FC2ブログ
CFD

JAPAN CIRCUIT -Vol.16-

20:09 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

ROCKIN'ON PRESENTS 「JAPAN CIRCUIT」 -Vol.16- @SHIBUYA-AX 2004.03.13



jc
ネタが無い時の過去LIVEレポ再利用 第2弾。


*出演ACT
レミオロメン、スネオヘアー
椿屋四重奏、東京60WATTS 
 
 
 
 



ライブの二週間程前、ディスクガレージの会報を見ていた姉がいきなり「JAPAN CIRCUIT行きたい!レミオロメン観たい!」と言い出した。
…お、遅いっつーの!言うの遅い!
そりゃ私もレミオロメンが出ると知った時から「行きたいなー」とは思ってたけど、姉は忙しそうだったのでライブの事は知らせないでいたんだよ。


という訳でその日から、売買掲示板で必死になって譲ってくれる人を探し回り、なんとかチケットを手に入れる事ができました。(もちろん定価で)
ちなみに、2枚連番だとなかなか譲り手もいないので別々の人に1枚ずつ譲ってもらったのにも関わらず、それぞれのチケットの整理番号が偶然にも10番違いというものだった。すごい。



東京60WATTS
ライブの2、3日前に『目白通り、いつも通り』という曲のPVを偶然見て「こんな感じなのかー」と、予習的なものはしていたけど、それ以外の情報は全く無い状態。


・ボーカルの人が首にタオル(?)を巻いていた姿が妙に好きだった。


・曲の雰囲気などは暖かい感じで聴きやすい。


・しかしMCはぶっきら棒で淡々としていた。その辺のギャップがまた面白かったり。


・ボーカルは跳んだり回ったり、常にぴょこぴょこ。


・ピアノの人、歌うまーーー!!声が素敵!!惚れ惚れしてしまった。


・「たけしくーん!」って(笑)


・東京60WATTSのテーマが耳から離れない。


椿屋四重奏
前々から聴きたいと思っていたのだけど、如何せんウチの周囲が田舎なもので中々CDを見つけることが出来ず…といった感じで聴かずじまいのまま早数ヶ月、やっと聴けた!


・何故かウネウネしながら登場してきたボーカルの中田君。


・妙に礼儀正しい。自己紹介なんて3回くらいしていた。しかも、それぞれに紹介文みたいなものもあり。


・中田君が汗を拭こうとするもタオルが無く「タオルが無いので袖で…」とか言ってたら、ドラムが投げたタオルが宙を舞い頭に!!「(ハッ)…たった今、ロックの魔法が起こりましたっ!!」
 そんな、“ちょっといい話”的要素もありつつ(笑)


・サウンドは激しい、でもどこか日本の情緒的なもの感じさせられる。これぞジャパニーズロックという感じ。後半に演奏された曲の方が何となく好きかも。


・やっぱりCD買いたい。


・ていうか中田君カッコいい。




前半二組が終わった時点で気づいた。
「今日の出演者、皆キャラ濃すぎ!」
東京60WATTSも椿屋も、一癖もふた癖もある人達で、次のスネオヘアーのキャラについては毎週スペ中を見ているから、言うまでもなくといった感じで。
レミオロメンは比較的普通だから、何か押され気味になったりしないかと。
まぁ実際はキャラ対決では無いんだけど(笑)



スネオヘアー
椿屋が終わると同時に前方への民族移動が。さすがスネオ、人気あるなー。
ちなみに私達は、ずっとセンターあたりにいました。前後左右どちらからでもちょうど真ん中あたり。凄く見やすかったです。


・おぉ!黄色い歓声も多いよ「スネオーッ!!」って。それに対してスネオが「お客さーんっ!!」(笑)


・「ビデオの賞取ったぞーーーー!!」 そうだ、二日前に行われたMVAでスネオも賞取ったんだよね。キラッキラのタキシードで登場してましたよ。


・「この間、引越しするために部屋を片付けてたんだけど(中略)押入れからシンバルが額にスコーンッッ!!と…!」
 脈略のない話。でも笑った。


・「先輩っ!!世の中捨てたモンじゃないんすねぇ!!」
 更に脈略のない…(笑)


・このあたりで、「今日は漫談を見に来たんだっけか?」と錯覚しだす。(違います)


・「ウチの親父が、実は俺のことアズマって名前つけようとしてて…って事でこれからは渡辺アズマで!」
 突然の改名!?しかも“♪…アズマァ~”とか歌いだしてる。
「アズマになっても仲良くしてね★」
 …わ、わかりました(笑)


・「春のナンバーを引っさげて、アイツが帰ってきた!スネオヘアーー!!」
 あぁ…あぁ…お帰り…。


・一人芝居が多い。


・自分もMCしか覚えてないのか…?


