CFD

スポンサーサイト

--:-- | スポンサー広告 | cm | tb | edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/988-f6e457f4

ROCK IN JAPAN FES. 2007 【2/3】

23:09 | ライブレポート | cm:0 | tb:0 | edit

ROCK IN JAPAN FES. 2007 @ 国営ひたち海浜公園 2007.08.03 ⇒ 2007.08.05
 
2日目~AUGUST 4 / the second day


予定より1時間早く3時起床。目を開けた瞬間から左目がゴロゴロ。………Σ これは!!もしかしなくても去年と同じ症状!!?そしてまた去年の二の舞で3日目不参加!!?…と、一瞬本気で再び3日目不参加になる事を覚悟して落ち込んだが、その後なんとか気持ちを立て直し、ひとまずこの日はコンタクトの着用はやめてメガネで参加する事にした。コンタクトをしなければ、ぎりぎりでライブへ支障をきたす程の痛みではなかったので。目薬も通常のドライアイ用のではなくて角膜の傷の修復を促す“ヒアレイン”(たまたま未開封の物が手元にあった)を使用する事に。何気にメガネでのフェス…というかライブ自体が初めてだったりして、動悸が激しくなりつつも(汗)この日も常磐線鈍行で会場へ。
 
会場到着時。早くもBase Ball Bear待ちの人達がフロントエリアにパラパラと。初日に食べた冷凍みかんが美味しかった為「今日も早速!」とお店に行ったら早くも品切れだった…;前日に自分以外にみかんを食べてる人を見かけなかったから大して知られてない商品だと思ってたんだが、実は結構人気あったのねー。代わりに買った冷凍パインを食べながら休憩テントの下でトップバッターBase Ball Bear開始を待つ。

 
Base Ball Bear[LAKE STAGE]
ライブスタート20分程前にようやくフロントエリアへ出陣。5分前頃になってロキノン・スタッフ登場(誰なのかは不明)。「ボーカルの小出君は一睡もしてないそうです」という情報を明かしてくれる。また「彼らの気合は登場した姿を見てもらえればわかると思います」とも。姿って、まさか今回もやっちゃってるんですか!!?期待に胸が高鳴る。
一体何を―――…って、はじめに姿を現した史織ちゃん、白地にピンク柄の浴衣じゃないかーーーーー!!!か、可愛いー!!!んで、ホリ君は甚平、将平君は法被に白さらし。最後に登場した小出は深みのあるグレーの浴衣&帽子という出で立ち。CDJに続いてまたこの人達はやってくれたよ!朝からトラブルに襲われたけど挫けずにこの日も来て良かった!!と心の底から思った。しかし、各方面で既に同様の意見が出てると思うが小出の姿はどこかシゲールを彷彿とさせるな。
ライブは『CRAZY FOR YOUの季節』で幕開け。小出の「ひたちなかーー!!!」の雄叫びがレイクエリアに轟き、オーディエンスを奮起させる。
『CRAZY~』が終わると早くも“ダンス湯浅将平!!”コールが。さすがに夏の野外という事でCDJや前回のツアーのAX公演の時のような被り物は無かったが、この日もキレのいい動きで私達を魅了してくれました。そして直後の『SAYONARA-NOSTALGIA』の間奏では小出に促されてオーディエンス皆でタオルをグルグル振り回したりも!Base Ball Bearもタオルミュージックの仲間入り(笑)!??
また、最新曲『真夏の条件』の前での小出、「僕の“真夏の条件”は石井めぐるというグラビアアイドルです」って。わーこんなところでも大好きなアイドルの名前出しちゃったよ、この人ー(笑)その後、「みんなでワオワオ叫べばいいじゃない!!」とコーラスを求める発言も。って事でサビでは皆で「 I want!I want!」。
他にMCで思い出せるのは…「昨日一睡もしないで今日のMC考えてたんだけど忘れちゃった;………あっそう!雨が降ってる予定のMCで、僕のこの格好浴衣にギターだから、最後に「残念!!」ってね…。…あっいまいちそーでもない(苦笑)?」とか。自分が雨男だから雨前提なんでしょうか。せっかく台風も逸れてくれたのに!
そんなこんなであっという間にラスト。最後はやっぱりサマーアンセムのこの曲『ELECTRIC SUMMER』!!
それにしてもBase Ball Bearは要所要所を確実に決めてくれる良いバンドだと改めて思った(休憩テント内で初めてBBBを観た姉にも「浴衣可愛かったねー」と好感触だったし)。これからもあの手この手で私達を楽しませてほしい。
 
