CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/677-ab1d6257

キャプテンストライダム DREAM HUNTING TOUR

22:06 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

キャプテンストライダム DREAM HUNTING TOUR @ LIQUIDROOM ebisu 2006.05.13
 
ライブから1週間、あれやこれやと他の事に追われていたら当日の記憶の大半が忘却の彼方へいってしまわれてたよ…。
故に曖昧感想。



恵比寿駅から会場へ向かう途中の交差点にて、BUMP TVでBUMPさんがお世話になったヒロ整骨院を発見。そうか、ここにあったのか。チャマ「マスカワヒロアキの“ヒロ”!」。升「ヒロから取って付けたんじゃないのぉ!?」なんて台詞が頭の中でプレイバック。
 
この日の天気は生憎の雨。それだけで出かける前からテンション急降下だったが、LIQUIDROOM ebisuというハコはそんな日のライブの会場にはもってこいですな。開場前から2階ロビーに入れて(そもそもTOWER CAFE併設なのでいつでも自由に入れる)ロッカーが使えるのは有難い。外で冷たい雨に打たれ震えながら開場を待たなくて済む。
 
どっかで聴いた事のあるSEの中メンバー登場。あービールのCMの曲だっけ。……エビスだからか!?(遅い)そうあれ。恵比寿駅でもかかってるあれ。にくい演出です(笑)ちなみに後のメンバー紹介の時も梅田君はベースでこの曲を弾いていた。
 
会長と梅田君が守代司君に顔を向け3人でギュッと固まった状態で音が重ねられる。かなりアレンジがされてたけどドラムのリズムですぐに気づいた。『GOOD HARVEST』。このオープニングはかなりカッコ良かったー。
 
地方でのライブではその土地の名前で煽れるけど東京の場合メンバー的には正直困るらしい。会長に「東京の人ー!?」と訊かれ挙手したのは3割位?
 永友「じゃあエビスさんで」
や、“関東”でいいんじゃね?
 永友「それともエビちゃんがいい?」
それならいい(現金)という事で、その後いたるところで
 永友「エビスさーん!!」
 客 「イエーー!!」
 永友「エビちゃーん!!」
 客 「イエーー!!」
というコール&レスポンスを展開。
 
私を含め、ちょっと様子見~といった感じのフロア後方の人達も『メトロのメロス』からは一気に拳を上げ飛び跳ね率上昇!かなり楽しくなってきました。
 
『フランクルト』が終わりアコギ&ハーモニカホルダーのスタイルで椅子に腰を掛ける会長。そのままMC。
会長の地元で恒例行事だったというわんぱく相撲&綱引きの話。幼き日の永友少年はその時はじめて綱引きというものを知ったそうで、具体的にどうすればいいのかわからず綱の上を跨ぐ。そして競技が始まり、案の定綱の上に跨ったまま宙に飛び上がった永友少年。恐らく相当の衝撃だったんじゃないかと…(笑)しかもその綱引きは最後に綱の真ん中を鎌でぶった切って終了という破天荒なルールだそうで。力いっぱい引っ張っていた子供達はもちろん後ろへずっこける。あぁーこういう日本各地にある風変わりな祭りや行事大好き(笑)
 永友「じゃ今度のPVはそれにしようか」
本当っすか??
 永友「俺は真ん中で綱を切る役」
いや、そこは幼き日と同じく跨ってもらわないと。
 
レコーディング時は実際にハーモニカホルダーをして録ったという『十五夜』。綱引き話で大爆笑したあとなのでギャップが…(笑)や、でもしっとりと趣があっていい感じだった。
 
 永友「昔ギターを始めたばかりの頃はこうやってアコギで明星とかの歌本見ながら色々歌ってたんですよ」
という訳で、続けてアコギでカバー曲を披露。曲は最近好きだというaikoの『カブトムシ』でございました。意外な選曲だけど妙にマッチングしてたなー。
 
デデデデデデ…とベース音が鳴り出した瞬間フロアから思わず「おぉ~~!」と歓声が。いやわかるよ。声には出さなかったけど私も同じ気持ちだったからさ。楽しみにしていたあの曲の登場ですよ『サイボーク』!皆で飛び跳ねてフロア内にもかなりの熱が充満。あっちぃー。
 
