CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/873-780ab347

COUNTDOWN JAPAN 06/07 【1/4】

22:38 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

COUNTDOWN JAPAN 06/07
     @ 幕張メッセ国際展示場 1~8ホール 2006.12.29 ⇒ 2007.01.01

December 29 / the first day
初日から張り切り過ぎだっての。


【到着】11時
ちたまフジファブリックのタオルを買うんじゃー!!…と、ちょっと早めに会場入り。しかしそんな気合が肩透かしを食らうくらいにグッズ売り場は空いていた。や、買えたからいいんだけどさ…。
開演まで時間があるという事でひとまず腹ごしらえ。広島焼きー。今年はたこ焼きやら焼きソバやら、ポピュラーな露店食が増えてて偏食気味の自分にとっては嬉しかった。
 
スカパー!ブース
食後、まだ時間を持て余していたので自分はちょっくらフードエリア内を散策してみる事に。まだ開演前だしただ歩いてるだけだってのに、やたらと胸が高鳴ってウキウキしている自分に気付く。そんな中、スカパー!ブースでダーツゲームをやっているのを発見。
 私「何かスカパーのトコでダーツやってたよ」
 姉「ダーツ!!?やりたいっ!!」
あぁ、そういやこの人マイダーツ持ってるくらいダーツ好きだったっけな(笑)しかし再びブースに戻ってよくよく見てみたら、ダーツといっても的がグルグル回転し(所謂フレンドパークのアレ)的を射るのも玩具のダーツ銃だと判明。それでも「ハンドタオル狙いだ!」とやたら気合の入りまくる姉妹。ていうか力入りすぎて3回程的外へ飛んでいきましたから自分(ついでにスタッフの顔をうっかりかすめた;)。でも4回目にしてようやく的命中!狙いのハンドタオルゲット!!たかがゲームなのに両手挙げて悦喜してしまった(笑)やはりフェスという環境のせいで若干ハイになってるんだろうな。
 
くるり[EARTH STAGE]
くるりを観るべくEARTHに向かう途中、突如姉が「あっあれ!!」と叫ぶ。地球オブジェを背に大勢の人が密集し並び、前方にはカメラを持った男性。更にその集団の中に混じろうとあちこちから人が駆け寄っていた。事を瞬時に理解した私達もダッシュで端っこに滑りこむ。何とか間に合った…!?QUICK REPOでは見かけなかったけど総括本にでも載るかなー。そもそもあれオフィスタッフだったのかなー。一瞬の出来事だったんで確認してないや。
そんな事もあったり、EARTH入口前で今年も“こなあああああああゆきいいいいい”が降ってるのを確認したり、渋谷社長の朝礼を真面目に聞いたりしたのち、トップバッターくるり。
シゲールの頭に赤い毛がツンツンおっ立ってる!??なに!?染めたの!?…と思ったらフードの装飾でした。ニワトリのとさかのような感じ。驚かすなよー。
1曲目はなんだったけかな(最早記憶が…;)『ワンダーフォーゲル』だったけかな、うん。あとはー『Baby I Love You』とか『Bus To Finsbury』とか?あと新曲も披露してくれました。新曲、たくさん良いものが出来てるそうです。けど何故か演奏したのはシゲール曰く「一番大した事ないやつ」(笑)タイトルは確かー…“ベーコンエッグ”、という感じで夏を思わせる曲だった。
またMCでは、前日の夜幕張周辺を散歩した時に星空を見上げるとオリオンさん(岸田語でオリオン座の意)がいてー…それからなんやかんやで北斗七星を見つけ、ケンシロウの事を考えてたという話を。客から「ラオウはー?」と聞かれても「ラオウはいい」と答える、とにかくケンシロウ一筋・岸田繁(どうでもいいよ)
メンバー紹介も合間にちょこっと。現在のドラマー ニャッキー君(23)がバンドの平均年齢をグンッと下げてます、と。
 岸田「俺らの事中堅バンドとか思ってたりするかもしれへんけど……佐藤だってまだ20代ですからね」
まぁギリギリだけど(笑)、確かにくるりは世間の音楽評価からの推定よりも実年齢は若いよな。余談だが、彼らが大学生だった頃のインタビューが未だに家にある。シゲールがテスト云々喋っているのが妙な感じ。やっぱり実年齢とのギャップがありますねこの人達。
ライブ後半では『GO BACK TO CHINA』や『すけべな女の子』が。『すけべな女の子』はやるとは思わなかったわ!
ラストは御馴染み『東京』。くるりライブの締めとして定番化してきてもやっぱりこれ聴けると嬉しいんだよな。んで何故か最後の「♪ぱーぱーぱっぱぁっぱー…」が自分の中では“くるりの『東京』という曲”を一番強く感じる箇所なんです。特にサトちゃんの肩を上げてベースを弾きながらのコーラスが。ジーンとくるね。
 
