CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2007.05.16.Wed
21:00
 shiro
ともさんこんばんは!
レポート読んでくださって感謝ですっ♪

小出の一人芝居MCは各地でシリーズ化してたらしいですね。
仙台の専門学生編も気になるなぁ~(笑!
やっぱりぶっ飛んだ妄想だったんでしょうか。
 
>彼らは会場が大きければ大きいほど輝いているような気がします。
ホントに、規模の大きさに比例して本人達もイキイキしてくるような感じがしますー。
武道館…!?いや、これは本気で数年後に実現してそうですよ。
もちろんドッカーンと派手な演出込みで。
>湯浅君のコーラスは誕生日から解禁?してるそうで。
おぉっそうだったんですか!
じゃあ今回のツアーで仮にLOOK公演に行ってたとしても聴けなかったという事ですな。
やはり次もAXの方が得なんじゃろかー…(悩)
  edit
2007.05.16.Wed
18:14
 とも
レポお疲れ様です!早速読みました~。
やっぱり来たか、小出ズ妄想。
仙台では専門学生との妄想でしたが、巡り巡って
ファイナルでは年上ツンデレになったんですね(笑)

>会場が大きくなればなるほど色んな事をやってこうかな
彼らは会場が大きければ大きいほど輝いているような
気がします。CDJ然りAX然り・・・将来武道館でやりたい的な
ことをMCで言ってたんですけど、彼らならもしかしたらやりかねない
気がしてしょうがないです(笑)
あ、湯浅君のコーラスは誕生日から解禁?してるそうで。
私も奇跡の声が聴けて幸せでした。
エレクトリックサマーを裏声で唄ってた人と同じだとは思えない!(笑)
  edit

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/951-4a9a67ac

Base Ball Bear ワンマンツアー "LIVE BY THE C"

22:10 | ライブレポート | cm:2 | tb:0 | edit

Base Ball Bear ワンマンツアー "LIVE BY THE C" @ SHIBUYA-AX 2007.05.11
 
Base Ball Bear歌っている小出が時折ウエンツに見えたのは私だけかしら。
最近テレビでやたらとウエンツを見かけるせいかね。


この日の1曲目は『STAND BY ME』。で、まず思ったのが「あぁ音良いなぁ」。自分自身が数ヶ月振りの何千人規模のライブハウスだったもんで、音の響きの良さに妙に感心してしまった(笑)
 
『Good bye』前ではサビの「♪冥土までは付き合えないから~」をコール&レスポンス。そして最早恒例と化している(?)『シャングリラ』も挟み、更にYUIの「♪恋しちゃったんだ~」まで何故か登場。
 
「えぇ演ってくれるの!?」と嬉しかったのが『極彩色イマジネイション』。インディーズの曲の中でもかなり好きな部類なので高揚しました。
 
中盤、『抱きしめたい』前でのMC。ここはなんといっても「僕がね年上の女性と付き合ってるんですよ」という件から始まる小出の妄想一人芝居が…(笑)人物設定としては“小出は23歳入社1年目のしがない新人。相手の女性は会社の上司カオリさん(27歳)”。会社ではちょっとヒステリックな上司。でも2人きりの家では弱い一面も見せてくれる、いわゆるツンデレ…と要約してしまうとそんな内容なのだが、小出の話はいちいち設定が細かくて細かくて!
 小出「彼女が帰ってくるまでに料理を作っといてあげようと思って…で、まぁスーツ脱いでネクタイ外してその上にエプロンするよね、当然っ
いやそんな力強く“当然”て言われても(笑)
 小出「水色の、水色のエプロン」
色まで決まってるのか。
 小出「(彼女帰宅) カオリ{あーいい匂いするこれ何?} 小出{今日ねカレー} カオリ{カレーちょうど食べたかったんだー!ランチの時にCoCo壱行こうか迷ってたんだけどぉーやっぱやめて良かった。祐介のカレー美味しいもんねーv}」
そういえばこの日は彼の家族も観に来ているんだよな。親の前でこの一人芝居は恥ずかしくないのだろうか…(余計な心配)
 小出「(会社で上の人から説教をされた彼女、食事中に泣き出す) カオリ{もうやだ明日会社行きたくない(泣)} 小出{おい!} カオリ{もうやだ(泣)} 小出{おい!} カオリ{もうやだ(泣)} 小出{おい!!}って言って抱きしめるって曲です!!!
  客 「おぉぉーーーー!!!(大歓声&拍手)」
 小出「これさ、どこででもウケるんだけど、この歓声何なの(笑)?」
それはアナタの話があまりにも長くて(↑もかなり端折ている)細かくて「ようやくオチたぁー!」という意味合いもあるからだよ、きっと。
 
