが自分ではもっと軽いものだと思ってたので)ひとまず風邪薬とのど飴と喉スプレーを急遽バックに詰め込み出発。
途中、駅の階段をダッシュしたところホーム到着後足元にフワフワした感覚が。
「これはヤバイのかも」(遅い)
 
【到着】15時15分頃
くるりグッズ狙いで早く来たつもりだったが既に人いっぱーい。1時間並んでThe QRL CDJ限定Tシャツ無事げっとー。よかったよかった。けど体調はよくないよくない。咳すると息苦しくてしゃーない。開場前なので2階エントランス近くの売店で食べ物を購入し薬を…。母親から「帰って来い!」メールを貰うも無視。その中の“マスクしとけ”の部分だけ受諾。
前の日まではババシャツ+ラグランで余裕だったのに…、この日は家から着てきた注目株T(レミオ)の上に先ほどのThe QRLを重ね、更にフリースジャケットを羽織った(3枚…いや、ババシャツも着てたから4枚か)状態じゃないととてもじゃないけど寒かった。
  
リクライニングエリア
開場後、まずはなにはなくとも寝る。開演までも1時間以上あるし。しかしこんな場所じゃ落ち着いて寝るなんて無理だ。ようやく安らぎの世界へ入り込んできたかと思ったら隣のEARTHから爆音が。あぁ…もう始まっちゃったのか。
 
真心ブラザーズ [EARTH STAGE]
数十分の休憩でもいくらか楽になったのでEARTHに顔を出してみる。左端・一番後ろの椅子スペースでだらりと真心を拝聴。桜井氏は家のクローゼットの中から一番赤いシャツと一番白いズボンを着てきたそうな。ここで大好きな『明日はどっちだ!』が聴けてたら最高に幸せー…まっそうそう思ったとおりには世の中いかんけど。
 
飲食ブース
今までは適当にお腹が空いたら食べる、で行動していたがこの日は薬がある為そうはいかない。きちんと時間を計算してしっかり食事を摂り薬を飲まなくては。って事でそこまで腹は減ってないけど食事&薬タイム。昨日の延楽の肉うどんを食べようと思ったが大晦日の為にメニューが年越しそばになっていた。愛しの肉うどーん…。結局そばで我慢しました。
 
音速ライン [MOON SATGE]
ライブ開始予定15分前にMOONへ行くと会場は溢れんばかりの人。元々の人気もあるだろうが、この日でドラムの菅原さんがバンドを離れるというのも要因としてあったんだろう。自分はこんな状態なので後ろの方で。
現メンバーでは最後、といったしんみり要素は微塵も見せず淡々といい演奏を披露してくれました。しかし演奏時間はかなりあっという間。まだまだ聴き足りなーい。今度観る時はもっと前で盛り上がりたいなー。
 
KREVA [EARTH STAGE]
ひとりで武道館やるんだ!すごいっすねぇ。
空いてるところの床に座って聴いてただけだけどヒップホップの一定のリズムがこの時の私には心地よく、無理なく楽しめました。
 
BRAHMAN [EARTH STAGE]
SEと共にスクリーンに映し出される映像からしてもうカッコよくて、カッコ良すぎて…!!その時点で早くも感動。
実は今回観た人達の中で一番付き合いの長いのがこのBRAHMAN。今までずっと聴いてきたあの曲この曲…それが生で今自分の耳に!TOSHI-LOWが目の前で叫んどる…!!うぉぉー!!
気がついたら風邪だという事を忘れて拳あげて跳んでました。特に『BEYOND THE MOUNTAIN』はもう無我夢中。大好きなんだこの曲。
とにかく熱いステージだった。初めて観れて存分に跳んで叫んで悔いなしッ!!
 