フジファブリック[EARTH STAGE]
渋公映像はまだ見てないよーってのを頭に入れて読んでいただけると幸い(どっかで聞いた台詞)
くるり終了と同時にそのまま中央へずずずいとなだれ込む。サウンドチェックの際に志村君のアコギもお目見え。アコギの曲っていうと『Birthday』?あ、そういや『東京炎上』もアコギだったような…!なるほどそうか。
ライブは静か~に始まった。次第に音が重ねられ、彼らの異次元への扉が徐々に大きく開かれていく。一体何から始まるのか……ぁぁぁああー!?これって『打ち上げ花火』!?RIJFの時の感想で「出来れば『打ち上げ花火』も」なんて自分書いたけど!まさかこういうイベントの1曲目に敢えてこの曲を持ってくるとは!!私としてはもう「グッジョブ!」という気持ちでいっぱいでニヤニヤニヤニヤ顔緩みっぱなし(笑)
その後は『TAIFU』や『モノノケハカランダ』が登場。また、くるりに続いて彼らも出来たての新曲を披露してくれました。恐らく渋公でも演ってたのではと思うが、「瞬く星」だか「星空」だか…(もう曖昧すぎる;)とにかく「星」というフレーズがあったように記憶する。コーラスワークが良かったな。
そして期待通り『東京炎上』も!うーんやっぱりたまらんねぇー。好きだわー。後ろにいた男性客数人も「今のオレ結構好きかも」「えっでもカップリングなの?」と話してましたよ。
ダイちゃんの鍵盤の調子が悪く音が一部出ていなかったのは『陽炎』だっけかな。その直前のMCで「リハが無いんで楽器のトラブルも多いんですよ~」なんて話してた矢先、というかその数曲前から悪かったっぽいね。
あとそう、MCといえば志村君も先ほどのくるりをどうやらフロアの方で観賞していたみたいで。けどうっかりアーティスト証を忘れて出てきてしまったお陰でバックステージ入り口で「ちょっとここから先は…」と止められる破目になったそうな。んで「や、次のバンドのボーカルなんですけど」という事を3回くらい言って何とか取り次いでもらえた、というちょっと間抜けエピソードを教えていただきました。「フジファブリックの志村正彦」じゃなくて「次のバンドのボーカル」という言い方が何とも切ない気持ちにさせられます(笑)
最後は『銀河』で華々しく締め。んーそれにしてもちょっと調子乗って飛び跳ねすぎたかな(苦笑)彼らの出番が終わって、さぁ移動しようと歩き出した瞬間から右足の関節がズキズキ痛む;ついでに喉も痛いー。
 
WRONG SCALE[MOON STAGE]
「BENNIE Kもちょっと観たい」姉と「WRONG SCALEもちょっと観たい」自分。一旦別行動をとる事に。夏のRIJFでも一応観れる機会はあったんだけど、確かブンブンと被ってたかなんかで観れなかったんだよなー。ようやくのご対面。
…あ、ご対面で思いだしたけど、一昨年レミオのetherツアーの時に鍵を持ってきてくれたスタッフさんをこのMOON STAGEで久々にお見かけしました。前回に見かけたのがキャプスト@リキッドの時だから約半年振りですね。心の中で「ご無沙汰してます!Sさん(名札見た)。いつぞやは…(うんたらかんたら)」と呟いておきました。
それはそうと、WRONG SCALE。いつも聴いてる曲、そしてまだ知らない曲、半々くらいな感じでした。どこかのレポで以前知ったけど、本当にフロント3人が交互にボーカルを取る形式なんですね。トリプルボーカル。普通にCDで聴いててもその辺は気付かないな。それくらい3人の声の絡み合いが絶妙。
しかし途中で足の痛みが増してきて…途中退場:
 
