CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2006.04.01.Sat
00:43
 shiro
こちらにもコメントありがとうございます♪
“ナイーブで足がくさい”
まとめるとそうなりますね、啓介君。どんな人だ(笑)
この日は近距離で堪能させていただきました~。
でもね、頭の中が「二の腕…」とかばっかりになっちゃうのも如何なものかと思うのですよ(笑)
たま~にこうやって間近で楽しんで、普段はほどほどの位置がいいですわーi-229
(しかしその辺も上手く出来てて、実際たまにしか良いチケットは巡ってこないんですけどね)

メンバー紹介、このツアーでは事前に決めて組み込まれてものなんですね。
初めてレミオロメンを見る人もいるだろうから、という配慮なんでしょうか。
そして『ビールとプリン』……んーー。
“静かな雰囲気” = “私の声をメンバーに届けるチャンス!”ではないんだよ、と理解してほしいなー;
数千人集まれば数千通りの価値観・楽しみ方がある訳で、全員が全員「100%大満足!」というライブにするのも現実ではかなり難しいはず。
>みんなが楽しめるようもっと良い感じに私たちが作り上げたいですよね
でもまずはそういった考えが多くの人に浸透すればいいな、と私も思います。

SPECIAL LIVEと銘打つからには何かしらスペシャルな事があってほしいですi-239
あぁ色々考えてたら緊張してきた…(笑)
  edit
2006.03.31.Fri
23:22
 キチ
レポ読ませて頂きました。
MC面白いですね!片方靴下履いてないにはやられました(笑)
言われなきゃわかんないですよねー。
前田さんはナイーブで足がくさいのか!ほー(笑)あ,銀髪の謎もこれから解かなければ!
shiroさんの席はかなり近かったんですね!うらやましいです。
近いが故にドクロが見えたり,二の腕だったり・・・いいなぁ~(笑)

私もいきなり,メンバー紹介しますって言われて苦し紛れか!?とか思ってました。
神奈川でもビールとプリンの時声が・・・。
演奏が止まってしまったりはなかったんですが。
人それぞれ楽しみ方があるけど,みんなが楽しめるようもっと良い感じに私たちもレミオに協力して作り上げたいですi-265

曲順は全く一緒でした。
山梨ではなにかスペシャルな事をやってくれるといいですね♪
長々と失礼しましたi-202
  edit
2006.02.27.Mon
17:59
 shiro
他のSOLメルマガは普通なのにレミオロメンだけダジャレなんですよね。
でも実をいうと最初は“レミオロメーン”に見えてました。
“メーン”じゃちょっと拍子抜けしますね(笑)
  edit
2006.02.27.Mon
00:04
 茄茄
わぁそうだったんですかぁ!!!
私は「レミオロメール」には気付きませんでした笑♪
28日ってもうすぐですが、ホント楽しみですね☆
  edit
2006.02.25.Sat
22:35
 shiro
MUSIC VILLEGEの登録だけしてたのですが、私も昨夜のメールで
レミオメルマガ開始を知って急遽SOLの方も登録しました~。
現金なやつです…i-278
で、ひとまず「レミオロメールってダジャレかよ!」と突っ込みました(笑)
28日が楽しみですね~。
  edit
2006.02.25.Sat
11:09
 茄茄
shiroさん、お返事ありがとうございました!!!
あの、またまた突然なのですが…shiroさん&叶さんはTOKYO-FMの会員登録されてますか???
もししていたら、SOLのレミオロメンメルマガ配布が決定したようなので
ぜひ登録してみてください♪

ではでは…☆
  edit
2006.02.24.Fri
22:17
 shiro
::::叶さん::::
あれっあの人偽者だったんですか!!?
最後はちょっと見れなかったのだけど、偽者だったとは。
てっきり私は1番の人かと思ってたのにな~。騙された!