『サイボーグ』に続く曲はというと…あれっこんなイントロあったっけ?と思ったら…んっ?あっこれは!?と徐々に耳慣れた音に。そして会長の「♪ごくたまに~」の声が乗る。おぉ!『マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー』だ!!『GOOD HARVEST』もそうだけどセトリの大半がイントロからライブアレンジされてていちいち刺激的でしょうがない! そしてさすがの『マウンテン~』、この日の一番の盛り上がりでした。フロアの全員がサビで手拍子&ジャンプ。
 
曲へいく前、会長に「サビの“♪風船ガム”の後に手を頭の上でパンパンッと叩いてね」とご指南いただきました『風船ガム』。会長!これは本当に“風船ガム”のあとだけでいいのか、サビ内の同じメロの箇所は同様に叩くのかがわかりません!ごめん、この時点では“銀魂”のEDで一回耳にしたっきりだったのですよ。あとからちゃんと音源聴いて「こういう事ね」と理解しましたが。
しかしこの曲のイントロやら間奏でのアレ。リフというのかしら。やたらとカッコ良すぎでゾクゾクしました。ヤバイヤバイ。
 
『キミトベ』文字通り(?)跳んだ。そして手を大きくフリフリ。
大盛り上がりで曲終了。会場内大拍手。会長はギターを置き、フロアにダイブ!「うゎーいったー!どうなった!?」と前方の様子を伺ってたら既にステージに戻ってました。あれ(笑)
そんな会長のダイブも飛び出して、誰がどうみても“本編終了”というムード。と思ったらスタッフが別のギターを会長に。まだあったんだ(笑)!
って事で真の本編ラス曲は『泣きそうに見えるけど オレは今笑おうとしてる』(長ぇ)。
 
ENCORE
9月・10月・11月にここLIQUIDROOMで3ヶ月連続ライブやりますよー!と告知。
 永友「秋ですからね。秋の感謝祭ですよ」
 梅田「あのタモリが出てる、秋の祭典スペシャルとか。オールスター感謝祭みたいな」
とりあえず詳細は後日。
 
アンコール1曲目は『おばけナイターのテーマ』。あーこの曲好き(笑)♪ライララライラ~イ!
確かこの曲の終盤だったはず、会長が額にハチマキ状にタオルを巻いておりました。これがまた非常~に“らしい”姿で素敵でした。是非ともそのままで以降も歌てほしかったのだけど、タオルは間もなく客席へ…。惜しい、大変惜しい。
 
ラストは『悲しみのシミかな』。最後に会場の皆で♪悲しみのシミかな~シミかな悲しみの~ と大合唱。
 
(合ってたらいいな…)
01.GOOD HARVEST
02.肉屋の娘
03.夏のカケラ
04.影のない男
05.バースデー
06.メトロのメロス
07.フランクフルト
08.十五夜
09.カブトムシ(aiko)
10.サンドバックの夜
11.流星オールナイト
12.サイボーグ
13.マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー
14.風船ガム
15.キミトベ
16.泣きそうに見えるけど オレは今笑おうとしてる
<ENCORE>
01.おばけナイターのテーマ
02.悲しみのシミかな
 
「いくんですか!?いかないんですか!?いかないんですか!?いくんですかーー!!?」(すまん…曖昧だ;)といった具合に終始威勢良くフロアを煽る会長が非常に印象的でしたー。…って、何だか“会長”の文字ばかり目立つな!このレポ(笑)
“電車の中で遠巻きに「キャプテンストライダムの人だ…(コソコソ)」と言われ、そのあと直接「キャプテンストライダムの人ですか?」と訊かれ「キャプテンストライダムの人です!」と答えた”(梅田)とか、“楽屋に卓球台があったので夢中になってやった。学生時代から体育の卓球が好きでクマが出来るくらいだった(本人はそんな気はないらしいが打ち込みすぎて(?)クマが出来ていたそう)”(守代司)とか、梅田君や守代司君のMCも愉快でしたよ。
特に梅田君は、真面目そうに見えて素で可笑しな発言をする会長を冷静にツッコんだりして、“女房役”という言葉が当てはまる気がした。
 
ギター、ベース、ドラムそれぞれに「今のたまんねーなぁ!」というシーンが多くてとても楽しかったっす。うん、音がかなり良かった。
けれど自分の中で“様子見”という意識が若干残っていたかもー。次は(RIJF)もっと弾けていきますわよ。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

キャプテンストライダム DREAM HUNTING TOUR のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/677-ab1d6257

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。