SUPER BUTTER DOG[LAKE STAGE]
レイクの上の生垣から2曲目の『コミュニケーション・ブレイクダンス』まで観て、その後WING TENT横の木陰へ移動して休憩しながら流れてくる音を楽しんだ。個人的には『LOVERS法』とか『五十音』も聴きたかったんだけど演ってなかったよね?
それはともかく、フロントエリアのギュウギュウ詰めの人を見てみんなこの時を待ってたんだなーとしみじみ感じさせられました。
 
木陰で休憩中、ふと鏡で左目の様子を窺ってみると、朝起きた時点では真っ赤に充血していたのがいつの間にかに治っているではないか!目薬を注す度に生じていた痛みもこの時点でほぼ無くなっていた。朝からずっと頻繁にヒアレインを注していたお陰か。凄いやヒアレイン!ありがとうヒアレイン!!
 
DOES[WING TENT]
前回のCDJの時は己の体調不良の為、チラ見程度だったDOESもようやくちゃんと観れた。
最新シングルで自分も大好きな『修羅』からライブスタート。生『修羅』はカッコ良過ぎる!!のっけから痺れたわー。
あとは『三月』やら『明日は来るのか』やら『田舎のライダー』やら。いくつか聴いた事のない曲もあったけど新曲かな。
 
monobright[WING TENT]
DOES終了後、そのままテント内でmonobrightを待つ。開演まで柵に寄りかかってしゃがみこみ携帯をいじっていたのだが、しばらくして顔を上げたら既にメンバー全員勢揃いしてた。おぉっ!生メガネ!生ポロシャツ!生ブラックジーンズ!ちょっと感動(笑)そういえば心なしか他のアーティストの時よりもお客さんのメガネ率が高かったような気もした。メガネの元には自然とメガネが集まるのかな(自分含む)。あからさまに黒縁メガネ&白ポロシャツで揃えて来ました~っていう人達もいたけど。
開演時間になりメンバー再登場。サウンドチェックの時の大人しさとはうって変わって、初っ端からテンション高っ!特に…というか主に桃野氏(笑)
1曲目は『紅色ver.2』。やっぱり良い声してるなー。サビのコーラスも気持ちいい。んで確か2曲目は『R+C』だったか。テレビでFACTORYのライブを見た時も「これは(笑)」と思った、桃野氏のパントマイムチックな動き、生で見ると更にインパクト大で大ウケ。
ていうかもう、このあたりからまんまとmonobrightの魔の手に堕ちてしまってダメだった…。MCでいきなり股間を押さえて「暑くて暑くてもう股間が我慢できません!!」とか。「RIJFに呼ばれて、どんなところかと思ったら一番小っちゃいところ!!」と怒りを露にするもんだから、まさか現時点でグラス規模を狙ってるのか!?と思えば、「来年はあと2cm大きく!!」って。2cmだけでいいのか(笑)でもって、そんな風に熱く怒りをぶつけてくる(彼は常に怒ってるらしい)最中に唐突に「水飲みます」と何度も話をぶった切ったり(笑)
音源はCDで聴いてたし、ライブパフォーマンスもある程度はテレビで見ていたけどMCまでは知らなかったもんで、いや~こんな展開になるとは思ってもいなかった。彼らは自分の予想を遥かに上回る人達だった…。やられた。
これは是非ともまたお目にかかりたい!出来れば11月の恵比寿で!NICOと9mmとDOESと一緒に!!
 