金子君、もの凄い反応してましたよね~!
以前司会をしてた“ゴゴイチ!”に『雨上がり』の頃からレミオも出てたから
金子君としては「みんな知ってるよ!」という心境なのかな~、と思いながら見てました(笑)


::::茄茄さん::::
いやーなんでかね、ちょっとしんみり…(苦笑)
同じような事を感じてる人がいるんだなぁと思ったら
ついつい自分も心に留めていたものがバーッと出てしまってi-229
だけどこんな事でへこたれてちゃいけない!
私もこれからも変わらず応援していきますよーi-203

書き込みも是非またどうぞ~。お待ちしてます♪
  edit
2006.02.24.Fri
00:56
 茄茄
shiroさんへ
こんばんわ♪
お返事ありがとうございます!!!
なんかホントしんみりな話になってしまってましたね…苦笑
でもでも(??)これからも頑張って応援していきます!!!
はいっ笑♪
また遊びに来るのでまたお話してください(^H^)♪

叶さんへ
日テレの番組ギリギリで見れました!!!
でも③番の方が女優さんでしたね笑♪
まことに一方的ですが、ありがとうございました!!!
  edit
2006.02.24.Fri
00:50
 叶
ものすごく普通でしたね・・・。
ちょっと期待していたのにe-263
しかも偽者とは!(泣)

金子君のレミオ好きがわかったのが収穫でした(笑)
  edit
2006.02.23.Thu
23:19
 shiro
::::茄茄さん::::
はじめまして!
何度もご覧になってくれてたんですね♪ありがとうございます!

『ビールとプリン」や『電話』での出来事は「まったくもうi-203」というより、ただ「何か残念だなぁ…」っていう感じなんですよね。
でも悪口を書く、これはさすがに腹立たしいです。
実は私もこのレポを書く際の参考としてセットリストをweb上で探してた時に、同じNHKだったかその前の大阪だったかのレポで、悪口というかそれに近い言葉をチラッと見てしまって…。
この時ばかりは本当に茄茄さん同様「どういうファンなんだ!?」と思いました。
『粉雪』がヒットしたからこうなった、と絶対結びつくとも言いがたいけど
ただやっぱり、そういった考えを持つ人がいるというのはちょっと悲しいですね。

…なんだがしんみりしてしまいましたが、また是非遊びにきてやってくださいi-201


::::叶さん::::
こんばんは~。
うん、そうですね。ちょっと残念…。
でも「意外と気にしてるのは自分くらいなのかー?」と思ってきたら、「まぁしょうがないか」という気にもなってきました(苦笑)
“見る”という点ではかなり良かったです!
最初に1階の最後方の入り口から入ったけど、その位置からでもステージは思ってたより近く感じました。
 
日テレの番組!?全然知らなかったー。ありがとうございます。
かるーく調べてみたけど、今日の番組のテーマが音楽プロモーターで
その裏話としてレミオロメンも出るんでしょうか。裏話…気になる。
  edit
2006.02.23.Thu
22:40
 叶
途中残念なこともあったみたいですが蜃気楼も聴けて、間近!で見れてよかったですね~。
あんな大きいホールだと距離ありそうだけどそうでもなかったんですね。

全部で20曲とはすごい内容が濃い!

あ、本日(23日)というか24日?の日テレの0:20分からの番組にレミオが出るそうです!
  edit
2006.02.23.Thu
13:30
 茄茄
初めまして!!勝手に何度も拝見させていただいてました♪
さっそくなのですが、私もNHKホール参戦してきました!!
私は16日の方だったのですが、ファンの歓声(??)で演奏が止まっちゃうなんて…なんか悲しいですね↓↓

粉雪ブームでファン層が広くなったのは、悪いことではないと思うのですが…
いろんなファンサイトができたみたいで、中には
(レミオロメンのファンなのに)前田さんの悪口みたいなことが書いてあったり…
藤巻さんが結婚しちゃイヤだとか…
そういう人たちはどういうファンなのかとか考えて、勝手に悲しくなってしまいました↓↓

ってなんか何が言いたいのかわからない内容になってゴメンなさい!
(もし不適切なところがありましたら削除してください!!)
とにかくレポありがとうございました♪
  edit

