FC2ブログ
CFD

レミオロメン - RADIO DI:GA 

17:42 | ラジオ・TV 文字起こし | cm:0 | tb:0 | edit

2004年 5月28日 TOKYO FM 「RADIO DI:GA」
出演-レミオロメン


レミオロメン:前田→前、神宮司→神
※この日は何故か啓介君と治君のみの出演。



神:今夜は、僕達レミオロメン。えードラムの神宮司と、えっとベースの前田さんが。
前:はい。
神:えースペシャルにお送りしていきます。
前:そうですね。
神:よろしくお願いします。
前:得意な深夜帯ですからね。この帯ですよ。
神:もうなんか、うちも珍しいよね。
前:30分くらい喋ってくれって言われたんだけど、特にないんですよねこれがまた。でもね、うん、まっツアーも始まるし。
神:そうそうそうそう。
前:5月19日には新曲…
前・神:『アカシア』もね。
神:リリースしました。
前:リリースしたばっかりで。
神:まぁ色々と話していこうじゃないかと。
前:最近忙しいの?オサムは。
神:お、俺的に?結構あれ、バ、バンド同じだよね??
前:いやいや普段普段。
神:あっ普段。休みの日とかホントねぇ何もしてないよ。
前:何もしてないって、もう何も?
神:何も。
前:呼吸のみ?
神:そうそうそう。
前:あーそうなんだー。
神:あとご飯食べて、とか。
前:あーいいねそれも。へー。
神:何だよ、オメーも何もやってないっつってんじゃん(笑)
前:俺はもうバッリバリ動いてるから。止まると死ぬから。もうマグロみたいなもん。赤身…
神:(遮って)えーと、とりあえずあの僕たちはね、5月19日にニューシングル『アカシア』をリリースしまして。でね明日、5月29日からねツアー始まります。
前:はい。
神:下北沢QUE。QLUB QUEからスタートして、全国ね津々浦々。
前:20箇所だっけ今回。
神:20箇所。
前:いいね。
神:前回の倍以上だよね。
前:そうだよね前回、9箇所か。
神:8箇所、9公演。
前:そうか。
神:もうこのツアーどういう感じにしていこっかね。
前:やっぱこれ真面目に。
神:真面目に。
前:レミオ、まぁ新しいこう扉が…開けれるような…ライブには。
神:そうだねー。前回も廻ったらやっぱちょっと見えたよね。
前:そうだねツアー終るとやっぱり見える景色は若干変わるからね。変わって大きく、色んなものが見れるようになるツアーであればいいなと。
神:そうですね。
前:あとはそのやっぱり、思い出作り?
神:思い出作りね。初めて行く所も多いもんね。
前:そうだね。どういうこう触れ合いがあるか、接触があるかって事です。
神:(笑)
前:それ重要です。
神:んっなになに、ライブ?ライブ(笑)?
前:んっ?ライブは基本、ベーシックなもので。その上にあるもので。
神:まぁそのねキャンペーンがね、個人的なキャンペーンとかね。
前:ナイトキャンペーンですね。
神:あるかも。(笑)…あるかもしれないっていう事で。えっとーこの番組では、えーそのチケットの予約が出来るんですよ。
前:何つってもこれは先行予約でしょ。
神:そうそうそうそうそう。この「RADIO DI:GA」、番組を聴いてくれてる皆様方、先行予約、電話でね…
前:(遮って)これはね、えっとー7月9日のZEPP。
神:そうそうそうそう。
前:ファイナル。
神:レミオロメンLIVE CIRCUIT 2004…
前:(遮って)本来はーあれだよね、6月6日にー…
神:ねぇねぇ被ってるから!被ってる!被りすぎ(笑)!!
前:ついてこい、ついてこい。本来は…
神:ちゃんと説明しようじゃん(笑)!!!
前:大丈夫大丈夫、俺が説明してやるから。
神:ここから読んでじゃあ(笑)! 
前:もう全国の皆に説明しようぜ、これ。レミオロメンLIVE CIRCUIT 2004 アカシア。
神:はい。
前:このファイナルが7月9日金曜日にZEPP TOKYOであるんだけど、えっと一般発売はホントは6月6日なんですが。
神:そうですね。
前:今日ですね。
神:今日。
前:これ聴いてる人は、なんと。
神:先行予約。
前:出来ちゃいます。
神:電話で先行予約したいと思います。えーと、受付電話番号なんですが。いきます、0570-063-003、0570-063-003です。で、Lコードです。Lコードは38349、38349となっております。
前:ふーーん。Lコードってなに?
神:える、えー…える、ん?(笑)
前:なにこれ。
神:ぅ…あの予約する為の大事な番号なんですよ(笑)
前:そうなんですか、わかりました(笑)
神:おい、俺に振るな(笑)ももも、もういい!これね、ツアーの最後の日、ファイナルになりますので。
前:ファイナルにね。
神:ガンガン盛り上がっていきたいと思います。
前:かなり盛り上がっているだろうね。ZEPPってだって、お台場だよ?
神:(きょとんとして)……だね。
前:(笑)困っちゃった。
神:いいよ、いい。それでは、電話予約スタート!!………という事で。
前:はい、そこですか(笑)
神:はははははっ。そそそそ、今からもう電話予約スタートしたので、じゃんじゃん。
前:じゃんじゃんきて下さい。
神:じゃんじゃんきて下さい。という事でねまず、僕たちのね曲を1曲お送りしましょうか。このね新曲の、5月19日に発売された新曲『アカシア』を聴いて下さい。


