FC2ブログ
CFD

ASIAN KUNG-FU GENERATION - ゴゴイチ! 【3/4】

17:20 | ラジオ・TV 文字起こし | cm:0 | tb:0 | edit

【3/4】



(松茸アップから画面イン)
や:SPACE SHOWER……アハハハ!(松茸の映像に)ビックリするよー。うわっちょっと、(喜多に向かって)あれっ食った?
喜:今食べさせてもらいました。
や・繭:(笑)
や:もう大変です。
喜:美味しかったですね。
や:SPACE SHOWER TVですね、今日はねSPACE SHOWER CHART SHOW、そしてアジカンはこれ1日ね、アジカンDAYなんですけれども。単に、単に松茸が食べたかった人と、えー金属バットが欲しかった人。
後:はい。
や:これでお送りしております。
繭:(笑)ちゃんと音楽の話も。
や:あっします?
繭:していきたいと思います。
や:あの10月20日に、待望のセカンドアルバム『ソルファ』リリースされました。
繭:イエイ!
(拍手)
や:そうなんですよー。ただなんか、この後たっぷりアルバムの話はするみたいなんで。
繭:はいはい。
や:まぁ、ワンDAYなので、今回割愛させて…。
後:あぁなるほど。
や:いやいや。
4人:(笑)
繭:しましょうよ。ね。
や:『ソルファ』。皆さん意味もう知ってますかこれ。この、ちょっとわかりにくい言葉なんですけど。僕もね、この間ラジオでね『ソルフェ』って間違えて言っちゃったり。大至急メール来ましたよ。
4人:(笑)
や:「ーーーーーーー!!」(怒り口調で叫んでいる)
4人:(笑)
や:「聞いてんのかちゃんとーー!!」。わかりにくいですよ、だって僕ら使わないでしょ普段は?
後:そうですね。
や:音楽の人は使うんですか?
後:使わないですね。
や:えっ。どっからきてるんですか?
後:これはまぁ英語の言葉で。まぁ相対音感のドレミファソラシド音階って意味なんですけど。
や:また難しくなっちゃった。
後:はい。
や:どっからそういう言葉をね、自分でタイトルにしようと思うの?
後:基本的に辞書を引くときに、その「S」だったら「S」周りを全部読んじゃう、こうヘキ(癖)がある訳ですよ。
や:ヘキが。辞書を全部読んじゃうヘキが。
後:そのページとか、読んでしまうんで。
や:その時に。
後:その時に見つけて。
や:「何だ?“ソルファ”って」っと。
後:そしたらそのー凄い音楽的、音楽用語で。いい意味だな。大きい意味だったので。
や:そうかそうか。へー。じゃあ使っちゃおうと。
後:はい。
や:だからあれですよね、別に曲のタイトルにある訳じゃない、今回ね。
後:そうですね。
や:ただ制作期間が凄い短かったって聞いてますけど。
後:はい。
や:やっぱりねあのー、このドキュメント本読んでいただくとわかるんですけど、確かに期間無かった訳ですよね。
後:はい。
や:どのぐらいで実際?
後:これはあの、実際半年ぐらいですかね。レコーディングも含め。
や:グワッと集中して。
後:作曲から。はい。
や:はー。でね、今回ね、もちろんシングルも散りばめられているんですが。こうやって何か聴いていくと、ずっと繋がってる気がしたんだよね、俺は。特にここら辺なんかずっとホラね、『サイレン』から、これちょっとあるじゃないですか、『Re:Re:』とかなって『24時』になって夜中と昼(『真夜中と真昼の夢』)があって、またループ(『ループ&ループ』)してて、みたいな。何かこうやって聴けるような、感じなってますけど、やっぱ曲順とか意識してたんですか?
後:曲順はかなり気にしましたね。こう、起承転結がちゃんと。
や:ほー。
後:詩としてもサウンド的にも、両方でこう成立するように。
や:えっよくそんな風に…。えっという事はシングル作ってる時もこういうのもあったとか。同時に作られてたとか。
後:そうですね。元々シングル用に曲、1曲も作ってないんで。あのーアルバム用にこうずっと書いていたので。
や:あくまでもじゃ、そういうカタチだったんですね、今回は。
後:その中からこう、例えば「『リライト』いいんじゃないか」、みたいな。出していたので。
日:うん、確かにねアルバム全体になってから『リライト』を聴きなおすと、また違う意味の。
後:うん。
や:なんかね歌詞や、想像させれたりして、面白かったんですけど。まっこの『サイレン』ね、あのー入ってますけど。シングルに収録されていた2曲。あったじゃないですか。
繭:はい。
や:『サイレンやまだ』。そして『サイレン繭菓』。これ意外にみんな、スペシャを見ていない人全く知らない。
(※前回、『サイレン』発売時に出演した際に、VJやまだが2曲の『サイレン』に対して勝手に命名)
後:アハハハ。
や:実際そうですからね。
後:そうですね。
や:僕らの歌ですから。
後:そうですそうです。
や:これ今回どうなったんですか?
後:これだから『サイレンやまだ・繭菓』(なんとなく手で説明)、みたいな。
や:あっ。
後:ちょっと薄っすら『繭菓』が。
や:合体してんですか。
後:合体してる訳で。
繭:おー。
や:あれっ。
繭:合体しましたか。
や:わからなかったですねー。
繭:うん。
や:よーく聴かないと…。
後:そうですね…中盤あたりのね、あのーブリッジといわれているところに、♪闇を掻き分け…ってのが薄っすら出てくるんですね。
や:この時に『繭菓』がブレンドされてく。
後:そうですね。
や:あーなるほど。またちょっと違いますんで、アルバムバージョンで楽しんでもらいたい。
後:はい。
繭:はい。そしてですね11月26日には、アジカン初のDVD『映像作品集1巻』も発売されますー。
や:おっこちらは。
=======(VTR)『映像作品集1巻』========
や:あっこれも今ねー、夏フェスの映像集、あとメイキング、そしてあの副音声でのメンバーのトーク。
後:そうですね。
や:これを見ながら。
後:そうですね。
や:へー。
後:もうホント[聞き取れず]ですよ。
や:オモロイね、でもね。あえて客観視したような音声が。
後:そうですね。
や:入るという。
後:エピソード付みたいな感じで。
や:いいっすねー。
繭:ほー。
や:これは泣けますか?このDVDは?
喜:これはー…面白いですね。
後:笑えますね。
や・繭:(笑)
や:笑いよりは…。涙あり笑いあり。でね、『遥か彼方』と、『君という花』のゴッチの服、実は同じなんです。
後:はい。
や:これあの実は、ストーリーあるんですよね?
後:これは無い…。
全員:(笑)
や:いや、ありますよ。絶対何か繋がってるんですよ。
後:あのー…まぁ、服ってローテーションで僕着てて。
や:はい。
後:たまたまこう、被った。
や:被った。だからこれ貴重です。「あースタイリストがいなかったんだな」って思えばいい訳ですよね?
後:今もいないです。
や・繭:(笑)
や:いて、いて。言わなきゃいいんだから、いといて(笑)
 
≫【5】へ続く
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

ASIAN KUNG-FU GENERATION - ゴゴイチ! 【3/4】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/74-7cda3366