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/592-2832ff9c

レミオロメン TOUR 2006 “UNDER THE SUN” 02.15

21:10 | ライブレポート | cm:12 | tb:0 | edit

レミオロメン TOUR 2006 “UNDER THE SUN” @ NHKホール 2006.02.15
 
パンフレット最近レミオロメンのライブの時になると体調が悪かったり色々アクシデントに見舞われているような気がする。
etherツアーの時はロッカーのカギを落とし、JAPAN CIRCUITの時は具合が若干悪く、COUNTDOWN JAPANでは思いっきり風邪っぴき状態。
で、今回もまず朝は頭痛⇒出かける前に薬飲んでなんとか。
日中は腹痛⇒薬&toiletでなんとか。
toilet後に体力著しく低下・吐き気⇒軽く腹を満たしてなんとか。
とにかく一日中なんとかかんとかやってきたお陰で、NHKホールに着く頃には体調も回復したんでよかったけど。
なんでだろうなー。
 
以下からネタバレ有り



ライブハウス→ホールという会場の変化によってか、小さいお子さんもチラホラ見掛けた。また以前より女の人の方の割合が多くなってる。今までは“意外と男性客も多いレミオロメン”って認識だったんだけどね自分の中では。
開場、グッズ購入、ちょっと腹ヘリ…どうするか。と思ってたらロビー奥に“軽食”という案内が。こんな所にあるのか?と行ってみれば本当にロビー突き当たりの左のだだっ広いスペース奥にちょこんと売店が。でも何か不思議な光景。RPGで「こんな所になんでこんな店が!?」というのをダンジョン探検中に見つけた気分。でもNHKホールは今回でまだ2回目だし知らない事の方が多いわな。
軽食後、ようやくホール内へ。ステージ上には“UNDER THE SUN”と書かれた幕が下がっている。19時を10分押して開演。
 
幕の裏にライトが点り映し出される3人のシルエット。そして『雨上がり』のイントロがきたー!!ドラムインのタイミングで幕がストンッと落ち、目の前にレミオロメン登場!そりゃもう会場内は大歓声。
ちなみに今回のお席は驚異のP席、ステージ前のオーケストラピット席(亮太君側)。始まる前は「いくらPでもハコで観た方が近いよな~」なんて思っていた。が、実際にメンバーが登場してみたら、やっぱりというか、かなり視界良好。ハコで最前近くの場合下から見上げるようになるが、NHKホールはステージが低い分メンバーの目の高さと自分の目の高さもあまり差が無く、つま先から頭のてっぺんまで見渡せた(って、これはどの位置からもそうか?)ともかく近くてスッキリ見渡せる好ポジション。先日のバンプ@幕張のように、オールスタンディングである程度の距離から観るならステージは高い方がいいけど、ホールなら低い方がいいかもね。
そしてオープニングが『雨上がり』だった訳ですが。しっとり始まるよりこうやってドカーンとした幕開けの方が俄然テンション上がるわー。亮太君もステージ淵まで出て来て大興奮。
  
『コスモス』終了後にこの日最初のMC====
亮太君が“NHKホールは今ツアーの中でも最高キャパ数”と伝えようとするが、最高→最強とミステイク。でも個人的には“最強”って言われた方が嬉しいよ。この日の客は最強の客!
 
『春夏秋冬』「♪瞬きの間に世界の引力を変えてしまった」から「♪春は~」に入るまでの僅かな間に目を細めて穏やかに微笑む亮太君が印象的だった。
 
『深呼吸』改めてじっくり耳を傾けると良い曲だよな~と今更思ってみたり。ステージバックの星空が可愛い。
 
ここのところ2曲でワンセットが定番になっている気がする『ドッグイヤー』&『コスモス』。そしてMCを挟んで『春夏秋冬』『永遠と一瞬』『深呼吸』…と、序盤はアルバム『ether』ワールド。
 
