FC2ブログ
CFD

COUNTDOWN JAPAN 06/07 【4/4】

22:39 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

COUNTDOWN JAPAN 06/07
     @ 幕張メッセ国際展示場 1~8ホール 2006.12.29 ⇒ 2007.01.01

January 1 / the fourth day
動員数が一番少なくても自分にとってはメインの日。


【到着】12時頃。
門松&案内ボード大晦日に早く帰れたお陰で(苦笑)、体調も良好で迎えられた最終日!
トップバッターのBase Ball Bearまで若干時間もあるし何か頂こうかな、と1日目に姉が「食べたい」と言っていたカフェエリアのマフィンを本人の代わりに自分が食う。チョコレートマフィン、トッピング(生クリーム等)無しで。美味いですね。しかし例えトッピングが何も無くても甘いものが得意じゃない自分には丸々一個を食べるのはキツかったです(またか)。すみません、残しました…。
別に買う物ないけどグッズ売り場もフラフラ覗いてみたり。Base Ball Bearの正月限定Tシャツがあった。表にはいつもの東京タワーと門松、そして裏はメンバー4人の妙な笑顔がプリント。何か牙っぽいのが生えててさー……ってまさかイノシシ!?
 
Base Ball Bear[GALAXY STAGE]
中央最前ブロック内に陣取り彼らの登場を待つ。朝の挨拶で現れた兵庫さんに「僕今日9時に会場入りたんですけど、その時点で既に彼らは全員揃ってました」と紹介されて満を持しての御出まし、新年一発目を飾るBase Ball Bear!!
上手からホリ君がキラキラに装飾され、さながらミラーボールなヘルメットを被って勢いよく登場!「おーさすが正月、派手だなー」と思ってたら、次に現れた史織ちゃんはなんと巫女さんだーー!!ぎゃーーーー!!可愛いっっ!!どうしよう!!!んでもって将平君は法被姿だし!小出のスーツはまぁ予想通り…か(笑)とにかくもうメンバーが登場した時点でかなりの勢いでテンション上がりましたから!楽器を背負ってスタンバイするメンバーを見つめつつ(主に向かって左の方)私の頭の中ではずっと「ヤバイヤバイヤバイ…」と唱えられていたよ。小出曰く「萌え系を狙って」との事だが、まんまとその狙いにハマって大いに萌えさせていただきました。ホント可愛いの巫女さん。
ひとまず登場による掴みを成功させ、祭りの始まりを告げるホリ君のドラムから1曲目『CRAZY FOR YOUの季節』、そして『STAND BY ME』へ。
やー、史織ちゃんの巫女さん姿も然る事ながら将平君の法被姿もいいねー!いつものようにガッと足を開いてギターをかっ弾く際も、ちょっと細身の股下姿だと普段以上にカッコよく見えてしかたない。“ギタリスト”というより、何かしら古来の技の“伝承者”のようで妙に様になってました。
と、ここで小出が「ダンス湯浅将平!!」とコール&手拍子を促す。将平君はススス..と一旦袖の裏へ。うおーきたきたー!こちらも嬉々として「ダンス湯浅将平!!」と声を揃えて彼を待つ。しばらくして出てきたのは……獅子舞ーー!!?てっきり普通にタンバリンを手にしてくるのかと!そうきたか!(でも法被に“獅子”と書いてあるのを見て「獅子舞の担ぎ手っぽく見えるな~」とはライブ中も思ってた)ていうかすっごいノリノリだなこの獅子舞。そして、やたら動きが上手い(笑)
 小出「今日の決めは108つです!」
そんな普段の倍以上の数字設定にも怯む事なく巧みな踊りを見せる。お尻もフリフリしてましたよ(笑)獅子舞に尻尾がある事をこの時初めて知ったわ。んで曲はもちろん『SAYONARA-NOSTALGIA』。
 小出「将平君、その下どうなってるんだっけ」
『SAYONARA~』が終わったところで小出がまた妙な振りを。スッと帯に手を掛ける将平君。思わず「おおーー!!」と沸き立つフロア(笑)何故かちょっと勿体ぶった素振りも見せつつ勢いよく帯を放り投げたぁー!法被の襟を掴みフロア正面を向き、これまた勢いよく胸元を開け脱ぎ捨てたぁー!!腹掛け一枚だーー!!セクシー(笑)!!フロアから大歓声が起きたのは言うまでも無い。んで更にさ彼、素肌に腹掛けなもんだから、くるっと後ろを向くと白い背中が丸見えなのですよ。ここでもちょっとまたどよめく女子達(笑)ついでに脇汗をタオルで丹念に拭く姿に思わず吹き出す。
中盤では『DEATHとLOVE』や『ラストダンス』等『C』からの曲も。
MCでは“小出日記”でも触れていた年越しの話(⇒23時50分頃、大阪から東京へ戻ってきたが年越し目前で東京駅の赤信号にはまってしまい、やきもきしていたら0時きっかりに信号に青の矢印が出て「これは2007年は前進しろって事だ!」と大興奮だったと)をしたり。また、何故か突然「こういうライブ中も盗難とか増えてきているらしいですから、気を付けてくださいね」と、さっき兵庫さんから朝礼で聞いたよー的な内容を話しだす小出。まぁそりゃ気をつけますけど…えっ一体彼の本旨はナニ???
 小出「でも、例え荷物や持ってきていたお年玉を盗まれても………ここ(胸に手を当てて)!!心の貴重品だけは盗まれないようにっっっ!!!!」
そこかー(笑)!!無駄に熱くてクサイ台詞だが(しかも2、3回繰り返していた)、正月ライブという稀有な環境のせいかオーディエンスも皆ハイ状態で「イエーーー!!!」とテンション高く応える。えぇ、もちろん自分も。
 小出「まだまだお祭りの途中ですが…」
とくれば!?きたー『祭りのあと』!!途中だろうがなんだろうが関係ない!跳んで跳んで跳びまくる!手も叩きまくる!楽しい!そしてその熱い高揚感のままラスト『ELECTRIC SUMMER』へ!
最後までとにかく色々と楽しませてくれました。ワンマンの時に言っていた「一発目だから何してもいいんですよね?」の言葉を彼らは裏切らなかった。期待以上の事を実行してくれた!メンバーがあの格好で登場してきた時から…いやその前にカウントダウンが出来なくなり正真正銘新年最初が彼らと決まった時から感じてた事だけど、本っっっ当に2007年ライブ初めがBase Ball Bearで良かったよ!!!んでもってステージもGALAXYで良かった!GALAXYだったらM-ON!でのOAがあるからね。この日観れなかった人もあとでご覧になって是非萌えてくれ。
 