ピンクハート(小出談)が詰まった『抱きしめたい』のあとはお待ちかね!ダンス湯浅将平!!
 小出「やっぱりさっCOOLなだけがROCKじゃないのさ!」
と言われて登場してきたのは熊の被り物をした将平君。CDJ以来被り物に目覚めたのかしら(笑)気が触れた熊のような…もとい、キレのいい動きをこの日も見せてくれていたが最後の決めポーズの時の表情が真顔でちょっと怖かったです(苦笑)
 
今回のツアーでは何やら“堀之内大介・面白い人になろう計画”というのを全国で展開してきたらしいですね。という訳で本編後半では小出によるホリ君イジリが始まる。「ブログで“オイラ”と書くのが気に食わない」やら「新しい髪形…このメッシュは日本人やらないでしょ」やら「Tシャツの文字、“LIFE OF THE PARTY”。お前どんだけ日常茶飯事でパーティーなんだと!」やら散々突っ込みを入れる。なんてやりつつも、小出もフォローという訳ではないがツアー中のホリ君の面白エピソードを披露。が、いまいちこれがウケず…
 小出「Σ 何かちょっと、バカ!俺がスベったみたいになっただろ!!」
機嫌を損ねた小出は「あーやだもー次の曲やろ」発言。かなり拗ねてますね(笑)
 
結局面白い人になる事が叶わなかったホリ君の曲振りから『夕方ジェネレーション』。その直前のMCの時に設置されたマイクから「もしや?」と思ってたけど、なんとサビでは将平君がコーラスを!周囲のお客さんも驚いていたよ。過去には歌ってなかったよね?貴重な歌声にかなり感激いたしました。また、ブリッジでの恒例「ギター俺!!」の際には「ココちゃんとカメラさん付いてこれてるかな」と再び余計な心配が私の脳裏に。(後で映像で確認したらきちんと“俺”がカッコよく映ってた。良かった良かった)
 
『夕方ジェネレーション』が終わると同時に鳴り響く将平君のギター。うぉぉぉーー!!この音は!!もうっこのイントロのギターを耳にしただけで自分のテンションも一気に跳ね上がった!『CRAZY FOR YOUの季節』!今まで「オープニングに相応しい」と評してきたけど、この曲はどの場所に持ってきてもボルテージを急激に上げる力があるとわかった。
 
『祭りのあと』と本編前半で登場した『4D界隈』で共通していたのが、曲に入るまで幻想的な照明と共に静かに響き渡る小出のギターソロ。そんな不思議空間に客をしばし浸らせ「何だ?何をやるんだ!?」と気持ちをじらしにじらした効果で、直後の弾けっぷりも格段に倍増。溜めて溜めて、爆発!といった感じ。魅せ方がどんどん上手くなっていってますな。
 
『ELECTRIC SUMMER』では銀テープも飛び出し派手に本編ラストを飾ってました。
 
アンコール、史織ちゃんによるグッズ紹介の際に「可愛いー!」という声がフロアから。うん、確かにこの日も史織ちゃんは可愛かった。遅れて登場した小出、他のメンバー同様グッズTシャツ着用だったのだが…う~ん、前回のワンマンの時も思ったけど本当にグッズTシャツ似合いませんね……;シャツ&ネクタイが定番になり過ぎちゃってるんだろうな。
で、まずは秋のツアーの告知をしたのち今月リリースシングル『ドラマチック』の話題に。
 小出「こちらの方はアニメ“おおきく振りかぶって”オープニングテーマになってるんですけども、もう見てくれたでしょうか」
  客 「見たーーー!!」
 小出「あーいいね!まだ見てない、もしくは放送されてないという方はホームページ“ユーふ~ふ”の方でチェックしてください」
  客 「(笑)」
 小出「俺ミュージシャンだからあんまり言えないんですけど“ユーふ~ふ”で!!」
言えない割りには力強く連呼し過ぎな気が(笑)もう全く濁せてないですよ。
 
そんな『ドラマチック』、それまではCSでPV見たり例の“ユーふ~ふ”でアニメのオープニングを数回見たきりで「へぇーこんな感じなのね」ぐらいにしか思ってなかったんだけど、実際に生で聴くとやはり違いますね。予想以上にテンションが上がって何だか急激に好きになってしまった。
 