わわわっ!このイントロ!『午後の低気圧』だ!ライブでは初聴きな為に軽く興奮状態。荘重な音の渦に惹きこまれる。更に自分はメロ部分での啓介君のチョッパーに釘付け。カッコいい~!この時はほとんど啓介君の方ばかり見てた。
 
『午後の~』が終わって次の曲。亮太君のギターからゆっくりと音が…あっこの音は『ビールとプリン』!と私が思うと同時に客席からメンバーを呼ぶ声が飛び亮太君の手が止まる。あ゛ー。まぁ啓介君もまだ水を飲んでたりして始まる雰囲気じゃなかったけど…。
 
『海のバラッド』の後のMC====
ライブ当日、2月15日の東京は4月並の暖かさ。亮太君も「小春日和ですね」と。“暖かい=花粉も飛ぶ”その為花粉症の自分はチト辛い…、続けてそんな話を治君がしようとするが、すかさず啓介君が「小春日和だね」とシャットアウト。治には話させねぇぞ、と(笑)そんな前田さんはスピード違反で免停だそうですよ(苦笑)
 前 田「いやでも自転車だから」
  客 「はははー」
 藤 巻「ちょっとショックでキレが悪いね(苦笑)」
そう、ああ見えて実は結構ナイーブなんだよね啓介君は。そしてまた話はこの日の陽気へ戻る。
 藤 巻「今日はいつもより皆ちょっと薄着なのかな?」
 神宮司「一枚脱いできたりね」
 前 田「俺も今日は一枚脱いでるよ」
あっそうなの?
 前 田「靴下片方はいてない」
わかんないよ(笑)…と、ここで亮太君が何かを思い出したようで。
 藤 巻「そうそう。昔、今のレミオロメンになる前にバンド組んでて。“オサムさんバンド”って名前で…」
いつぞやの“音楽と人”で私を大層笑わしてくれたレミオロメンの前身の“オサムさんバンド”の話が!当時のライブでの啓介君はステージ上で裸足で演奏していたそうで。で、ライブを終えてメンバー宅へ戻って皆でこたつに入ってるとこたつの中からナニか臭う!と。一汗かいたライブ後の啓介君の足が臭う!と(笑)
 前 田「一年に一回しか風呂入らないから」
  客  「えーー」
 神宮司「普通嘘だってわかるでしょ!?」
うん、これはわかる。裸足でライブやる人結構いるけど、皆さん啓介君と同じ状態だったりするのだろうか…?ちゃんとケアすればいいのか??
そんな具合にここでのMCは、小春日和⇒花粉症⇒免停⇒小春日和⇒靴下⇒オサムさんバンド…と話がどんどんと転変していくのが面白かった。
 
コロコロと話題が変わるMCを経て、ようやく曲へ。「暖かい」「暖かい」と散々口にしていたので、やっぱり次はアノ春めいた曲か?と思いきや、始まったのは『蒼の世界』。秋じゃん!!!…と、あの会場で一体何人思った事か(笑)
 
治君が僅かにカラダを左に向ける。そして二つのパッドから轟く電子音。待ってました!!『五月雨』!!その嬉しい気持ちを思いっきり込めて跳ねる!気づけばマイク位置から歩み出てきた亮太君が目の前でギターをかき鳴らしている。うっひゃ~い!!更にテンションは上がる↑↑
また全体を通して啓介君はステージ上をあちらこちらと動きまわる。でもほら、そろそろ出番ですよ!見せ場ですよ!マイクに戻って!…なんて要らぬ心配もしたり。いや、ちゃんと間に合ってたけどね、「アーーーー!!」の雄叫び。
やっぱりこの曲はライブに欠かせないよなー。CDJの時はやらなかったからちょっと寂しかったんだ。
 
『春景色』イントロの亮太君の「イエイッ!」がいつもより控えめでちょっと拍子抜け。あら?
 