NICOサインGRASSへ移動途中、ROCK IN JAPAN FESTIVAL GALLARYにて去年のNICOのサインをカメラに収める。フェス増刊号で既に見てても条件反射で撮ってしまうんだよな…。

 
NANO屋DOES前に別れた姉と再会。なかなか携帯に出ないと思ったらDJ OZMAで思いっきり踊ってたらしい…。その後、茶屋ビレッジに移動しフォーでお腹を満たす。やっぱり飲食店はグラスの方が質がいいなぁ~。アジカンのNANO屋もなかなかの盛況っぷりでした。自分は買わなかったけど。


井上陽水[GRASS STAGE]
お腹が膨れたせいで眠気に襲われる。GRASSエリア最後方の休憩テントの日陰で昼寝。と同時に、ステージの方では井上陽水が登場。寝転がりながら耳を傾ける。
1曲目の『アジアの純真』で俄かに笑いが起こり、3曲目の『少年時代』では「おぉ~!」という歓声が上がっていたのが自分の耳にも届いてきた。ていうか、この季節に『少年時代』はヤバイよなぁー。寝転がりながらもうっかり鼻の奥がツーンとなる。
ライブの後半あたりから自分達は再び腹ごしらえの為ハングリーフィールド内へ移動した為、曲も半分ぐらいしか聴けなかったけど、どれもこれも知ってる曲ばかりで(母親が陽水ファンで自分も昔からよく聴いてた)つい「♪ホテルはリバ~サァ~イド」なんて口ずさんじゃってました。
 
ASIAN KUNG-FU GENERATION[GRASS STAGE]
アジカン前2日目終盤にしてようやくGRASS STAGEスタンディングゾーンに足を踏み入れる。去年の6月の新木場以来のアジカン。
のっけから『リライト』登場で高揚!途中、「新曲です」と『ライカ』という曲も披露されたが、『夏の日、残像』や『フラッシュバック』など全体的に自分の好きな曲ばかりを演ってもらえて楽しかったなー。
そういえば冒頭のMCでゴッチが「今日のために、昨日美容院行って来たんですよ」なんて言っていたが、いまいち信憑性に欠けると思ったのは自分だけか?だって、前髪の束が汗でデコに横向きにペタリと張り付いててさー、とてもじゃないが美容院行って来た人の髪型じゃなかった。本人気付いてたかどうか知らんが、かなり笑われてましたよ(笑)
 