・いや、もちろん演奏も良かったです。曲に入ると一転真面目でいい歌聴かせてくれました。個人的には『アイボリー』や『訳も知らないで』など、好きな曲が聴けなかったのが残念だったけど、楽しかったんで満足。


レミオロメン
朝顔ツアーは参加しなかったので、2004年初レミオ。
前方では再び民族移動。ぎゅうぎゅうで大変そうです。そんな前方を眺めつつ、床に座り込んでたりと、私の周りはかなりゆったりとした空間だった。前もいいけど後ろで見るのもいいっすよ。


前回のライブ(ファーストワンマン)の時には無かったSEが!カッコイイ!ツアーの時から使ってるんだっけ?やっぱりSEがあると、テンションも上がりますね。


・1曲目『雨上がり』 いきなりっすか!もちろん跳びました。拳も上げました。ライブ版の『雨上がり』は♪雨上がりのよぉー…の後のアウトロで盛り上がるのが凄く良い。


・間髪入れずに、鳴り出すドラム。『すきま風』!入りのあのドラムがカッコ良くてカッコ良くて大好きだ。


・3曲目『フェスタ』 どうしたんだ!どうしたんだ!?レミオロメン!!随分飛ばしすぎじゃないか。いや、楽しいから全然いいんだけど、初っ端からこの3曲が続けてくるとは驚いた。


・MC 亮太君も啓介君も揃って「今日、何かいいよね」「いい感じだよね」とか言ってる。いや、何か曖昧すぎてわかりにくいよ(笑)


・あれ?治君が妙に大人しいような。いつもならMCに絡んでくるのに。あっでも亮太君が「前にもJAPAN CIRCUITに出た時は、今はもう無いBLITZで…」とか言ったら「まだあるよ」って突っ込んでたか。皆、気づくか気づかないかの声だったけど…(笑)


・MC明け。おぉぉこのベースは…『まめ電球』だ!ベースの音だけで、いち早く反応してしまう。


・お次は『日曜日』。そして『朝顔』と続く。ちなみに姉は『朝顔』の事を“ラクダの歌”と呼ぶ。違う。


・そして『電話』。この曲は曲調がゆったりしている分、声の力強さをダイレクトに感じる。


・本編最後は『3月9日』 今回はこの曲を聴きに来たと言っても過言ではない。微動だにせず無心で立ちすくんでました。あぁヤバイ。前日のMステの映像は音があんまりよくないように感じられたので、よけいに生の歌声にやられてしまった。ホントに聴けてよかった。


《アンコール》
客「Mステ見たよ」 
前「(即答)あホント?」 
前「亮太君、Mステみんな見てくれてたんだってー」
藤「えっあれリハーサルじゃないの?また後で本番を…」
前「……わかりにくい。わかりにくいよソレ。亮太君!?亮太君!!?」 
 亮太君(笑)!


・ここでようやく治君が大人しかった理由が。「風邪引いちゃって」だそうです。そうだったのか、それで何かちょっとポケーとしてたのか。
神「昨日(Mステ出演時)は啓介君が風邪っぽかったんだけど、今日は僕が…」
前「俺は鳥インフルエンザだから」 
藤「あぁ、(感染順が)カラス→ニワトリ→啓介の順ね」 
前「この(お腹から)下はウロコなんだよ」 
神「まぁでも頑張ります」
前「…でもあいつ、ゲイですから」 
神「えっ?何??」
前「ハードゲイなんです」
神「違うって!…てかさー、ここからだとそっちの声よく聞こえないんだよねー!」 
藤「……じゃ、曲に」 

 オチが無い…。
 これまでの3アーティストの爆笑MCも好きだけど、彼らのオチ無し脱力MCも好きだ。


・アンコール曲は『日めくりカレンダー』でした。


・最後に舞台袖へはける時に、治君が口に手をあてて声は出さずとも何かを叫んでいた。“風邪引いてて大声だせないんだよー”っていう意か?


・そして気づいたら啓介君がズボンをずり下げてパンツを出していた…。3時間半のライブの締めがパンツって…(笑)



レミオロメン、前回私が見たファーストワンマン時よりかなりパワーアップしていると凄く感じた。帰りに姉も「前とだいぶ違ったねー」と言っていたし。
“ツアーを経て演奏力UP”と、どこかの雑誌で読んだけど、本当にそうだったんだなーって。凄いな。その成長している様子を身をもって体感できて嬉しかった。





終演後、外に出ると出口すぐ横にどこかで見た顔が…。
…えっ!?あれっ!??もしかして山ちゃん!!?
なんとアジカンの山ちゃんがそこに!
しかし、以前と比べて髪がちょっと明るくなっていた事もあって、本人だかイマイチ信じきれない私は「…山ちゃん……なのか?えっ、でも髪の色違くない?…だけどあの顔はどう見ても山ちゃんだし…」とか思いながら凝視してました。本人の真ん前2~3mの至近距離で。………。


家に帰ってオフィの掲示板の「ジャパサの会場に山田さんと伊地知さんがいた」(そういえば2階席にいたキヨシ君も見たな)という他の人の書き込みを見て、ようやく本当に本人だったと確信。


……いや、えーと…すみませんでした。
話掛けるでもなく、目の前で思いっきりまじまじと凝視してしまって…(滝汗
失礼極まりない行為、本当に申し訳ありません………。



jc
そんないろんな出会い(!?)があったJAPAN CIRCUIT。
お目当てはレミオロメンという事で行ったのだけど、どのアーティストも凄く良かったです。
山ちゃんもカッコよかったです(笑)
姉は東京60WATTSが気に入ったようで、「CD聴きたい」ってうるさいし。(私に買えと?)
あと、今回チケットを譲ってくれたお二人に感謝。
こんなとこ見てないだろうけど。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

JAPAN CIRCUIT -Vol.16- のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/91-bc6ed572