『蒼の世界』『五月雨』『春景色』とここまでの3曲のお陰で、さすがにもう口の中渇きまくり。喉カラカラですよ。しかしそんな事にはお構いなしにすぐさま次の曲のイントロが。ズズテンズズテン…あっこの曲なら大丈夫!ていうか今しかない!…プハ~。ようやく乾きを潤せた~。『モラトリアム』の亮太君のギターチューニングに感謝(笑)
 
『電話』薄暗いステージから重いドラムの音が響きだす。あぁぁ。相変わらず大好きな曲なのでこの音を聴いただけで胸が締め付けられてしまうわ。
しかしイントロが既に鳴り出しているこの段階でもまたもやメンバーの名前が後方から飛んでくる。この時は中断せずそのまま演奏続いたけど…んーーちょっと…モゴモゴ
 
『電話』のギター・ドラム・ベースの音が止んでも、ただ一つ微かな音で鳴り続けるキーボード。この雰囲気…来るんだろうか。ゴクリと息を呑む。弦に添えられた亮太君の右手が動く。『粉雪』。前回(CDJ)同様イントロのギターの音が響いた時点で自分の中では第一波が。で、サビを迎えて第二波。くぅっ…。
2番のサビに入りステージ後ろには人口雪が舞いだした。そして間奏になるとステージ前方&客席側にも雪が降り、より一層曲を盛り上げる。…んだけど、ちょっとこれ降り過ぎじゃないか?視界が、視界が…(笑)雪そのものも大きくて粉雪というよりボタ雪だし。あぁ亮太君の頭にもだいぶ積もって。前のお客さんの頭も積もってる。恐らく自分の頭の上も積もってたんでしょう(笑)河口湖の時も前の方のお客さんはこんな状態だったのかな。
 
突如として亮太君が「メンバー紹介します」と。今までメンバー紹介なんてやってなかったもんだから、勝手に「なんかボケてくれるんだろうか」なんて期待しちゃった自分。すみません。実際は至極まともなメンバー紹介でした。で、本編ラストは『3月9日』。しっとり。
 
「ありがとー!」なんて言いながらメンバーがステージ裏へ戻っていく。あ、亮太君のTシャツのバックプリントがさり気なくドクロだ。おやおやまぁまぁ。
 
アンコール登場待ち。
 「まだやってない曲ってなに?」
 「『太陽の下』『蜃気楼』に『アカシア』とか。『蜃気楼』は“アカシアツアー”で聴いたやつ」
 「『アカシア』ってどんな曲だっけ?」 えっ!?
 「あと『日めくりカレンダー』はいつもアンコールでやるよね」
 「あれ聴きたいなー『日曜日』」
 「あーっ最近やってないねー。ていうか『すきま風』も聴いてない!」
勝手に希望曲を挙げてみてました。
 
ENCORE
ニッコニコな治君先頭にメンバー再登場。亮太君と治君は最前のお客さんとタッチ。
また、各階毎にコール&レスポンス。
 「3階!!」
 3階客「わーー!!」
 「2階!!」
 2階客「わーー!!」 
 「1階!!」
 1階客「わーー!!」
 神宮司「フハハ!すげー面白い!!…2階!!」
 2階客「わーー!!」
治君に遊ばれてるなウチら。
 
さぁアンコールは何だろう、と思っていたら1曲目は『No border』!
「「この曲の事忘れてた(笑)!!」」
 
 藤 巻「今度出るシングルに収録されてる曲です」
わーお待ちかねの『蜃気楼』が!!やった、やった、やっとの再会!嬉しくて始まる前からピョンピョン跳んでしまってた。あーやっぱり楽しくて好きだなーこの曲は。そういえば自分、以前この曲について「夏っぽい感じがする」って言ってたけど、歌詞に「♪夏の蜃気楼」ってあるんだからそりゃ夏だよ。“っぽい”とかじゃなくて夏だ。うん。しかしまたしても現時点でメロディ忘れてます。帰りの電車内で既に「あれ?」となっていた(苦笑)大人しく3月1日を待とう…。
 