♪『アカシア』


神:TOKYO FM「RADIO DI:GA」。今夜は僕達レミオロメンがお送りしております。えー5月19日にリリースされたばかりのニューシングル『アカシア』をお送りしました。どんな感じですかこの曲は?
前:やっぱ。今まで、あれだよねツアー…この前1月にツアーやったんですけど。その時、皆がこう抱えていたものとか、辛さとか、そういうものがこう、まぁスランプみたいなものがあったじゃないですか。
神:あったねー。
前:レミオロメンってあったんですけど。それがこう、ツアーによって皆で乗り切る事が出来て。その後に出来た曲っていう、事もあって。かなり外向きなメッセージだし。
神:うん、前回のツアーで立ち直った、みたいな感じなところあるからね。
前:今回もまぁ、ツアー。さっきも言ったけど、もう始まるもんなー。
神:始まるねー。
前:どうしようかそのー。やっぱ、キャバクラとか行っちゃう(笑)?
神:(笑)前田さんはさー。
前:うん、何?
神:前田さんはあれじゃないですか。
前:何ですか?
神:行くじゃんすか。
前:もう全然行くよ。バリバリ大丈夫。もうそういう風に見られた方が楽だもん。
神:率先して行ってるよね?
前:だって知ってる?ファンレターとかあっても、俺2枚ぐらいしか来てない。それごとツアー中にバンバン…[聞き取れず]…それだけじゃなく顔って要因もあるけど、それは言うなあんまり。
神:いやいや、だいぶカッコよく…。
前:お前ぶっ殺すよ(笑)?
神:ふはははは!
前:ウチのお母さんもな…。よく、ウチのお母さんがさぁ、なんかさぁちょっとテレビとか出た時に電話掛かってきてさぁ「…ケイちゃん…ん、なんか、ん…別に言うことじゃないんだけど、ちょっと皆に比べると大っきいよね?」
神:っはははは!!いいじゃんいいじゃんいいじゃん。これでもこれでもあれだよ、小っちゃくなった方でしょ? 
前:そう、これでもまだ15キロ減だけど、最近やっぱリバウンド王としてちょっと戻ってきてるけど。
神:うっそ。
前:かーなり戻ってきたね。
神:いや、で、でも。
前:でもね、違うんだ。おっちゃんになると、暖かくなるとさ、ビール飲みたくなるの。
神:ビール控えてたでしょ?あの、無機…、たん、炭水化物?
前:バッカ、バカ。ビールはなぁ、天使の涙だからなぁ。
神:(笑)知らねーよ。
前:飲んどかんとダメだ。
神:最近あれでしょ?震えるんでしょ?ちょっと。 
前:あぁ(笑)最近ねぇ、震えてねぇ。ベース弾いてるとカラ振りとかする事があるんですよ。
神:やーべぇーよ(笑)
前:こう、ちょっと本とか読んでると、何か字揺れてるなーと思うと自分が揺れてる。ま、そこまできちゃった。 
神:でも最近、でもやめたいなーとか思ってんでしょ?お酒。
前:酒とかねーまぁそういう…まっそっち系は全部やめたいなとは思ってる。
神:でも無理でしょ。美味しいステーキか、美味しいお酒だったらお酒でしょ?
前:そうですね基本的には。
神:ダメじゃん。
前:さけ茶漬けとかって違う意味での“酒”茶漬けとか…。
神:(笑)
前:まぁまぁそんな話あるけど、ライブいくぞ!とりあえず、今日何の為に出たのかお前ちょっと説明しろ。
神:今日、今日あれだよね、うちら二人でね、ちょっとスペシャルな感じで進めてるのもね、これを言う為に。
前:わかったから早く説明しろ(笑)
神:今夜ね、僕達のLIVE CIRCUITのZEPP TOKYOの先行予約を、先行電話予約を受け付けて、おるんですよ今。えっとー、じゃもう一回説明しておきましょうかね。
前:もう、ガンガン説明して。
神:レミオロメンLIVE CIRCUIT 2004アカシア。えーと、7月9日金曜日ZEPP TOKYOで。えーと7時半開演。ホントはー、発売、一般発売は6月6日なんですよ。だけど今、只今電話予約を受け付けて、おる訳なんですよ。
前:でさ、たぶんこう聞いてる人は「あれ?なんで今日ボーカルの人いないんだろ?」って事になってるじゃん。
神:あぁあぁうんうん。
前:それ、ちょっ、説明しといてお前。
神:あっ…今日亮太君どしたの? 
前:…えとね。 
神:うん。
前:たぶんたぶん。俺も言いづらいんだけど…なんかね…ディズニーランド行ってるらしい。
神:ホントに!?…むき、えっ、で、夜じゃん? 
前:いやいやいやまぁあの…なんだっけ、アンバサダーホテルに泊まってるらしいよ。
神:マジでか…。 
前:それはどうかわからない。 
神:俺も苦い経験があってよぉ。 
前:あぁあぁあぁあぁ(笑)
神:そのディズニーランドと言えばよぉ。
前:何だ?その喋り方はムカツクなぁお前。もう終わりハイ。 最後の曲いこうぜ。
神:でもホントにねぇ、ホントにねぇ、あのツライ時期。去年のねぇちょうど一月ぐらいで。
前:[聞き取れず]…した時だろ?
神:違う、全然違う。
前:うん、わかったから、もう。
神:もう、いけと?もういった方がいいっすか?…いや、辛い、辛い思い出も話したいけど、また今度にしようかな。それではね、ここでもう一曲お送りしましょう。えーと『アカシア』のカップリングで『夏前コーヒー』。