またダブルアンコールの『BOY MEETS GIRL』もCDで聴いてると普通なんだけど(笑)ライブだと「いい曲だ」と思えてくる。不思議だ。
 
そしてなんと、1回目のアンコールの際に「今日はファイナルですから何回アンコールしてくれてもいいんですよ」なんて言うもんだから、本当に驚異のトリプルアンコールが実現…!!もしも各地で3回目があったらやろうとしていたけどこの日まで結局やらなかったという曲を披露。『ELECTRIC SUMMER』に続くサマーアンセム第二弾の新曲、その名も『真夏の条件』!これがねぇもう、イントロから「おぉぉ!!」と心鷲掴みにされちゃいましたよ。何となく80年代の熱血ドラマ主題歌を思わせて、サビの「ワオ!ワオ!」という部分が特に耳に残るかなりカッコいい曲だった!!この夏リリースとの事で楽しみです。
 
01.STAND BY ME
02.スイミングガール
03.彼氏彼女の関係
04.YOU'RE MY SUNSHINEのすべて
05.Good bye
06.4D界隈
07.極彩色イマジネイション
08.抱きしめたい
09.SAYONARA-NOSTALGIA 
10.GIRL FRIEND
11.DEATH と LOVE
12.夕方ジェネレーション
13.CRAZY FOR YOUの季節
14.祭りのあと
15.ラストダンス
16.ELECTRIC SUMMER
<ENCORE1>
EN1.ドラマチック
EN2.SHE IS BACK
<ENCORE2>
EN3.BOY MEETS GIRL
<ENCORE3>
EN4.真夏の条件(新曲)
 
ラストに新曲も聴けて大満足!でフロア出口へ向かおうと後ろを振り向いたら、そこにはなんと浴衣を着た力士の方が…!これにはホント驚いた。かなり動揺して、「誰なんだ!?」とチラチラ見てしまった。角界にもしっかりBase Ball Bearファンがいるんだねぇ。凄いなー。
 
また帰路の電車内で偶然にも隣に座った男性2人組が同じくAX帰りだった。
 男性A「あの踊りの熊ってベースボール“ベアー”だからなんスかね」
 男性B「あー、そうじゃん」
私もそこで初めて気付いて心の中で「なるほど!」と呟く。
 男性B「ギター名前なんだっけ。…湯浅…将一?」
 男性A「湯浅将一」
将一!??いやいやいやいやっ!!
 男性B「史織…関根史織」
女の子の名前は完璧なんスね。
 男性B「ドラムはー…本条?」
嗚呼…もう、“ほ”しか合ってない;降り際に「堀之内ですよ」と教えようかと思ってやめといた。そんな勇気ないわ。
 
それはさておき、次の秋ツアー。前々からLOOKで彼らを観たいと思ってたもんだから「今度こそは!」と意気に燃えてるんですが、この日のMCでの「会場が大きくなればなるほど色んな事をやってこうかな」という言葉にあるようにAXの方がまた演出も凝ってそうでお得な気がするんだよな…。さーてどうするか。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 

2007.05.16.Wed
21:00
 shiro
ともさんこんばんは!
レポート読んでくださって感謝ですっ♪

小出の一人芝居MCは各地でシリーズ化してたらしいですね。
仙台の専門学生編も気になるなぁ~(笑!
やっぱりぶっ飛んだ妄想だったんでしょうか。
 
>彼らは会場が大きければ大きいほど輝いているような気がします。
ホントに、規模の大きさに比例して本人達もイキイキしてくるような感じがしますー。
武道館…!?いや、これは本気で数年後に実現してそうですよ。
もちろんドッカーンと派手な演出込みで。
>湯浅君のコーラスは誕生日から解禁?してるそうで。
おぉっそうだったんですか!
じゃあ今回のツアーで仮にLOOK公演に行ってたとしても聴けなかったという事ですな。
やはり次もAXの方が得なんじゃろかー…(悩)
  edit
2007.05.16.Wed
18:14
 とも
レポお疲れ様です!早速読みました~。
やっぱり来たか、小出ズ妄想。
仙台では専門学生との妄想でしたが、巡り巡って
ファイナルでは年上ツンデレになったんですね(笑)

>会場が大きくなればなるほど色んな事をやってこうかな
彼らは会場が大きければ大きいほど輝いているような
気がします。CDJ然りAX然り・・・将来武道館でやりたい的な
ことをMCで言ってたんですけど、彼らならもしかしたらやりかねない
気がしてしょうがないです(笑)
あ、湯浅君のコーラスは誕生日から解禁?してるそうで。
私も奇跡の声が聴けて幸せでした。
エレクトリックサマーを裏声で唄ってた人と同じだとは思えない!(笑)
  edit

TRACKBACK

Base Ball Bear ワンマンツアー "LIVE BY THE C" のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/951-4a9a67ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。