最後はやはりツアータイトルでもある『太陽の下』。亮太君はPV同様アコギで。イントロの皆川さんのピアノが凄く綺麗でうっとり…。ほわ~と聞き惚れる。
 
全曲終了し皆川さんを含めたメンバーがステージ前方に。啓介君がステージ前にいたカメラマンさんからビデオカメラを借りて目の前のお客さんを撮影。自分達の方にも向けてくれたのでとっさにピース。あとから「今の物凄いアホな顔だったんだろうな…」と気づいて青ざめる。ひぃー…。い、一体何処で使うんでしょうか??(今のところ見てないけど)
全員が揃って手を繋いでバンザーイ…の前に治君はタオルを勢いつけて客席に投げる。結構飛んだー、けどその弾みで治君はこけたー(笑)気を取り直し、4人で繋いだ手を掲げる。亮太君や啓介君、皆川さんはそのまま手を振ってステージを去るが、治君だけは更にステージ中央でピョコピョコ跳ねながらくるくる回っている。そのまま自分達の前(ステージ上手)に来た治君、着ていたグッズのパーカーを脱ぐ…これまた投げるのか!?と自分を含め周囲のお客さん大興奮。しかしまた着てしまう。フェイントか(笑)脱ぐ 「わーー!!」⇒着る 「わーー!!」⇒脱ぐ 「わーー!!」⇒着る 「わーー!!」…しばらくこんな事繰り返してました。やっぱりこの日は治君に遊ばれていたような気がしてならないよ…。結局パーカーは最前のお客さんにポンッと渡してました。
それにしても、投⇒転⇒跳&回⇒脱&着というこの一連の治君はあれだね。いやホント…可愛かった(笑)でも目の前であの笑顔で跳ね回られたらもう、しょうがないよ。うん、しょうがない(自分に言い聞かせる)今回はステージが低い分表情が捉えやすいのもあっていつも以上に笑顔が眩しかったのです。
 
たぶん…な
≪セットリスト≫
01.雨上がり
02.ドッグイヤー
03.コスモス
04.春夏秋冬
05.永遠と一瞬
06.深呼吸
07.午後の低気圧
08.ビールとプリン  
09.海のバラッド
10.蒼の世界
11.五月雨
12.春景色
13.モラトリアム
14.南風
15.電話
16.粉雪
17.3月9日
 
<ENCORE>
01.No Border
02.蜃気楼
03.太陽の下
 



今回は『ビールとプリン』や『電話』でのあれがちょっと残念かなーと思ってしまう点でした。終盤のMCでも亮太君が「レ、ミオロメン…」とつっかえ治君に「バンド名噛んじゃったよ(笑)!」と突っ込まれる場面があったけど、それも喋ろうとした瞬間に突如名前を呼ばれビクッとしてつっかえた訳だし。後方の客席からだとステージの様子が捉えられにくいのもあるのでしょうが、もうちょっとタイミングを考えてーと思った。
 
そんな偉そうな事言ってますが、前にもどっかでチロッと書いたけど自分はライブでメンバーとの距離が近い場合、感想が“聴”より“視”に偏りがちになってしまうようでスミマセン。
「亮太君の身長170超えてるかと思ってたけど、こうやって見ると大して自分と変わらないなー。最初からわかってるならいいけど“実は思ってた程じゃない”となると結構ショックかもー」
「…に、二の腕」
とか考えててスミマセン(苦笑)
幸いあと2公演あるので、そっちではもうちょっとマシな感想になればいいなぁ、と。
(明らかにこの日の席より遠いし)
しかしあの笑顔は眩しかったな~。『蜃気楼』良かったな~。あぁ『蜃気楼』…。(デジャビュ
 