くるり [EARTH STAGE]
2005年終了50分前この日朝の目覚まし音はあえて去年のくるり偽(?)カウントダウンにしてみました。“岸田「10-!(略)これを来年はやりたい」”ってやつ。正直目覚めとしては微妙でございました(笑)そんな去年からのメンバーの願いもようやく叶う時が!
1曲目は『Ring Ring Ring』。アルバム『NIKKI』の中でも個人的にかなり好き部類の曲での幕開けに俄然上がる。
その後はくるりスタンダードナンバーが立て続け。そして「実は…まいております」と言って急遽『Morning Paper』も追加!(本当は別の曲をやろうとしたけど社長のベースが無かったみたいで 笑)
カウントダウン前は『WORLD’S END SUPERNOVA』。そしてそのままアレンジVer.突入。シゲールがピコピコやったり例の踊り(そういやこのダンス見たのも久々だわ。くるり自体数年振りだからね)をしているところへ達身さんがグラスの乗ったお盆片手に登場。まさかそれで年を越すのですか!?
なーんて思っている内にあっという間に残り10秒。会場全員でのカウントダウンコール「5、4、3、2、1…!」と同時に“A HAPPY NEW YEAR!!”の文字と舞いちる銀テープ。そしてステージ上ではメンバーが並んで「かんぱーいっ」。優雅だ、さすがくるり(笑)
この祭り空間でやらない訳がない。が、一体どの場面で登場するのか!?と気になっていた『お祭りわっしょい』が2006年一発目!!再び“風邪とか忘れてるだろ?”というくらい自分も一心不乱にわっしょい!!
だけどさすがにBRAHMANからあれだけ騒いでちゃガタがくるもんで。ラスト『東京』を聴きながら「一足先に出てリクライニング行こうかな…終演後じゃ人多くて席取れないかもな…あぁでも大好きな『東京』最後まで聴きたいー…うぁぁぁあぁぁ…」と、もうろうとする私の意識の中で残りたい自分と休みたい自分とが懸命に格闘しておりました。結局最後まで残ったには残ったが、戦いに必死だったのと体調の悪さで曲の記憶はあまりなかった…。無意味。
 
リクライニングエリア&飲食ブース
3日間の利用の中でおそらく一番混んでいた時間帯のリクライニングエリア。どうにか空きを見つけ倒れ込む。
しかし私が求めてる休息はこんな狭い椅子の上では到底得られず。寒い寒いダルイダルイ狭い狭い…で結局落ち着かなかった。
その後激混みの飲食ブースで食事&薬摂取。リクライニングに戻っても寒いだけなのでその場でじっとして体力回復をはかる。嗚呼、フェス時はいつも使ってるアカシアタオル持ってくるんだった…と、しても無駄な後悔をしながら。あれ、デカイから冬場は暖かく、夏場は日焼け防げる便利グマ 
 
TERIYAKI BOYS [EARTH STAGE]
薬飲んで再び復活。本来ならばロストを観に行く予定の時間だが、はるばるGALAXYまで出向いてまた戻ってくる気力までは復活してないので最終目的地のEARTHに居座る事に。で、テリヤキも途中から観てみる。
メンバー紹介の時、紅白終わりのVERBALが「紅白見てた人ー?!」って聞いてたがさすがにそれはいないだろう(笑)
曲は全然知らないけど動き真似て踊ってるだけでやっぱり楽しいわー。
 
BEAT CRUSADERS [EARTH STAGE]
テリヤキ終了と同時にモッシュエリアに大量の人が。自分もちゃっかり混じってみる。さり気にいい位置キープしてみる。
最後のレミオロメンまで体力残しておきたいと思いつつ結局はっちゃけました。あの観衆の中にいて落ち着いていろって方が無理なんだよ。
途中のMCでしきりに「2005年もあと少しで終わるねー」と年が明けてない事を主張し、「しまった!カウントダウンしてない!」とよくわからない流れのまま2度目の2005→2006年越し。やりたい放題だ。
カトウ氏に容赦なく突っ込むクボタ氏がなんとなくカッコいいなーと思いました(なんとなくね)。そういえばメンバーの素顔見たのは初めてのはずなのにそんな気がしなかったのは何故だろう。どこかでお会いしました?
とにもかくにも常にヒートアップ状態なステージ。ヒートアップしすぎて「このまま終わらせねーぞ!レミオロメン観せねーぞ!1月3日までやってやる!」と言い出すヒダカ氏。私も他のオーディエンスと一緒になって「イエー!」と応えてみたがさすがにレミオロメン観れないとちょっと困るな。
 