キャプテンストラダム[COSMO STAGE]
EARTHへ戻る途中で買った“苺みるく”を姉にお裾分けしに行き、その後キャプストへ。あと2~3分くらいかなー、とのんびり歩いて向かっていたらCOSMO STAGEから早くも歓声が!?「また後で逢いましょう!!」って何か終演時みたいな台詞まで飛び出してるし!急いでフロア内に入る…お客さん満杯、ステージ上にはスタッフがわらわら。「あれー時間間違っちゃったかー?」と一瞬不安になるも、バスドラにプリントされた『恋フレ』マークを目にし「あぁやっぱりキャプストだ。良かった」と胸を撫で下ろす。
しばらくしてメンバー登場。出てきた早々「初めて会った気がしませんね」と会長。なるほど、さっきのはサウンドチェックで一度出てたのね。それより守代司君がさ、薄桃色なシャツを着てるもんでさ、ライトの色と相俟って最初上半身裸に見えてドッキリしたわー(笑)
ライブは『GOOD HARVEST』で幕開けて続いて『マウンテン・ア・ゴーゴー』(“ツー”ではなく)。『キミトベ』もやりました。いつもの“Y・M・C・A”ライクなポーズ、今回はというと…
 永友「岸田(今日子)さんなど様々な方が去っていきましたが、あの男が帰ってきた!…加藤茶!!」
という訳で、“K・T・C・ペ”に決定!“ペ”の部分、通常は指を口元に持っていきますが、この場合は口元から上へ伸ばします。さながら投げキッスです。数千人がリズムに合わせて投げキッスしてました。上から見たら圧巻だろうなー(笑)
 永友「幕張メッセで昔恐竜の化石展を見たんですよー」
なんて思い出話も挟みつつ、後半は新曲攻め。『LONE STAR』はこの日初めて聴いた。えらく疾走感のあるアッパーな曲でした。もうテレビで流れてるの?
そして最後が『恋するフレミング』だったんだが……えっ、短くね?出番。あっという間だったよー!
 
DOES[MOON STAGE]
けどそんなあっという間なキャプストのお陰で時間が被ってたMOONのDOESも何とか間に合ったー。のは良いんだけど、ちょっと慌ててかけてきたせいで関節の痛み悪化;;;結局1曲分ぐらいしかその場に居れなかったです(汗)
とりあえず、以前TYPHOON24のmiyaさんっぽいと評していたボーカル氏原さんの声、生だとむしろシロップの五十嵐さんに近いと感じた。
 
LISMOブース
とにかく右足が痛いので「シップでも貰えないかなー」と救護ブースへ向かってみる…も、何故かその隣のLISMOブースへ足は一直線。何やらLISMOの可愛いタオルが当たるらしい。スタッフのお姉さんに「何貰えるんですかー?」と(分かってるくせに)声を掛ける。曰く「auの携帯を体験するともらえる抽選券でクジを引くと物凄い勢いでLISMOタオルが当たるんですっ」との事。“物凄い勢いで”の部分をやたら強調していたのが気になったがその理由も数分後に理解した。…これ、クジと言いながらも恐らくハズレは最初から無いな(笑)一応ハズレボールの見本も置いてあったけど、並んでる人みんな貰えてたし。てな訳で自分も手に入れましたLISMO!わーい!
また、その隣のハイラインブースで鶴の御三方とファンの人が記念撮影をしているのをチラ見したあと、リクライニングエリアにいた姉と合流。「絶対当たるからやってきな!」と半強制的に彼女もLISMOブースへ連れて行く。もちろん当たる。ほらね。
 