そういえばレミオロメンはツアー中あまりセットリストは変えないんだっけ?
どうせなら様々な曲目を楽しみたいなー…とも。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2006.04.01.Sat
00:43
 shiro
こちらにもコメントありがとうございます♪
“ナイーブで足がくさい”
まとめるとそうなりますね、啓介君。どんな人だ(笑)
この日は近距離で堪能させていただきました~。
でもね、頭の中が「二の腕…」とかばっかりになっちゃうのも如何なものかと思うのですよ(笑)
たま~にこうやって間近で楽しんで、普段はほどほどの位置がいいですわーi-229
(しかしその辺も上手く出来てて、実際たまにしか良いチケットは巡ってこないんですけどね)

メンバー紹介、このツアーでは事前に決めて組み込まれてものなんですね。
初めてレミオロメンを見る人もいるだろうから、という配慮なんでしょうか。
そして『ビールとプリン』……んーー。
“静かな雰囲気” = “私の声をメンバーに届けるチャンス!”ではないんだよ、と理解してほしいなー;
数千人集まれば数千通りの価値観・楽しみ方がある訳で、全員が全員「100%大満足!」というライブにするのも現実ではかなり難しいはず。
>みんなが楽しめるようもっと良い感じに私たちが作り上げたいですよね
でもまずはそういった考えが多くの人に浸透すればいいな、と私も思います。

SPECIAL LIVEと銘打つからには何かしらスペシャルな事があってほしいですi-239
あぁ色々考えてたら緊張してきた…(笑)
  edit
2006.03.31.Fri
23:22
 キチ
レポ読ませて頂きました。
MC面白いですね!片方靴下履いてないにはやられました(笑)
言われなきゃわかんないですよねー。
前田さんはナイーブで足がくさいのか!ほー(笑)あ,銀髪の謎もこれから解かなければ!
shiroさんの席はかなり近かったんですね!うらやましいです。
近いが故にドクロが見えたり,二の腕だったり・・・いいなぁ~(笑)

私もいきなり,メンバー紹介しますって言われて苦し紛れか!?とか思ってました。
神奈川でもビールとプリンの時声が・・・。
演奏が止まってしまったりはなかったんですが。
人それぞれ楽しみ方があるけど,みんなが楽しめるようもっと良い感じに私たちもレミオに協力して作り上げたいですi-265

曲順は全く一緒でした。
山梨ではなにかスペシャルな事をやってくれるといいですね♪
長々と失礼しましたi-202
  edit
2006.02.27.Mon
17:59
 shiro
他のSOLメルマガは普通なのにレミオロメンだけダジャレなんですよね。
でも実をいうと最初は“レミオロメーン”に見えてました。
“メーン”じゃちょっと拍子抜けしますね(笑)
  edit
2006.02.27.Mon
00:04
 茄茄
わぁそうだったんですかぁ!!!
私は「レミオロメール」には気付きませんでした笑♪
28日ってもうすぐですが、ホント楽しみですね☆
  edit
2006.02.25.Sat
22:35
 shiro
MUSIC VILLEGEの登録だけしてたのですが、私も昨夜のメールで
レミオメルマガ開始を知って急遽SOLの方も登録しました~。
現金なやつです…i-278
で、ひとまず「レミオロメールってダジャレかよ!」と突っ込みました(笑)
28日が楽しみですね~。
  edit
2006.02.25.Sat
11:09
 茄茄
shiroさん、お返事ありがとうございました!!!
あの、またまた突然なのですが…shiroさん&叶さんはTOKYO-FMの会員登録されてますか???
もししていたら、SOLのレミオロメンメルマガ配布が決定したようなので
ぜひ登録してみてください♪

ではでは…☆
  edit
2006.02.24.Fri
22:17
 shiro
::::叶さん::::
あれっあの人偽者だったんですか!!?
最後はちょっと見れなかったのだけど、偽者だったとは。
てっきり私は1番の人かと思ってたのにな~。騙された!