レミオロメン [EARTH STAGE]
いよいよ迎えうつ大トリ!…しかしヒダカ氏に「次はレミオロメン!」と紹介され出番直前になってもその状況を完全に飲み込めてない奴がここにひとり。04年初日のトリを務めた時も同じ思いだったかもしれないが、03年04年はともかく(?)2005年の彼らの活躍ぶりは誰もが認めるところで、大トリだって適役だろう。だけど、夢中で駆け抜けた3日間を締めくくるのが自分の好きなアーティストというそんな最高のシナリオも、苦境には慣れていても楽境に慣れていない自分にとっては現実味がないんです。こんなウマイ話があっていいのか!?って。あと自分の中でレミオロメンの在る位置が未だに掴めないのもある。デカくなったとも感じるし、他と比べちゃまだまだとも感じるし…。そんなよくわからない事をボヤ~っと考えてる間にレミオロメン登場。
新しい年を迎えたからかしら、SEが『春夏秋冬』から別のものに変わっていた。(04年はLED ZEPPELIN、05年は『春夏秋冬』…1年周期?)『春夏秋冬』もいいけど、個人的にはのっけからガッツンガッツンいくのが好きなのでSEチェンジは結構嬉しい。何の曲かは全くわからなかったけど…(苦笑)
盛り上がってはいくがなるべく声は出さないようにしよう(この時一番辛かったのは喉の痛み)…とライブ前に決めたのにも関わらず、1曲目から『雨上がり』で、しかもサビで「カモンッ!!」「センキュー!!!」って亮太君に言われちゃよぉー条件反射でこっちも「イエー!!」って出ちゃうわな。で、直後に「しまった…痛ぇー」となる訳です。まったくもう「センキュー!!!」ってカッコ良過ぎだっての。おかげで喉が一気にやられたよ。何だかフェスだとワンマンとか他のイベントよりもそういうロック的男前度が上がっているような気がしないでもない。そんな事ない?
『春景色』は2004年末のこの会場で初めて聴いたんだっけなぁ。で、一気に虜になった曲。その後1年間で色んな場所でも聴いたけど私の中では『春景色』=COUNTDOWN JAPANのイメージが未だに抜けない。そんな訳でまたここでこの曲を聴けたのが嬉しくて仕方なかった。
MCはというと 
 神宮司「改めまして、明けましておめでとうございまーす!」
マイペース新年挨拶もあり…
 前田「カラスはそろそろ起きだす時間帯だよね」
カラスもあり…
 藤巻「今はアルバムのレコーディングしてます」
アルバムもあり…な、いつもと変わらずのまったり具合。今年もアルバム出してくれるのかなー。
「ハッピーな曲を…」って事で登場『南風』。この時点で2006年を迎えて早5時間くらい経っているが、正直言うとこの『南風』のサビで手を振っている瞬間になってようやく「新年なんだな」と実感した自分。とにかく鈍い私でさえも一気にハッピーモードへ誘うこの曲のパワーはやっぱり底知れないわ。新しい年の幕開けに相応しい名曲だ。
そして『3月9日』。相変わらずの心打つ演奏だったけど個人的に視界を左右に横切る無数の手に気持ちが…ムム。まぁフェスだし、深く考えるのは止めとくか。
ラストはこれしかない…『粉雪』。テレビやラジオ、自分のiPodや車の中でも何度も何度も聴いて耳慣れたあのイントロが巨大ステージに響きだす。その瞬間から早くも自分の中に溢れる何かが。そしてサビになり、“粉雪”というタイトルのやわらかさとは裏腹にビリビリと体を震えさせる程に圧倒的で超絶した歌声。前回河口湖の時もそうだったが、「なんでこんなにも響くんだ。なんでこんなにも力強いんだ…」とそんな考えばかりが頭を巡ってしまう。正直、この曲での亮太君の歌声は今の私の思量では到底届かないところまで達している。
 