BUMP OF CHICKEN[GRASS STAGE]
バンプ前アジカン終了後ステージ向かって左、チャマ側に移動。PA横あたりに陣取ったんだけど人の数が半端ない!前日のエルレがどんなもんだったのかは知らないが、私が今まで体験したGRASS STAGEのライブの中では最も人の密度が高かった。
予定より15分程押し、アジカン以上にお久し振りなBUMP OF CHICKEN、ついに登場!!もう毎度毎度ライブを観る度に久しぶりすぎて、SEの『A QUICK ONE』が流れメンバーが姿を現すだけで感動してしまうのは如何なものか(苦笑)今回も、メンバー登場時に「イエー!!」と掲げた両腕が無意識のうちに小刻みに震えてしまっていたし。
ライブは『乗車権』からスタートし『涙のふるさと』と続く。この冒頭のセトリはハイランのイベントのレポを読んで何となく予想済み。だけどライブ中はそんな予想がどうとかなんて正直どうでもよくて。『涙のふるさと』は今回初めて生で聴けたけど2曲目にして早くもヤバかった…。必死で泣くのを堪えてました。
夜空に響く『プラネタリウム』もいつも以上に幻想的で良かったなー。
恒例(?)の歌詞変更も全体を通して随所にみられました。個人的には『ギルド』の時の「構わないから その姿で 生き延びてくれよ」という台詞にハッとさせられた。直後からステージを見つめたまま体が動かなくなってしまった。藤君の「生き延びて」という言葉はいつも胸に突き刺さる…。
MCはあんまり覚えてないが、メンバーの希望でオーディエンス側に照明を当てて、そのオレンジ色に染まった何万という群集を目にして藤君が「スッゲー!ナウシカになった気分だ!!」とか言ってたのは笑った。それはあれですか、うちらが王蟲の触手って事ですか(笑)??でも実際にステージ側からの映像をスクリーンで見た時は圧巻だったな。見る人が見たら「うわ、キモッ」ってなるような光景(苦笑)また、「BUMPを初めて見た人も、何回か見た事ある人も、全く興味ない人もいると思うけど、どんな人達に対しても俺らは一生懸命音楽を届けたい」(曖昧)というチャマの言葉が印象的で心に残った。
終盤で登場『天体観測』。一気に会場が沸く。この曲はいつ聴いても盛り上がるなぁ~と気分よく拳を揚げてたんだけど、しばらくして自分達の隣にいた男性の大熱唱声が耳に…。周囲の人たちもチラチラと振り返って視線を浴びせてたが本人は気にする気配なし。それまでは大人しかったのに、恐らくあの人にとってはカラオケの十八番とかだったのかね。まぁそんな訳で若干気持ちが萎えました…;;
そして直後に『ガラスのブルース』!やっぱりバンプのライブではこれは欠かせない!
と、ここで終わりかな~と思いきや、藤君がギターをアコギに持ち替えた。ゆっくりと音を紡ぎ出す。おぉぉ『supernova』だ!みんなで「ランラーララーラ」と歌って本編を締める。
アンコール1曲目は『ダイヤモンド』。久し振りに聴いたけど、いつでも大好きな曲。でも藤君歌詞間違えてたね…(苦笑)
2曲目は何やるんかな~?…と、藤君が次に歌いだしたのが「♪眠れない夜~」って!!うわわわわ『はじめてのチュウ』じゃないかー(笑)!!予想外のカバー曲登場に思わずニヤける。途中「やった やったよ」の台詞も言うのか!?と思ってたら、一瞬の間を置いて「やった!やったよー!!」と叫ぶもんだからちょっとウケました。台詞云々じゃなくて、もう本気の雄叫びだったもんで(笑)また最後の章節の歌詞、本来なら「be in love with you」なのだが、ど忘れなのかなんなのか「♪ハ~ニャ~ニャ~ニャニャ~」になってた藤君。何だこのオチは(笑)!?いい感じに酔いしれてたのにズッコケたわ!そういえば、あとから知った話によると今回の『はじめてのチュウ』は他のメンバーも全く知らされてなかったアドリブだったそうで。うわーこれは本当に貴重な歌だったんだなー。聴けて良かった。
そんな「ハ~ニャ~ニャ~」から間髪入れずに響いた歌声「♪ウェ~~~~ンザモォ~~ニン」。ウギャーーー!!『DANNY』きたーーーーー!!その瞬間から両腕を揚げてはしゃぎまくり。聴きたいな~とは常々頭の隅にあったけど、だけどまさかこのフェスのステージで演るなんて思ってなかったから!自分達がいた場所はそんな前の方じゃなくて、周囲も“バンプ初めて観ます”という人達が多かったようだけど、そんなのお構いなしにバカみたいに飛び跳ねて騒いじゃいました。もう嬉しすぎる!!ありがとう!!
 
民族大移動私にとっては今年最初となる終演後の花火も綺麗でしたー。花火の写真はないが、グラスからゲートに向かう人々の写真は撮ってみた(笑)
メガネな2日目終了。
関連記事

COMMENT FORM






[編集用PASS] 


TRACKBACK

ROCK IN JAPAN FES. 2007 【2/3】 のトラックバックアドレス
http://shiro46.blog2.fc2.com/tb.php/988-f6e457f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。