金子君、もの凄い反応してましたよね~!
以前司会をしてた“ゴゴイチ!”に『雨上がり』の頃からレミオも出てたから
金子君としては「みんな知ってるよ!」という心境なのかな~、と思いながら見てました(笑)


::::茄茄さん::::
いやーなんでかね、ちょっとしんみり…(苦笑)
同じような事を感じてる人がいるんだなぁと思ったら
ついつい自分も心に留めていたものがバーッと出てしまってi-229
だけどこんな事でへこたれてちゃいけない!
私もこれからも変わらず応援していきますよーi-203

書き込みも是非またどうぞ~。お待ちしてます♪
  edit
2006.02.24.Fri
00:56
 茄茄
shiroさんへ
こんばんわ♪
お返事ありがとうございます!!!
なんかホントしんみりな話になってしまってましたね…苦笑
でもでも(??)これからも頑張って応援していきます!!!
はいっ笑♪
また遊びに来るのでまたお話してください(^H^)♪

叶さんへ
日テレの番組ギリギリで見れました!!!
でも③番の方が女優さんでしたね笑♪
まことに一方的ですが、ありがとうございました!!!
  edit
2006.02.24.Fri
00:50
 叶
ものすごく普通でしたね・・・。
ちょっと期待していたのにe-263
しかも偽者とは!(泣)

金子君のレミオ好きがわかったのが収穫でした(笑)
  edit
2006.02.23.Thu
23:19
 shiro
::::茄茄さん::::
はじめまして!
何度もご覧になってくれてたんですね♪ありがとうございます!

『ビールとプリン」や『電話』での出来事は「まったくもうi-203」というより、ただ「何か残念だなぁ…」っていう感じなんですよね。
でも悪口を書く、これはさすがに腹立たしいです。
実は私もこのレポを書く際の参考としてセットリストをweb上で探してた時に、同じNHKだったかその前の大阪だったかのレポで、悪口というかそれに近い言葉をチラッと見てしまって…。
この時ばかりは本当に茄茄さん同様「どういうファンなんだ!?」と思いました。
『粉雪』がヒットしたからこうなった、と絶対結びつくとも言いがたいけど
ただやっぱり、そういった考えを持つ人がいるというのはちょっと悲しいですね。

…なんだがしんみりしてしまいましたが、また是非遊びにきてやってくださいi-201


::::叶さん::::
こんばんは~。
うん、そうですね。ちょっと残念…。
でも「意外と気にしてるのは自分くらいなのかー?」と思ってきたら、「まぁしょうがないか」という気にもなってきました(苦笑)
“見る”という点ではかなり良かったです!
最初に1階の最後方の入り口から入ったけど、その位置からでもステージは思ってたより近く感じました。
 
日テレの番組!?全然知らなかったー。ありがとうございます。
かるーく調べてみたけど、今日の番組のテーマが音楽プロモーターで
その裏話としてレミオロメンも出るんでしょうか。裏話…気になる。
  edit
2006.02.23.Thu
22:40
 叶
途中残念なこともあったみたいですが蜃気楼も聴けて、間近!で見れてよかったですね~。
あんな大きいホールだと距離ありそうだけどそうでもなかったんですね。

全部で20曲とはすごい内容が濃い!

あ、本日(23日)というか24日?の日テレの0:20分からの番組にレミオが出るそうです!
  edit
2006.02.23.Thu
13:30
 茄茄
初めまして!!勝手に何度も拝見させていただいてました♪
さっそくなのですが、私もNHKホール参戦してきました!!
私は16日の方だったのですが、ファンの歓声(??)で演奏が止まっちゃうなんて…なんか悲しいですね↓↓

粉雪ブームでファン層が広くなったのは、悪いことではないと思うのですが…
いろんなファンサイトができたみたいで、中には
(レミオロメンのファンなのに)前田さんの悪口みたいなことが書いてあったり…
藤巻さんが結婚しちゃイヤだとか…
そういう人たちはどういうファンなのかとか考えて、勝手に悲しくなってしまいました↓↓

ってなんか何が言いたいのかわからない内容になってゴメンなさい!
(もし不適切なところがありましたら削除してください!!)
とにかくレポありがとうございました♪
  edit

TRACKBACK

レミオロメン TOUR 2006 “UNDER THE SUN” 02.15 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/592-2832ff9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。