 
1日目の粉雪『粉雪』の音が消え(関係ないけどメッセ内では全日通して粉雪が舞っていた⇒)、メンバーがステージを去り、スクリーンの“ひたちなかで会いましょう”の文字を見た瞬間、私の頭に浮かんだのは「生き延びたぁーー!!」という言葉。怒涛の3日間を終えて、最初の感想がソレって確かにどうかと自分でも思う…。でも最終日の私の頭の中は終始“どうやって無事帰還するか”だったから間違ってはいないハズ(笑)

 

 
全日参加して思った… 
楽しんだもん勝ち
普段だと様子見をしがちな自分だが、そんなん気にしてちゃつまらん!
弾けてた方が断然楽しいわ。
あの場だとみんな常にテンション高すぎて、むしろそれが普通かも。
周囲も気遣う
のどベールかといって周りを全然見てない自己中心的な楽しみ方も困るからね。
アフターケアも大事
前日の筋肉痛を引きずらない。帰ったら即風呂→冷却。
ちょっとした異変でもすぐ対処。じゃないと後々大変な事になるかも。
今回の私のように…。3日目は薬の効用がライブの時間にちょうど発揮できたのが幸いしました。あとはこまめに使用していたのどスプレー。これ無かったら死んでた。
 
他にも、某アクトのステージ中、後ろのお客さんがボソッと言っていた言葉など、ライブについて色々考える良い機会にもなったと思う。
後半風邪で辛かったのを差し引いても、非常に内容濃く充実した3日間でした。
 

最後に…
独断 The best of 3days
Enjoy!! ⇒  フジファブリック / THE BACK HORN
楽しいライブは3日目にも沢山あったけど体調面でどうしても1日目には劣るんだよなー。
1日目のフジとバクホンは無我夢中で楽しすぎた。
 
Impression!! ⇒ BRAHMAN
本当に観れると思ってなかったから。数年前の自分には信じられないだろう。
 
Happy!! ⇒ 『南風』
南風マジックに毎回かかっています。幸せを噛み締める瞬間。
 
Laughing!! ⇒ ハヤシヒロユキ
笑いすぎて声枯れた。
 
Sing!! ⇒ ハヤシヒロユキ
熱唱しすぎて声枯れた。
 
Megane!! ⇒ ハヤシヒロユキ
たとえ風邪の原因だろうともこのメガネに夢中。
 
全てが終わったあと
See you next summer.




 
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2006.01.15.Sun
01:25
 shiro
キチさんこんばんは~♪明けましておめでとうございます。今年もどうぞどうぞよろしくです!

フジファブリックは今思い出しても興奮しますねー。
あっ、歌詞すっ飛ばしは『虹』で合ってたんですね。記憶違いじゃなくてよかった~i-203
志村君は歌詞飛ばすと素で本気で驚いてるので面白いです(笑)
ワンマンだと加藤さんの小噺が聞けます。機会があればワンマンも是非っ!

「カモンッ!!」「センキュー!!!」はこれまた思い出すだけで軽く興奮します…(笑)
なんかもうカッコよすぎて「くそうっ!」って思ってしまう程でした、あれは。
26歳の亮太君は更にあのロック&漢前っぷりに磨きがかかるといいですね~i-189

そういえば私も踊る事の楽しさを知ったのは一昨年のRIJFでのスカパラだったんですよ!
スカの魔力というか、音楽の魔力は凄いな…とその時しみじみ実感しました。
で、今回も谷中さんの「戦うように踊れ!」の言葉通り一心不乱に踊ってきました。
踊り方云々じゃなくて、ただ体動かしてるだけで楽しいですからね!

フェス終了後は各アーティストのライブ動員数は確実に増えるんでしょうね~。
私達のような人がきっといっぱいいるはずだから(笑)