♪『夏前コーヒー』


神:えーレミオロメン『アカシア』のカップリングで『夏前コーヒー』聴いていただきましたー。
前:うん、ジメジメしてる。
神:してるね。
前:この曲もね実を言うと、1年位前、もっと前か。2年位前に…
神:そう、えっ?
前:僕らがまだ神社に篭ってる頃に。
神:あっ、そうそうそうそうそう。山梨でね。
前:やってたんだよね。
神:やってた。
前:でも、その僕らの精神年齢と曲の年齢が、どうもね。
神:ちょっとね何か。
前:マッチしなかったというか。
神:一回だけライブでやった事があるんだよね。下北沢とかで。
前:そうだね。今ねやってみると、やっぱりさすがに音楽っていうものを少し理解した…。
神:何かしっくりくる感じで。
前:感じで、演奏できて。やっぱりこの時のギターがいいよね。そのギターの清水さんという方が、一回一緒にやらせてもらったんですけど。だいぶこの曲を引き立ててくれて。
神:大人な感じで。
前:薫りを、立たしてしてくれた感じですね。
神:まぁどの曲も参加してもらってね。凄いどの曲もいい感じになって。これからのね、僕達のどういう展開をしていくか楽しみかなと。
前:そうだね。そこに注目しといて下さい。
神:はい。
前:“個人的にこれからやってみたい事…
神:ゴボッゴホ
前:あるか?”って、こう何かディレクターの方に書かれてるんだけど。
神:書かれてるね。そうそうそうそうそう。えっとレミオロメン的にじゃなくて。
前:個人的に。
神:個人的にやってみたい事。…そーだな、まっちょくちょく言ってるんですけど、僕はあの、スカイダイビングをしたいんですよ。
前:(即答)あぁあぁあぁ、やって下さい絶対。
神:ムカツクよこいつ(笑)すげームカツク。
前:全然やって下さいそんなの(笑)
神:えっと俺ね、個人的にやりたい事ある、もう一個。
前:ん、待って!スカイダイビングもいいけど、あれ、あれ出ようよ、んじゃ。俺それなら付き合う。“鳥人間コンテスト”。
神:やだよ(笑)造る、造る…
前:めちゃめちゃ凄いの造るから俺。もう何かこう、一応飛行機なんだけど、飛行機の上にデッカイ鳩が付いてる。そういうので出れば(笑)絶対…
神:いや、バンド…
前:“レミオロメン”って書いてでるから。
神:いや、ちょちょ、バンドどころじゃない…《ドンッ》あっマイク、マイク叩いちゃったよ。これ危ないなー。
前:「鳥人間コンテストに出たい」ってのでレミオロメンは。
神:いやいやお前勝手に出ろよ。啓介君は、何やりたいの個人的に?
前:個人的に。
神:うん。
前:最近はこうやっぱ、ジメジメしてるじゃないですか。だからね、夏が来たらすぐにでも七輪でこう、一人バーベキュー。
神:(笑)
前:一人バーベキューをしたいなと思ってるんですけど(笑)
神:あぁあぁいいじゃんいいじゃん。
前:やった事あります?一人バーベキュー。
神:ないないないないない。
前:だいぶいいっすよ。
神:七輪で?
前:七輪でこう本でも読みながら。焼きながらビールを飲んで。河原で一人で。でも隣には家族連れの人がいるみたいな(笑)
神:河原…でもうちらよくあれじゃん、山梨いると河原行くよね。
前:うん。そんなバカな俺らですが。
神:そう!レミオロメン的に今年の夏の抱負は。
前:やっぱり夏フェスでしょ。その前にまぁツアーか。
神:そうだね。
前:まずツアー成功させて、いいテンションで夏フェスに入ってくってとこかな。