つばき[COSMO STAGE]
LISMOタオルを預けるのと、偶然姉が持ってきていた温熱シップ(的なもの)を取りだすべく、クロークへ。「甘い物食べたくない?何か食べようよー」とねだる姉に「次も観たいのあるから!これ終わったらね!」と告げて自分はCOSMOへ。クロークにいた時点で予定時間まであと5分。ここは急ぎたいとこだが、如何せん関節の痛みがあるので走って行きたい気持ちを抑えて歩きで向かう。
COSMO入り口到着。俄かにざわついているのが感じ取れる。もう始まっちゃってる!?中に入るとメンバーも既に登場してたが、ちょうど楽器を背負ってスタンバイしている最中だったようで、ギリギリ良いタイミングで間に合いました。
セトリは『昨日の風』や『飽和状態』、そして「アッパーな曲書いてきました!」と紹介された新曲などなど。後半にはこれまでライブで聴いた事が無かった『君のヒゲ』がきた!この手拍子やりたかったんだよー(笑)曲中では小川さんが持参のカメラでフロアを撮影したりも。つばきブログにUPされてる写真がソレ。しかしライトが明るすぎたのか全然顔がわからーん(苦笑)真ん中、一色君寄りに自分もいる筈。
普段からつばきに対して思っているのは、どっちかというと地味目だが(失礼;)何だか妙に胸に響いてじんわりきちゃって離れられないんだなぁ、て事。で、この日のライブも派手なお祭りソングがある訳でもなく、ついでに足の痛みがあるから激しく飛び跳ねる事は出来ないそんな状態でも、屈託の無い笑顔で楽しそうに歌う一色君を見てるだけでこっちも楽しくって楽しくって自然と笑顔になってしまってて。ライブ中、一色君が「俺、カッコイイー!!けどみんなの方がもっとカッコイイーー!!」なんて叫ぶ場面もあったりしたけど、いやいやそんな、やっぱり一色君の方がカッコイイよ。ていうかむしろ可愛い。楽しそうにステージ上で踊る姿が可愛かったデス…(笑)
ニコニコの笑顔と、ほっこりとした温かさと、胸高鳴る楽しさを貰った。ありがとう!これは後で是非ともワンマンでも観たいなー。決めた!2007年の目標!つばきのワンマンに行く!
 
本当はスペアザもちょっと観てみたかったんだけど、そろそろ自分も腹が減ってきたのでお食事タイム。去年に引き続き延楽の肉うどんを食らう。
こんな姉妹です食事後はリクライニングエリアでまったり。姉の元同僚の方からのメールの返信に2人の写メを送ろうという事になり、あーでもないこーでもないと撮影を繰り返す。リストバンドを見せよう!って事でアイーンポーズを取ってみたり…。
んな事を数十分ぐだぐだしてる間に、時間は20時!うおー勝手が始まるー!と一人リクライニングを抜けて後方のCOSMO STAGEへ。
 
勝手にしやがれ[COSMO STAGE]
こちらもつばきの時同様、既にメンバーが出てスタンバっている状態でした。ビシッと黒スーツで身を固めたメンバー。フロントのホーンの4人はフロアに背を向け横に並んでいる。そしてくるっと前を向くと同時に痺れるようなジャズパンクのメロディが放たれる。勝手の曲はごく僅かしか知らないけど『U-K』聴けたのが良かった。渋い!カッコイイ!
 
東京スカパラダイスオーケストラ[EARTH STAGE]
そして、渋い!カッコイイ!おじさん達をもういっちょ!トリのスカパラ。
1曲目から『ゴッドファーザー 愛のテーマ』。ひゃーこれまた痺れる!あとは『Natty Parade』とかやってたかなやってないかな…。
スカパラ、物凄く楽しみにしていたんだけど実は2人とも既に疲れが溜まってきていて、途中までしか結局観なかったんですよ(苦笑)『ルパン三世’78のテーマ』とかもやったんだってね。それは観たかったかも。
 
フジにLISMOにスカパー!足の関節は相変わらず良くならないが「早く風呂入って明日に備えるぞー!」と、車の中で“人志松本のすべらない話”を見つつ(ドライバーの自分はあくまでも耳で楽しんだ。若井おさむの話と「ウナギさん!」が地味にツボった)帰宅したところ、テーブルの上に“今夜はお湯が出ません”のメモ書きが………。
そんなオチいらねんじゃーー!!「汗かいて帰ってきてる時に限って有り得ない!!」と怒りをあらわにする姉妹。風呂はガスで沸いてるから湯船には一応入れたんだけどね、顔や髪は荒行の如く水で洗いましたよ…。

ちなみにこの日の戦利品類↑全部タオル。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

COUNTDOWN JAPAN 06/07 【1/4】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/873-780ab347

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。