>あの夢の三日間思い出してかなり楽しくなってきました...
わー嬉しいお言葉を…!頑張って書いた甲斐がありましたー。
こちらこそ長いレポを読んでくださってありがとうございます!
  edit
2006.01.13.Fri
19:40
 キチ
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!
三日間のレポ読ませて頂きました。フジファブリック!すごかったですね!!
あのライブが初生フジファブだったので,・・・もう虜です(笑)
歌詞すっとばしたの虹ですよね~。なんか「あっ」って感じの顔してましたねv-398
次はぜひワンマンでフジファブリックワールドを満喫したいです。
そうそう会場寒かった!そしてなぜか粉雪舞ってた!(笑)shiroさんのレポ読みながらあの夢の三日間思い出してかなり楽しくなってきました(笑)カマドウマとくるりをあの近さで見たら,なんか今頃になってくるり聞き込むようになりました。かっこよかったな~。
大トリレミオロメンも最高によかったですねe-60「カモンッ!!」「センキュー!!!」なんて言ってたんですか!?知らなかったー。ロックですね!そんなこと言ってたなんて26歳になったあの方はロックですね!
「楽しんだもん勝ち」&「周囲も気遣う」←かなり分かります!初フェスで一日目は周り気にしてたんですが,スカパラから姉が「踊るぞ!こりゃ明日も踊るぞ!」って。二日目から最高にテンション高くなって三日目は寝てないのに楽しすぎて大変でした。
もーあれからライブに行きたくて行きたくてしょうがないですv-534
最高のレポありがとうございました!

  edit
2006.01.11.Wed
23:33
 shiro
ユウヒさんこんばんは~♪
2日目までは絶好調だったのですが、最後にきて「やっちゃった~…」という感じです(苦笑)
正直情けなーい…メソリi-202

にしても、本当に彼のパフォーマンス(もはやDJではない 笑)は秀逸っす!!
私も半分ぐらいは知らない曲だったんですけど、それでも楽しめますもんねー。
で、ここ数日も、iPodで曲を聴いていてその曲に管楽器の音が入っていようなら
あのエア管楽器(笑)が浮かんでしょうがないのですよ!
メガネレス姿、床に座って歌う姿、胸をまさぐる姿、フミちゃんにビンタされる姿…
色々思い出されますね。

わーいわーい!こんなレポでもお役にたてれば嬉しいです。
でも本当のことろ、ライブの感想もフェス終了から1週間の間に咳や寝汗と共に一部は排出してしまったように思うのです。
本来ならもう少し内容濃くなってたのかな…!?
なにはともあれ今年もよろしくお願いいたします!
  edit
2006.01.10.Tue
20:04
 ユウヒ
shiroさん、お疲れ様です。
ふわぁー、スゴイなぁ・・・。グッと力が入りますね。
体調、悪かったのですね。3日間、よく乗り越えましたねぇ。

ハヤシくんDJ(DJ、なのか?)は、笑ってしまいますね!
踊ってるのか歌ってるのか音に乗ってるのか笑ってるのか、
自分が何をしてるのか分からなくなるくらい楽しいです!
曲については、知っているような全然知らないような(笑)
彼独特の選曲ですよねぇー。ふははっ。←思い出し笑い。
アノ変な踊りも、夢に出てきそうで。(途中、何故か眼鏡を置きましたよね。)
一人エア楽器大会も、素晴らしかった!うははははっ。

あー、shiroさんのレポ見て、幸せを少し思い出せたわ。
アリガトウ!今年も、良い音とともに。よろしくお願いします!
  edit
2006.01.10.Tue
18:18
 shiro
ともさんこんばんは~。
and 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします♪

体調の方もなんとか平常通りの運転になってきました(笑)
思ったより長引いてしまいましたが…;
そしてこれまた長いレポも読んでもらえて感謝です!
ハヤシはいいっすよぉi-189汗と笑いとメガネの最高のステージです!
現在も瞳を閉じればハヤシの当て振りパフォーマンスが浮かんできます(笑)
最近はロキノンのフェス以外でもDJ業をやってるみたいなので機会があれば是非!是非!
  edit
2006.01.10.Tue
16:12
 とも
遅れましたがあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

お風邪のほうはもう大丈夫ですか?「生き延びたぁーー!!」という
言葉に思わず拍手してしまいましたよ(笑)
レポ、楽しく読ませてもらいました!!いいっすねえ、やっぱりフェスは。
レポを読んでいて1番気になったのはハヤシ氏です!
笑わせて楽しませてナイスメガネで・・・(笑)。とても観たくなりました。
いつか観られる機会が来るといいです♪
  edit

TRACKBACK

COUNTDOWN JAPAN 05/06 【3/3】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/545-43655c19