Base Ball Bear終了後、水分補給の為に一旦2Fのコンコースへ。自販機の100円リアルゴールドを飲んで乾きを潤おしていると、すぐ隣のイベントホール内ロビーに人がわらわら集まっているのが目に入る(どちらもガラス張りなので中の様子が丸見え)。そう、仮装大賞の観客(もしくは出演者)。その中に巫女コスプレをした女性を3人程発見。「ふっ…貴女達の巫女よりさっきの史織ちゃんの巫女の方が数段可愛かったぜっっっ!!!」。一人勝手に勝ち誇った気分になる自分。ていうか史織ちゃんも将平君もこっち(フェス)というより、むしろ向こう(仮装大賞)の出演者っぽいよ。恐らくあっちに紛れ込んでも違和感はなかったはず。
 
9mm Parabellum Bullet[MOON STAGE]
熱かったー!熱かったー!熱かったー!!
“彼らのライブは常に暴れまくり”という噂通り、演奏中のメンバーはステージ上をところ狭しと駆け回りギターやベースも思いっきりグワングワンと振り回す!!そのままスポーンッとフロアに飛んできそうな勢いだった(笑)
1曲目からそらもうフロアもジュージューな熱気に包まれていたが後半『talking machine』からまた一気にボルテージがアップ。私はBase Ball Bear同様中央最前エリアにいたのだけど、この曲が始まった途端後ろから大量の人がなだれ込んで来ましたから。そしてモッシュの嵐!最前エリアだけど横のバー近くに陣取ってた自分は、モッシュ群には飲み込まれないで一人気ままに…且つ激しく踊り狂ってました。た、楽しいーー!!
そしてラス曲『beautiful target』ではもう何が何やら状態!!だって元々この曲祭り拍子なんだよ。盛り上がらん訳がないだろう!!目に付く人皆、気が触れたように狂喜乱舞していた。もう自分も無心だったよ。無心で騒いで踊った。
いやー楽しすぎたわー…。どうしよう2月のワンマンも観たいかも。えっ年明けてからチケット残り少なくなってきている!?己と同じ思考のやつがいっぱいいるって事だな(笑)
 