神:うんうんうんうん。
前:で夏フェス、去年初めてだったけどさ、今年は2回目だから。
神:そうだね今回も色々出させていただくんですが。えっとーロッキンオンジャパン。
前:はい、ジャパン。
神:フェス。えーとー…
前:8月の。
神:7日。
前・神:土曜日。
神:えーこちら是非。
前:コレひたちなかがまたいい所なんだよな。
神:ねー。
前:物凄い広いよな。
神:広い!去年出た時はもうね、ビックリだったよね。
前:ビックリだったよ!何が?
神:えーと人の多さに。去年あのーレイクの方に出させて頂いたんですけど、凄いね一番初めにも関わらず沢山の人が観に来てくれて。凄い嬉しかったですね。
前:凄い良かったですよ。今年も何かあの夏が来ると思うと。
神:ちょっと
前・神:楽しみ。
神:わくわくなんですけどねー。
前:まっそんな感じで頑張っていきますか今年も。
神:頑張っていきましょう。はい、えー「RADIO DI:GA」。今夜はね二人でね、やったんですけどどうだった?
前:30分。
神:30分。30分いった?
前:亮太君がいないと本領発揮出来ないな、て。やっぱお前じゃ俺を活かせないっていうかさ。そういうところありますよね。
神:そっか。そっかそっか…うん、別にいいけどね…。
前:こう凄いとこでもシュート打てるからやっぱり。
神:あれだよね。亮太君は、意表ついたところで…
前:いやいや、無理なパスはしない(笑)
神:そうそうそうそうそう(笑)あのーあんま、まぁ俺はパス出さないし。
前:あっそうですか。
神:そうそう。「そうですか」じゃねーよ、オメーは。意味わかんない。まっ今夜ね二人でやって。
前:まぁ楽しかった。
神:楽しかったですね。
前:楽しかったですかね?聴いてる皆さんは。
神:どうだった、まぁ自然…あっ自然…そのー…。何かね、新たな感じだよね二人でやってるって、聴くのも不思議な感じだよね。聴いてる人も。
前:何?惚れ直しちゃった的なとこ?
神:別に誰も何もそんな事……
前:(笑)
神:これ前田さんファン増えたんじゃないかなー(棒読み)
前:あホント?
神:うん。カッコイイもん!
前:何が?
神:顔!
前:顔!?えーーそう?
神:その眉毛とか凄いカッコイイ!
前:眉毛とかちょっと微妙なところがないんだよね。
神:(笑)
前:最近ね、ちょっとねウケた事がありまして。
神:なになになに?
前:あのねー、鼻毛が伸びるスピードが…3日で出てくる。
神:ふはははは!
前:3日でお目見えするみたいな。そういうスピードで、生えてるんだなぁって。
神:あっホントに(笑)?
前:いいDNAを親から受け継いでる。
神:あーー。そういうのやっぱり汚い空気を吸わないようにさぁ。
前:わかりました気をつけます。
神:そういう風に身体がね、護ってる防衛システムだよ。防衛システム…
前:わかったわかった。
神:あっもういいの?そう、今夜は二人でお送りしたんですけど、大変僕達的には面白かったです。
前:はい。
神:それでは、皆さん、ゆっくり休んでください。お休みなさーい。
前:お休みなさーい。


END
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

レミオロメン - RADIO DI:GA  のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/6-6d47a8c5