ハイラインブース
2日目のVOLAのライブ以降、まだ聴いた事ない音源が気になって気になって…2日前から「買おうかなどうしようかなー」とずっと悩んでました。けどもう今日で最終日だしなー…えぇい買っちまえー!…という訳でお買い上げ~『WAITING FOR MY FOOD』。2日前に見た時は特典で缶バッチもあったけどさすがに最終日ではもう無かった;
それよりアーティストの書初め、こちらも最終日という事でいつの間にかにその数がババンッと増えておりました。壁際が埋まっちゃったもんでお店のど真ん中にも吊るしてあったけど、あれ絶対邪魔だよな(苦笑)
 
POLYSICS[GALAXY STAGE]
お買い上げしたCDは持ち歩いてる訳にはいかないのでクロークへ。その途中でGALAXYの前を通ると、おっ『むすんでひらいて』が良い感じで盛り上がってる!…けどひとまず素通り。だからクローク行くんだって!
クロークで荷物を預け直し、手洗いへ行くと外から「明けましておめでトイスっっ!!」の声が鳴り響いてきた。わはは、本当に盛り上がってるなー(笑)この時間はしばらく休憩しとこうかなーと考えてたが、今度は『I My Me Mine』が流れてくるもんだからダッシュでフロア内に入った(笑)もうGALAXYの後ろまで人がきちきちでしたよ。スゲー。『I My Me Mine』の後も『You-You-You』など数曲を熱唱。
これ、ポリは本気でのめり込んだら相当楽しいだろうなー、と彼らに対してまだ一歩引いた所にいる自分は感じたです。…というか私もこのまま勢いよく飛び込んじゃった方がいいのか!?飛び込みそう…!??
 
音速ライン[GALAXY STAGE]
音速を待ってますポリが終わった後はそのまま前方エリアへ一目散。たけし君前の柵部分(くぼんでるトコ)を確保。視界を遮るものがなくかなり観やす~い。たけし君側を選んだのは時間が被ってるUNDER THE COUNTERにもすぐ移動できるように。フロア下手側の壁には各ライブ終了後だけ開くMOON前への通路があるのだ。
この日も彼らは全員オフィグッズのTシャツ着用で登場。何ですかTシャツに飢えてるんですかアナタ達。
さあいくぞ!の前に藤井さんとたけし君、2人で肩を組み手を挙げてご挨拶。微笑ましい。
『our song』、“カッパパ~”の曲…もとい(笑) 『コトノハ』、そして『みずいろの町』。前半のセトリはこんな感じ。
 大久保「明けましておめでとうございまーす!!」
  客  「イエーーー!!」
 藤 井「いや~、にせんにゃにゃにぇん…」
 大久保「にゃにゃにぇん(笑)!?」
にゃにゃにぇん(笑)!!??やだもう、初っ端からやってくれるなー藤井さん。
 大久保「昨日までは言っちゃダメだったんだけど今日はもういいよ、って事なので……3月21日に新曲が出ます!タイトルは『真昼の月』!」
と、サプライズな告知も飛び出したり。どうも前日のCDJ WESTでは既に披露済みだったらしい。そんな事言われちゃねぇ…そりゃフロアから「聴きたーい!」と声も上がりますよ。しかしこの日のセトリには残念ながら組み込まれてなかったようで…
 大久保「バンドだと無理だけど藤井さんの弾き語りなら…」
そんな訳で急遽藤井さんが一人弾き語りで新曲の数章節を演奏!比較的ゆる~い雰囲気で、またこの時は弾き語りだったせいかもしれんが藤井さんの美声がとても引き立っている曲でした。藤井さんの「最近は僕も大久保もコレしか聴いてないから」という言葉のように自分達でも心酔しちゃうくらい良い出来みたい。
 藤 井「あとちょっといやらしい話していい?以前リキッドでワンワンやった時…」
ワ、ワンワン(笑)!!猫の次は犬ですか!!…いや、えーとこの時のMCを要約すると、リキッドルームでワンマンをした時に披露した『ありがとうの歌』という曲も初回盤限定でカップリングに入るよー、という事だそうです。初回盤のみってところがいやらしポイント。
そんないやらし宣伝話の後は『逢いたい』やら『逢瀬川』やら人気曲でたたみ掛け、ラストは『街風』を皆で歌って大団円。
 
UNDER THE COUNTER[MOON STAGE]
音速終わったー!待っててUTC!!、とばかりに例の通路を通ってMOONへ急ぐ。
到着した時は最後から2曲目だったようで、結局まともに聴けたのは最後の『Hello, Today』のみ。1stアルバムラストに収録されているこの曲、初めてのライブで自分が彼らに出会った頃の曲とはなーー…妙な郷愁感に襲われちゃったじゃないか。
そんな感覚もあってか、本気で頭から観たかったよー!と悔しさ爆発。音速も新曲を一足先にチョロッと聴けたりとそりゃ良かったけど、セトリ全体ではあんまり新鮮味が無かったというか;UTCにしときゃ良かったかなーなんて一瞬思ったり思わなかったり……。
 
ここらでちょっと腹ごしらえ。4日目ともなると自分の食べたい物(偏食家視点で言うと“食べれる物”)も少なくなってきて困りますね。普通に普通の焼きそば食べました。味も普通(笑)
時間が空いたから何か観に行こうかなーメレンゲがいいかなー、とGALAXYに向かったが、時間的にもそろそろ終わりそうな気配だったので結局フードエリアの椅子に戻ってNICOに向けで体を休める事に。
 
dustbox[MOON STAGE]
せっかくなのでその前のdustboxも観とくべか、と早めにMOONへ。dustbox、自分の中では少し聴いた事があったようなと思ってたんだけど、記憶違いだったかな。1曲くらい知ってる曲があるはず~…という期待を裏切られ全て初聴きでしたわ(笑)
それよりもお客さんが超満員で凄かった!モッシュ&ダイブの数も凄かった!!あの兄ちゃんさっきもここ通ってたよなーなんて思ったら、何度もダイブ⇒引き摺り下ろされ⇒フロア戻る⇒ダイブ…を繰り返してたのね。んで自分はというと、周りのテンションにつられてちょっと踊ってみたりもしてたけど、得手か不得手かと訊かれれば、正直不得手なタイプでございました…。ゴメン。
だけどMCはなかなか。ドラムの方が「この中で4日間来てる人~??」と訊くもんだから素直に「ハーイ」と挙手したら(結構挙げた人は多かった)「何!?暇なの!?」と言われたよ。そんな本人も実は4日間来てたらしい。ヒトの事言えないじゃない(笑)!あと「♪モジャモジャジョージ」にはかなりウケた。
 
NICO Touches the Walls[MOON STAGE]
そして、きたきたきたー!我がメイン!!NICO Touches the Walls!!この4日間MOONに足を運ぶ度に「○日後にはここにNICOが立つのか」「○時間後には…(略)」とNICOを想って胸の奥の方で密かに興奮してました(笑)
最前列をゲットしてその時をドキドキしながら待つ。しばらくしてまず対馬君がサウンドチェックに現れる。その後他のメンバー3人も登場。1日目でフジ金澤君が話していたように、CDJでは事前リハが基本的にない為、機材転換と並行してこうやってメンバー自らがサウンドチェックを行う場面が4日間通して多数見られるのだ。しかし、さすが最前、近いなぁ(笑)メンバーがガチャガチャと音合わせをする様子を「みっちゃん髪伸びたねー」とか思いながら15分近く凝視。
ふと携帯で時刻を確認すると開演予定の19時半。光村君がスッと右腕を上げライトが落ちる。一旦裏へ捌ける事なくそのままライブスタート。1曲目からいきなり『アボガド』をぶっ放しフロア内を狂喜の渦へ。私自身も最前列という境遇と、4日間様々なトラブルに見舞われながらもようやく最終日のこのNICOまで辿り着けた喜びで、いつもにもなく一心不乱に拳を振り上げ飛び跳ねた!
 光村「HAPPY NEW YEARーーー!!最前列の人も後ろの人も、ここでこの時間俺らを観た事を後悔させないようなライブにします!」
と、みっちゃんも気合の入った台詞を発する。曲の合間にもニカッと笑顔が垣間見れたりと、本人も元日ライブという事でいい具合に上がってるようだった。
ライブは『image training』に『行方』と続き、そして『壁』。この日も“これでもかっ”というくらいに惑溺させられる演奏だった。何だか近頃はやたらとメンバーも『壁』に力を入れているように感じられる。だけど『壁』ってさぁ、こう…拳を振りかざす感じではないような…(苦笑)いやまぁそういうのは個人の自由だけども;フェスだし!そうっ色んな人がいるさ!
と、気持ちを切り替えたところで、おぉーこのリズムは!この手拍子はーー!!ぃやったーーー『泥んこドビー』--!!!前回(12月5日)聴けなかったってのもあり、もう嬉しくって嬉しくってリズムをとる両手にも無駄に力が入る!更に古くんがセンターのマイク前で「あけおめぇーーーーっっ!!!」なんて威勢よく吼えるもんだから、こっちも我を忘れるくらいにエキサイト!!曲中はもはや無我夢中でほとんど記憶がない(笑)ブリッジの恒例コーラスではいつもの「♪転がせろー…」の前にみっちゃんが「♪ナーナナナナー ナナナ ナーナナナー ナナナー…」とWilson Pickett『Land of 1000 Dances』のあのフレーズを口ずさむ。オーディエンスも続けて「♪ナーナナナナー…」!もちろん「♪転がせろー…」の方もちゃんと歌いましたよ。ここのコーラスも今まで以上にレスポンスが良かったように思う。
で、そんな勢いのまま『そのTAXI,160km/h』に突っ込む。ジャジャンッという本来の曲の入りに行くまでの坂倉君のドゥドゥドゥドゥのベース音で踊り狂うのが私は大好きなんだが、この日は時間の都合でか、そういったイントロアレンジが全曲通してもほとんど無かったのがちょっと残念だった点。が、そんな事を差し引いてもこの曲の猛進は衰えやしない!なんせ時速160kmですよ(笑)?しかも『泥んこドビー』から続けてだもんな。ヤバイでしょ、そりゃ。サビの「♪オーーウオーーーオオ」だって思いっきり声出しちゃうでしょ。自分自身、彼らを大トリとして捉えてる面もあったから「最後の最後だ!ストッパーなんていらない。いてまえ!」ってな心境で、声を上げ、拳を上げ、体を跳ね上げた。次第に上げてる腕が痺れてきても曲が終わるまでは下ろしたくなかった。下ろさせなかった。
まぁ最前列ゆえ音がクリアに聴こえなかったのは致し方ないとして、また、胸にグッとくるという面では前回のWHAT'sIN?イベの方が上だったが、元日だからなのか、オーディエンスもそしてメンバーも、とにかく全体的に意気軒昂といった感じで力いっぱい突っ走ったライブだった。古くんもまさかステージ上であんな叫ぶとは(笑)普段、古くんと坂倉君はコーラスもMCもしない為フロントにはみっちゃんのマイクしか立てていない。それなのにわざわざそのみっちゃんのマイクを奪ってまで「あけおめぇーーーっっ!!」って。相当上がってたんでしょうね。
初めて最前で観れたし、楽しかったー!!本当に自分の中ではトリだった。
 
当初はその後にヘアブレも観ていこうと予定していたが、今のNICOで充分満足してしまったので、ワタクシのCOUNTDOWN JAPAN 06/07はここで終了ー。初めての経験の元日ライブ、どうせなら大好きなアーティストで締め括りたいじゃない(や、ヘアブレも好きだけど。新曲『ORION』とか何気にお気に入りだし)。「あーNICO楽しかったー」と足取り軽く帰宅。
駅からの車中、iPodからシャッフルで流れてきたのは数時間前に大熱狂した『そのTAXI,160km/h』。まだまだその時の興奮が残り火としてあった自分は再びヒートアップ。気付けば車のスピードメーターの指針が160km/h…はさすがにいかないが、その半分の80km/hを指していた。出しすぎ出しすぎ!普段は最大でも65km/h前後で安全運転な自分なのに。以後気を付けます、『そのTAXI,160km/h』をライブで観たあとのスピードオーバーには。
 



MUKUHARI途中色々焦った出来事もあったけど、なんとか無事に4日間を終えられたです。しかしあれだな、“私がロッキングオンのフェスに全日参加するととにかく何かしらのハプニングに襲われる”というジンクスがますます確立されてきましたね。嬉しくないよ。
とりあえず大晦日のあの終電事件もあるしさー、今後はまた以前のような3日間開催で最終日はオールの方がいいと思います。元日からライブという、非常にハッピーなシチュエーションもそれはそれで良いんだけどね。それでもまた4日間開催というのなら、大晦日だけでも宿を取って参加するしかないのか。んーメンドイ;
 
まぁそういう事はまた1年後に考えるとして…
お疲れ様!!楽しかったよ!!ありがとう!!
MUKUHARI!!(↑あっちゃー。ロッキングオンあっちゃー;)
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

COUNTDOWN JAPAN 06/07 【4/4】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/876-c7246844